ノットオンリー D バット A

Home > 日記・雑記

IQOSの感謝サービス?  2018.06.10 Sun

iqosi610.jpg昨日、とつぜんアイコスから荷物が届きました。
修理を依頼した覚えもないし、オンラインショップで何か注文したわけでもありません。
一体なんだろうと開けてみたところ、この写真のとおり、新品のホルダーが1本入っていました。

同封されたカードには、こう書いてあります。

「これまで幾度かの不具合を経験されたことと存じます。その都度、修理・交換させていただいたとはいえ、変わることなくIQOSをご愛用いただいていることに、心より感謝を申し上げます。 (中略)気持ちばかりのものではございますが、IQOSホルダーをお贈りいたしました。日々の感謝と度重なる不具合のお詫びの印として、お受け取りください。」

なるほど、僕はIQOS本体は合計6台も購入していますし、4回か5回交換修理してもらっています。
とは言っても、交換のうち1回を除けばすべてバッテリーの劣化によるもの。つまり使用したことによる自然な消耗と言えます。

であるのに、こうして新品ホルダーを1つ送ってもらえるとは、不意を突かれたこともあって、結構嬉しいものです。
加熱式タバコにおいて他をリードしているアイコスですが、ライバルのブリティッシュアメリカンタバコのgloが、本体を2980円という戦略的な価格に下げたことによる焦りもあるのかもしれません(笑)。

とにかく、フィリップモリスえらい!(笑)
IQOSphereのプレゼントに何十回応募しても1度も当たらないのに、まさかこんなかたちでもらえるなんて(笑)。

ダイノックシート  2018.05.29 Tue

stickeri529a.jpg電子タバコに替えてから2年が過ぎました。
健康的に紙巻きタバコとどう違うのかはわかりませんが、部屋が黄色くならないこと、ヤニ臭くならないことはおおいに助かっています。

ずっとIQOSでしたけど、今年になってからgloを併用し始めています。
IQOSほどのキック感はない(つまり軽い)ものの、こうばしい香りが気に入ってます。

さて、写真はCraftROBOで切ったカッティングシートを貼ったもの。
3Mダイノックシートが気に入っていて、いろんなものに使っています。
少し前はカーボン調シートをよく使っていましたが、最近は木目ばかり。これがよくできていて、貼る場所によっては一見本物の木と見まがうようなシートです。
ドライヤーで温めれば、三次曲面にも貼ることができます。アイコスの場合はやや貼り付きにくい表面のため、よく暖めないといけませんが、gloは簡単です。



stickeri529b.jpgこれは軽自動車のリモコンキーに貼ったもの。上とお揃いです。素材のシートも安くはないので、なるべく無駄の出ないよう使ってます(笑)。

気付けばCraftROBOも、使い始めてもう10年になります。よく動いてくれてるものですですが、Illustratorのプラグインも最新バージョンには対応していませんし、そろそろ買い替えたいところです。



▼3Mダイノックシートを楽天でさがす
▼3MダイノックシートをAmazonでさがす



Amazonプライムの価格  2018.04.29 Sun

amzprmi429.jpg米国のAmazon primeが値上げされるようです。

だいぶ前から書いているとおり、Amazonプライムは僕にとって非常に有用なサービスです。
買い物だけだとそれほどでもなかったのですが、この数年で様々な特典が得られるようになっています。

 ・送料無料・お急ぎ便無料
 ・100万曲以上が聴き放題のprime music
 ・一部の本や雑誌が読み放題のprime reading
 ・プライムデーのセール

などが利用できるわけですが、中でも僕がもっとも使っているのが、

 ◎映画・ドラマが見放題のプライムビデオ
 ◎容量無制限のプライムフォト

この2つ。
プライムビデオにはペイパービューのものもありますが、無料のだけでも十分楽しめます。
プライムフォトにいたっては、静止画であればRAWを含め制限なくいくらでもクラウドにバックアップできるという最高なサービスです。

Amazonは多くの国でprimeサービスを行っており、微妙な違いはあるものの、欧米のprimeとほぼ同様の内容となっているのですが、日本はなぜか非常に安い。
以下が各国のprime料金(年間)です。

 アメリカ 99ドル(約11000円)
 イギリス 79ポンド(約12000円)
 フランス 49ユーロ(約6500円)
 カナダ  79カナダドル(約6700円)

こんな中、日本のプライム料金は3900円。
日本だけやたら高い価格設定のモノやサービスのほうが多い中、Amazonプライムは非常に有り難い。

しかし特典が増え日本もプライム会員はかなり多くなっているそうですから、囲い込むだけ囲い込んだあと、今回アメリカが年間119ドルへ20%も値上げするように、いやそれ以上に、近いうち日本の料金も上がるのではないかなぁと危惧しているこの頃。

いきなり1万円になったらプライム契約辞める人はたくさんいるでしょうから、そんな事にはならない・・・と願いたいです。

Appleかたるフィッシングメール  2017.09.10 Sun

fishingh908b.jpg

フィッシング詐欺に誘い込む迷惑メールはあいかわらずたくさん来ますが、最近増えてきたと感じるのがAppleからのメールを装ったもの。
最初の頃こそ、日本語がおかしかったり、そもそも中国語だったりしていましたが、最近のはついひっかかってしまいそうなほどちゃんと?してるのも出てきてます。

上のは、これまでも時々来ていた『Apple IDを確認させてね』タイプ。
それに加えて、一昨日届いたのは、App Storeの領収を真似たものでした。


fishingh908a.jpg

App Storeで支払いをするとちょうどこんなメールが来ますし、自分だけならともかく子供が買った場合も同じく僕に届くようにしているので、あやうくリンクをクリックするところでした。

似たようなメールが来たら、まず送信元もドメインを確認しましょう。
今回の偽アップルメールのドメインは、

 tandestravel.com
 monower.com

でした。
ですが前者は、差出人署名として「appleid.com」と書いてあり、appleという単語があるために一見本物らしく見えるもの。このパターンがかなり多い。
身に覚えのない内容のメールは、よーく確認するまでリンクを押さないようにしないといけませんね。

今日の出来事  2017.05.28 Sun

h528800a.jpg今日は嬉しいことがありました。
ひとつはこれ。ドローンです。

左の白いのは3ヶ月前に買った僕のPhantom、そして左のは友人が買ったMAVIC pro。オススメしまくってやっとドローン仲間ができました(笑)。

MAVICの実物を間近で見るのは初めてですが、噂どおりコンパクト。この写真は飛行できる状態なのでそれほどには見えませんが、4本のアームが折りたためるので収納時がほんとに小さい。送信機も同様なため、全部入るケースもコンパクトで格好良いです。

それでいて性能はほぼすべての点で僕のPhantom3以上、動画も4Kで撮る事ができるようです。
僕もこれにすればよかったかな。


h528800b.jpgもうひとつは、最近通い始めた陶芸教室で初めての本焼きを体験し、4つの陶器が出来上がったこと。

粘土をこねるのは学校の図工の時間以来で結構楽しいと感じてましたが、こうして焼き上がるとそれが一層大きくなって、とっても嬉しいものですね。
今回2つを載せておきます。
念のために書いておきますと、小皿とカップです。


h528800c.jpgカップのほうは、ドルチェグストの4目盛りサイズのつもりで作ったら予想以上に縮み、エスプレッソ用になってしまいました。
でも釉薬の色は気に入ってます。

なんと2000!  2017.05.04 Thu


このブログの記事の数が、今回で2000になりました。
2006年4月からだからほぼ11年。いやぁ三日坊主な僕がよくもまぁこんなに書いたものだと自分で驚いてます(笑)。

上の動画は2000記事とはまったく関係なく、ひと月ほど前にPhantom3で撮っていた近くの桜の映像を繋げたものです。
今年の桜は本当に天気に恵まれませんでした。ぜんぶ曇天または雨天。
なかなか上達しないドローン操縦技術と相まって、いまいち動画ですがせっかくなので載せておきます。

真央ちゃん引退(T_T)  2017.04.11 Tue

maoh410.jpg夜11時すぎにニュースを見ていて、CMに入る前の画面端のテロップに目を疑いました。

フィギュアスケートの浅田真央選手が、自身のブログで引退を発表したそうです。

もちろんテレビ越しではありますが、彼女が15歳のころから放送されたほぼすべての試合を見てます。

スポーツ観戦にあまり興味を持たない僕ですから、これだけ長い期間応援し続けている選手は他にいません。
それも彼女の純真さ、すくなくともそう信じられるキャラクターであることが一番の理由だと思います。このトシになってまったく面識などない人を、名前に「ちゃん」付けすることなどないですもん。

勝ち負けが明確で、その結果が全てとも言えるスポーツの世界では、直接の競技の場だけでないかけひきがあることでしょう。
表だって見せることはないでしょうが、ほぼすべてのスポーツのトップ選手には多かれ少なかれダークサイドはきっとあるはず。
いえ、選手としてそれは悪いことではなく、むしろそうでないと一流にはなれないのだろうとは思います。
テレビを通してでも、たとえば競技中、たとえばインタビュー中の、ほんのわずかな言葉や表情からそうした部分を感じる事が多々ありますよね。

ですが「真央ちゃん」には、そうしたある種の狡猾さ、いやらしさとも言えるような部分は、どんな映像からもまったく感じられない。
シニアにあがった頃はもちろん、名実共にトップにたってからも、それは変わらない。
だからこそ国民的ともいえるアスリートになったのでしょう。

こんな純粋に、単純に、心から応援できる選手はなかなか出てこないのだろうな。
残念でなりません。
一度でいいから、競技としての演技を生で見てみたかったです。

タバコからiQOSへ  2017.03.09 Thu

iqosh309.jpg50数年ぶりの東京オリンピックに向け(?)、近年とみに肩身が狭くなっている喫煙者の一人です。

居酒屋を含む飲食店すべてで禁煙というのは少々いきすぎかとは思いますが、まぁしかし他人様に迷惑はかけたくないですし、自分の身体も少しは大事にしたいトシになりました。

だからというわけでもないのですが、昨年春から知人に教えてもらったフィリップモリスのiQOS(アイコス)を吸ってます。
それまでいくつか電子タバコを試してみた経験から、どうせこれも長続きはしないだろうとタカをくくっていましたが、いやどうして、これはタバコの代わりになりますね。
これも葉は使われているので「タバコ」なのですが、「燃やさず熱する」構造のため、煙が出ません。出ている煙っぽいものは蒸気だそうです。ニコチンはあるけれど、タールはほとんど出ないらしく、ヤニを気にする必要がなく部屋も黄色くなりません。
それでも吸った満足感はそれまでの電子タバコとは一線を画します。
使い始め当初からほぼ即時に完全移行し、当時数箱買い置きしていたラッキーストライクがまだここにあります。

その後JTのプルームテックも入手し、iQOSとは比較にならないその使い勝手の良さとコンパクトさから、運転中や散歩、仕事などでは使っているものの、やや物足りない。部屋では手が伸びません。

このプルームテックほどではないとはいえ、アイコスも本体はいまだに入手しにくい点が大きな難点といえますが、最近ようやくもう1台手に入りました。
白色がそれ。
1年近く紺色アイコスを見続けた目には新鮮ですけど、ランプが見にくいですね。昼間は手で影を作ってやらないと点いているのか確認できない事も多くあります。そのあたり、最新の「バージョン2.4 plus」では改善されているのかもしれません。

アイコスは電子機器であり、また言うまでもなく2次バッテリーが使われており、ホルダー(タバコカートリッジを挿して吸う部分。写真手前)はカートリッジ1本吸うごとに充放電を繰り返すことになります。
当然充電池は劣化しますし、機器もいつか必ず故障します。
僕の場合、8ヶ月ほどでホルダーのバッテリーが実用範囲を超えて衰えました。
サイトに機器登録をしていれば1年間保証なのでホルダーだけ交換してもらったのですが、この対応はとても素早くスムーズでした。こうしたサポートのための用意のせいで、店頭での新品本体が不足しているのではと思うくらい。

毎日使うものですから予備は用意しておきたいです。
僕ももう1台くらい持っておきたいですが、とりあえずは2台で足りているので、いつ順番がまわってくるかまったく不明なコンビニ予約の入荷連絡を気長に待つことにします。

ところで家の内装などに使う木目柄カッティングシートのサンプルがありましたので、それを切って2台のアイコスに貼ってみたのが上の写真です。

オリジナルiPhoneケース(ちび)  2016.12.23 Fri

ipncasegb23as.jpg

チビ柄のiPhoneケースを作りました。


ipncasegb23b.jpg10月に一度依頼してたいへん気に入っていたのですが、一部が割れたため再注文のついでに図柄も新しいのを追加しました。
前回はカメラ部の穴が大きかったのですが、元となるケースの形状変更があったようで、今回はiPhone7のカメラにピッタリな穴サイズになっています。
割れたのはカメラ穴の上で一番細くなっている部分でしたから、強度としても今回のが上でしょう。
(手前が新しいもの、奥が10月注文分)



ipncasegb23c.jpg注文したのは、「藤井印刷」というお店です。
iPhoneは5以降の機種用のケースがあります。1個から作ってくれ、1300円〜と安価(送料はかかります)。

これまでも他の店でオリジナル画像のケースを作ったことはあったのですが、どこも白か黒のケースにプリントするものでした。
この藤井印刷さんが優れているところは、クリアケースがある事と、白版を指定できること。
白版はPhotoshopやIllustratorのレイヤーで指定します。白版と色版のズレはまったくありません。
なので、このようなケースを作ることが可能となるわけです。



ipncasegb23d.jpg透明ベースですから、同じケースでもiPhoneのカラーによって当然見た目がかわってきます。

上の写真の10月に作った「シリアスなチビ正面」柄は、黒以外のiPhoneではいまひとつだったため、この柄はピンクiPhone用に合うよう作ったつもりですが、黒には何でも合いますね(笑)。



ipncasegb23e.jpgシンプルなハードケースだけでなく、少し値段は上がりますがこのような手帳型も作ってもらえます。



ipncasegb23f.jpg背面全体にプリントでき、開くとこんな感じです。

まるでそういう製品であるかのようで、しかし世界に1個しかない満足感が非常に高いケースを作ってもらえます。
藤井印刷、おすすめです。

さようならアーゴ  2016.06.15 Wed

argog615.jpg


アーゴが死にました。
小さい頃は毎日僕の部屋に来ていたし、大きくなってからは雨の日も雪の日も、僕らが庭に出るとついてきて、ある時は木の上で、ある時は車の下で、ある時は紅葉をバックに、何度も何度も被写体になってくれました。

この子はまったく人を警戒することがなく、多くの猫なら避けてしまう大勢の客の中にも、むしろ好んで悠々と入っていくめずらしい猫でした。
家や親しい人間に他の猫が近づくのを嫌うことも多かったのですが、それは人への愛情があまりに強かったからでしょう。

動かなくなったアーゴの姿を見たとき10年間分の記憶がどどどどっと頭に浮かんでしまい、しばらく涙と鼻水が止まりませんでした。
動物を飼っていると楽しいことがたくさんありますが、このときだけは本当に辛い。
こうして書いていたらまた思い出して泣けてしまいます。

アゴの黒い、白いソックスを履いたこの猫のことは、家族みんなたぶんずっと忘れないでしょう。

argog615b400.jpg