fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > Search > S2410W

3ヶ月後の開梱。DELL U3011。  2011.03.22 Tue

u3011scrb320a.jpg12月末に買い、届いたままの状態で3ヶ月間廊下に放置していたデルのモニタ「U3011」をようやくセッティングしました。

設置位置の問題があって結構面倒な作業が必要だったため、延び延びになっておりました。HDDレコーダーのときは半年でしたので、それと比べればいくらかマシです。

ファーストレビューを書いてみます。
使用環境は、MacPro(2008)・MacOS X10.6、僕の自室に設置です。

スペックなどの詳細は前記事を見てもらうことにして、第一印象は「明るい・広い」でした。
輝度ゼロにしましたが、それでもちょっと明るい。まぶしくて直視できないなんて事はありませんが、コントラスト値も少し下げて使うことにしました。

階調は豊富です。
白や黒に近い微妙な部分の階調がよく出ます。安いBenQでは白付近の階調が乏しかったので、まず最初にチェックしたポイントで、このU3011は十分合格。

画質はかなりシャープ。
シャープなのは良いことですが、文字を読んだり打ったりすると輝度の高さと相まって目が疲れそうにも感じたので、設定でシャープネスの数値を少し下げました。

色についてはよくわかりません。
僕はキャリブレータを持ってるわけではなく、MacOS Xのシステム環境設定「ディスプレイ」でカラー調整をしてる程度です。
U3011のハードウェア側セッティング(この操作はとてもやりやすい。S2410Wとは雲泥の差)としては8種類のカラープリセットから選ぶことになります。
「カスタム」設定もあるにはあるんですが、どうやってみてもまるで色相が反転してるかのような、とんでもない色にしかなりませんでした。どうやるんだろう、これ。
そういうわけで、写真プリントと見比べながらプリセットをすべて試したところ、うちでは「暖色」か「sRGB」が良さそうでした。ここから微調整できたらいいのですが。

色といえば、これまでメインとして使っていたナナオのS2410Wをサブにしたところ、なんとなく色が変わったような気がしています。前述のシステム環境設定でモニタ調整のプロファイルを呼び出しても、再調整してもです。
メインの大きなU3011が隣にあるせいかもしれませんが、どことなく前サブモニタだったBenQの色調に近いような。。

S2410Wを繋いでいるMacProのグラフィックカードのポートを入れ替えたのですが、もしかしてこれと関係あったりするんでしょうか。グラカのポートによって色が違うなんてあるのかなあ。そのうちメインとサブを入れ替えて試してみたい気はしてます。

それとナナオに比べると、電源投入時やスリープ復帰のあと色が安定するまで少し(1~2分でしょうか)時間がかかるようです。

まあ、でもWebの場合は見てる人の環境もモニタもバラバラだから、そう考え込んでも仕方ないです。
よく利用するvivipriキタムラのプリントの色に近ければそれでよしって事にしときます。

デルの旧型30インチは熱がすごいと聞いてましたが、このU3011はそれほどたいした事はないようです。
画面の上部(というか裏面上部)に手をかざすとほんわりする程度。このくらいの発熱はちゃんとしたモニタならおそらく他のモデルにもあるでしょう。
長時間付けっぱなしで使い続けたり、気温が上がるとどうかわかりませんが、少なくとも今の所はまったく問題にするような点ではないと感じてます。

ドット抜け等の異常はまったく無し。
当たり前ですが輝度ムラは若干あります。画面中央下部が少し暗い。多くのモニタがそうであるように実用上はなんの問題もないです。真っ白を全面に表示させないとわかりません。


u3011scrb320b.jpg

この30インチモニタの解像度は2560×1600ピクセル。キャプチャを撮って24インチ(1920×1200)と並べてみました。これが僕の現在のデスクトップ。
ドット数は24インチの1.8倍近いですが、物理的なサイズはそれほどではないので、ドットピッチが狭く、実際には文字やアイコンは結構小さく表示されます。

ウインドウをたくさん広げられるのはいいけど、なんだか散らかりがちだしカーソルと視線の移動は大きいし(予想外に気になります)で、今のところ写真編集以外では有効に使えてるとは言いにくいかもしれません。
文字サイズなども含めたバランスは24インチ1920×1200のほうがいいかもしれないと思ったりもしてますが、これは24インチをメインに使ってた期間が長く、まだ慣れていないせいも多分にあるのでしょうね。
ナナオと同様に長く使いたいと思ってます。



▼DELL U3011モニタを楽天でさがす
▼DELL U3011モニタをデルオンラインでさがす


▼その他のDELLデジタルハイエンドモニタ(IPS)を楽天でさがす
▼その他のDELLデジタルハイエンドモニタ(IPS)をデルオンラインでさがす


▼DVI-D DualLinkケーブルを楽天でさがす
▼DVI-D DualLinkケーブルをAmazonでさがす

U3011モニタ買った  2010.12.26 Sun

u3011ac25.jpgこのところ段ボールの写真が多いですが、今回はモニタです。
Dellデジタルハイエンドシリーズの30インチモニタ「U3011」を買いました。

IPS液晶、sRGBのカバー率100%、AdobeRGB色標準のカバー率99%、HDCP対応DVI-D×2・HDMI×2・DisplayPort等の豊富な入力ポート、USB2.0ハブ機能、7in1カードリーダ機能など、これでもかってほどスペック満載のモニタ。


価格半分以下で横ドット数が同じ2560pixelsの27インチIPSモニタであるU2711や、同じく27インチのApple CinemaDisplayも考えたのですが、

・27インチの2台はドッチピッチが小さい
・Apple CinemaDisplayは入力がMini DisplayPort1基のみ
・Apple CinemaDisplayは高さ調整ができない

などの理由によりU3011に決定。
DELLといえばある意味Windows PCの象徴的なメーカーですけれど、そんな事はまあいいでしょう。
今年秋の発売当初は約16万円だったものが少し安くなってきて、さらにDELL楽天店で高ポイント還元があったのが、購入ボタン押した直接のきっかけだったりしますw。

今メインのパソコンであるMacPro(2008)で24インチの液晶を2台使っており、そのうちの1台をこのU3011に交換・・・・・・する予定。

問題はまだ箱の中ということです(^_^;)。

実は現在の僕のPCデスクに30インチがそのまま載るには載るんですけど、横幅が24インチ(ナナオS2410W)の56.5cmに対して、U3011は69.5cmもあります。
デスクを真上から見たとき1/4の面積を占めるプリンタ台が左奥にあって、これを回避して置くにはモニタが現在の位置よりもかなり手前にきてしまう事になるわけです。

そんなですから、デスク裏側に支柱で固定されているプリンタ台を何とかする必要があり、それには少々面倒な作業が必要なわけです。

そのうち頑張ってやります。
まさかHDDレコーダーのように数ヶ月も放置という事はないはずです。
たぶん。

デルのモニタは初めてでちょっと心配してる事もありますし、設置したらまた書きます。

→続き「3ヶ月後の開梱。DELL U3011。」を読む



▼DELL U3011モニタを楽天でさがす
▼DELL U3011モニタをデルオンラインでさがす


▼その他のDELLデジタルハイエンドモニタ(IPS)を楽天でさがす
▼その他のDELLデジタルハイエンドモニタ(IPS)をデルオンラインでさがす

べんきゅう  2008.03.06 Thu

g2400w835a.jpgサブモニタとして使っていたナナオの17インチCRT、これは1994年末に買ったモニタですから13年以上頑張ってくれたのですが、最近はとても暗くなっただけでなく時おり画面表示がブルブル震えるようになったため、ついに買い換えました。

サブだし、とにかく安いのにしようと20インチワイドをあれこれ見ていたんですけど、「最近視力落ちてきたから22インチがいいかなぁ」・・・・「もう少し出せば24インチ×2にできるなぁ」・・・・「さらにもう少しだせばVAパネルの24インチ買えるなぁ」・・・・「いやそこまで出すならもうちょい頑張って最高のやつかなぁ」などと、思考がグレードアップ傾向になってきてしまい、当初の予算の10倍近くになろうとしてましたから、一旦頭をリセット。

最もコストパフォーマンスに優れそうな、廉価帯の24インチに決めました。
もちろんいくつかの製品があったんですが、入力インターフェイス端子の豊富さで最終的に台湾製vs韓国製が残り、前者が優勝。後者(ヒュンダイ製)は少し高かったのと消費電力がとても大きく熱を持つらしかったから。

というわけで買ったのはBenQ(ベンキュー)という、名前で損してそうなメーカーのG2400Wです。

早速PowerMacG5に繋げました。
うちのG5はビデオカードの出力がDVIとADCが1つずつです。この便器ベンキューもメインモニタのナナオEIZOも入力はDVI(やアナログD-sub)のため、片方はADC-DVI変換アダプタを購入して繋げる必要がありました。これが意外に高いんですよねぇ。


さてキャリブレータなどは持ってませんから、MacOS Xシステム環境設定での簡易的色設定を行うと、メインのナナオ24インチ液晶とまったく同じとは言えないまでも、古いCRTとは比較にならないくらい近い色になりました。

TNパネルということで視野角の狭さを心配していたんですが、はっきり言って気にするほどのものではありませんでした。色を追い込む使い方をする人でなければ大きな問題とはならないんじゃないかな。
カタログスペックの最大輝度の小ささ(250 cd/m2)を気にする向きもあるみたいですけど、とても明るい店頭で見るならともかく、自宅で使うならどんなモニタでもまず輝度を落とす必要があるでしょうから関係ありません。でないと目を悪くします。

それよりWUXGA(1920x1200ピクセル)の24インチという広大なデスクトップが4万円台で買えるようになった事を喜びたいです。
台数が出てるのはこれらTNパネルでしょうから、Web用途にはある意味こちらのほうがIPSなどの高級パネルより合ってると言えるかもしれませんしね。

g2400w835bs.jpg


現在のうちのデスクトップです。WUXGAが2枚で3840×1200ピクセル。
左半分がメインのナナオS2410W、右半分がBenQ G2400Wにしてます。
Photoshopをこんなに余裕もって使えます(^_^)。

なおこのG2400Wには、DVI-DのデジタルとD-subアナログの他にHDMI端子が付いてて、将来的に僕がiMac買ってこのモニタが不要になったときでも、ビデオやゲーム機用のモニタとして使える(かもしれない)と思ってます。

なかなか良い買い物でした。


▼BenQ G2400W 24インチ液晶モニタを楽天でさがす
▼BenQ G2400W 24インチ液晶モニタをAmazonでさがす


24インチCore2DuoのiMac  2006.09.07 Thu

imac24.jpgアップルが13日に何かしらの発表をすると聞いたばかりなのに、なぜか今日突然iMacの新モデルが発表になりました。

今回は全機種がCoreDuoからCore2Duoプロセッサに変更された事がニュースなんですが、個人的にもっとインパクトあったのが、これまでの17インチ・20インチに加えて24インチモデルが追加されたこと。
ナナオ(EIZO)S2410Wを使い始めて約10ヶ月、この1920×1200ドットのモニタはやはり便利なんですよね。24インチiMacは約25万円と決して安価とはいえないもののモニタ付きということを考えれば十分納得いく金額かと思います。
また他のモデルも、最下位機種だけはちょっと機能に割り切りが感じられますけど17インチの上位モデルと20インチモデルはそれぞれ149800円、189800円と共に買い得感が高いです。Core2Duo搭載のWindows機として考えても決して高くはないような(WindowsのOSは付属しませんけど)。

これまで主にタワー型のMacを使ってきた僕ですが、モニタを自由に選べ拡張性も高くてまたCore2Duoよりもさらに1つ上のXeonプロセッサが載ってるMacProはもちろんいいのはわかってるものの、本体だけで30万はくだらないし何しろ現状ではMacPro用のメモリは非常に割高(このタイプのメモリはサーバ用途が主なようなので急激な値下がりはあまり期待できないかもしれません)である程度満足できる量載せればそれだけで10万円近くかかりそうな事を考えるとおいそれと買えそうにありません(+_+)。

今使ってるナナオをiMacに繋げばデュアルモニタとする事もできるようですから、僕が今のPowerMacG5から買い換えるとしたらHDDの増設を外部とする点にだけ妥協すればiMacがいちばんいいのかも・・。もちろんこれ1台でウインドーズも使えますしね。


▼Apple iMacを楽天でさがす
▼Apple iMacをAmazonでさがす
iMac (intel)をAppleStoreでさがす


▼Apple Mac Proを楽天でさがす
▼Apple Mac ProをAmazonでさがす
Mac ProをAppleStoreでさがす

今日の話題を3つ  2006.06.28 Wed

黒っぽい点がいくつも出てしまったナナオ(EIZO)のFlex Scan S2410Wですが、今日戻ってきました。同型の貸出機と一時的に交換してもらってわずか5日。しかも玄関先で入れ替えればよく、箱さえ用意する必要がないので楽です。
カンペキになって戻ってきました。報告書を見ると修理内容は液晶パネルの交換でした。それに加え、いろんな検査をしてもらったようです。保証期間内なのでもちろん無料です。


アドテック(ADTEC)からSDカードの新製品が出ました
20MB/s(例によってCD読み込み速度換算だと133倍速かな)の高速モデルですが、機能的目玉はJIS防水保護等級7の「防水」であること。この7級というのは防浸型と呼ばれ、「定められた条件で水中に没しても内部に水が入らない」という基準だそうです。つまり「水中で使うことはできないが、沈めても大丈夫だよん」というわけです。
そうそう水没させることはないと思いますが、少しでも安心できるというのはいい事ですよね。以前よりATPのProMaxなど防水SDカードはあったのですが、このアドテック製は価格も十分安い。これから「買い」になるSDカードかもしれません。


warren.jpg▼世界第2位の大富豪であるウォーレン・バフェット氏が、第1位のビル・ゲイツ氏の慈善財団に4兆3000億円を寄付するそうです。いくら大金持ちとはいえ、この額は氏の資産の大半であるはず。すばらしく気前のいい人です。
このウォーレン・バフェット氏、株式投資でこれだけの資産を築いた人ですが、今でも安い家で質素な暮らしをされており、以前より「巨大な財産は子が受け継ぐべきではない」と語り自身の死後は貧しい人への慈善事業へ資産のほとんどを寄付すると言われてたそうで、おそらく先日Microsoft会長を辞任し慈善事業に注力すると発表しまた同氏と親交が深いというゲイツ氏に託す、あるいは一緒に運営していこうという考えなのでしょう。

友達じゃないんで全然知りませんがw、少なくともこの話を聞くかぎりものすごい偉人ですね。5億円積んで(戻ってくる金ですし)保釈された村上氏やホリエモンを持ち出すまでもなく、なかなかそうはできません。
「ビジネス」という名の免罪符を振りかざして正当化しカッコつけても、結局は私欲と権力が目的の単なる「金儲け」とは向かってる先が全然違いますねぇ。
いやもちろん「ほとんどを寄付」しても、残る額で十二分に暮らしていけるからこそできる事なんでしょうけどね。僕なんかがほとんど寄付したら翌日には食べるものもなくなりますからw。しかし、そうだとしてもすごい事です。

S2410Wが故障?  2006.06.13 Tue

moniterdots.jpgジーコ日本、初戦負けちゃいましたね。でも申し訳ないけどサッカーにはほとんど興味のない僕は見てて後半「あーあ」と思ったくらいで、それよりこっちのほうが重要です。
愛用しているナナオ(EIZO)の24インチ液晶モニタFlexScan S2410W-RWSですが、今日おかしな症状に気づいたことです。
この写真でわかるでしょうか。カーソルのまわりに4個の黒っぽいドットが見えます。画面の左半分にこのような点が10個以上出ています。濃いものはわりと目立つので、Web閲覧だけならともかくグラフィック用途にもよく使いますからこれまでの半年間気づかなかったとは考えにくく、最近出始めたものではないかと思います。

画面をカメラで近づいて撮ると縦ラインばかりが目立ってしまうため、この写真ではわざとピントを外して撮っているせいも多少はありますが、いわゆるドット欠けのようなピクセル単位のシャープな欠損とはあきらかに異なっています。最初はほこりかと思ったくらいですから。
もちろんブロワーで吹いても取れませんし液晶クリーナーで拭いてみてもまったく変化はありません。またどのアプリケーションでも同じですし、コンピュータを再起動しても変わらず。パソコンの前でものを食べることもありませんからw、やはりモニタそのものに何らかのトラブルが発生しているのでしょう。

早速ナナオに電話をしこの写真とともに症状を説明すると、同型モニタの貸出機が用意でき次第連絡→引取交換・修理となりそうです。
製品のトラブルは困りものですが、こういうキチンとした対応をしてくれるところはやっぱり安心できますね。
このS2410Wは気に入ってるモニタですから、ちゃんと直ればいいんですが・・。


ところでW杯、いまテレビで試合を振り返ってます。なんだかネガティブな意見を出さないよう出さないよう気をつけて話してるというように見えるんですが、残りの試合考えたらこの3-1の敗戦ってすんごく痛いと思うんですけど。F組はブラジルいますからねぇ。
EIZOダイレクト

S2410W イイ  2006.05.06 Sat

s2410w.jpg昨年末、メインモニタをEIZO(ナナオ)のS2410Wに替えました。それまで10年以上使ってきたTOTOKU21インチの置き換えです。

ノートPCを除けば僕にとって初めての液晶。サイズを多少妥協すれば安いのはたくさんあったし、同価格帯にもAppleのCinema HD Dsiplayっていうルックス最高な選択肢もあるけど、モニタに関しては昔からEIZOっていうかナナオを信頼してますからちょっと奮発しました。
10年ちょっと前、TOTOKU21インチは20万しましたから(その時ナナオの同サイズは30万弱で手が出ず)、それと比べれば安いですね。ちなみに今でもサブモニタは(TOTOKUの1年前から使ってる)ナナオ17インチCRTです。
ただ「枯れた」技術のCRTと違い液晶はまだ発達の途上でしょうから、このS2410Wが10年先まで使えるとは思ってませんけど。

さて、このモニタ良いです。これだけ大きいのに輝度ムラは少ないし(よーく見ればあります。でも普段の作業では気になりません)、コントラストは十二分。CRTから乗り換えるとコントラストが大きすぎるくらいに感じます。またデフォルトの色合いも悪くなく、よほど色合わせをきちんとする必要のある仕事でないかぎりは、最低限の色調整やガンマ調整、あるいは標準状態のままでも十分使えると思います。
あ、輝度だけは下げてください。液晶モニタって、店頭での見栄えを良くするために輝度100%で出荷してあるんですよね。これじゃまぶしくて使えません。それぞれの環境によって違ってくるでしょうけど、うちでは15~20%程度まで下げてます。
僕にはどうでもいい事なんですが反応速度も早いようで、パソコンでDVDを観たりする人も満足できるでしょう。

正直、メインモニタをCRTから液晶に替えるのには抵抗もありました。どうしても「色はCRT」という気持ちが残ってたんです。でもこのS2410Wを買って使ってみてそんな心配が杞憂だったことを知りました。数年前の液晶やノートPCの液晶とはぜんぜん違ってるんですね。専門的な用途ではそれでもまだCRTのほうが色再現性は上なんでしょうけれど、僕を含めて一般ユーザーにはすでに液晶で満足できるところまできていると感じました(って僕が遅いのか・・)。

最近デジタル一眼が安くなって写真に凝る人が増えましたが、モニタは品質イマイチな液晶を使ってる方も少なくないかと思います。重箱の隅をつつくようにデジカメの画質をチェックするより前にモニタを買い換えていただきたいw。
モニタは周辺機器の中で、もっとも自分が「目にする」ものです。「手にする」マウス(できればキーボードも)と並んでもっと厳選されてしかるべきモノではないでしょうか。
  
ちなみに僕は保護パネルは付けてません。Amazon、ポイント考えれば意外に安いです。できたらこのモニタを2台並べたいなぁ。。

EIZOダイレクト
FC2 Management