fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 2006年12月04日

Wiiはファミコンかもしれない  2006.12.04 Mon

wiimenu01.jpg任天堂Wiiをテレビに繋いでセッティングしました。
これがWiiのメインメニューです。ゲームソフトを入れると一番左上の「Wii」のところにそのタイトルが表示されます。
古~いブラウン管をカメラで撮ったものでヘッポコ画質なのはご勘弁ください。

wiimenu02.jpg無線LANでネットに繋がっていれば、最初起動すると更新が始まります。PS3でも同様だったみたいですね。製品として製造を始めたあとアップデートの必要がでてきたんでしょう。うちではこれが2回続きました。

wiimenu03.jpg文字入力にはソフトウェアキーボードを使うわけですが、Wiiリモコン(コントローラ)を向けた場所にダイレクトにカーソルが動いて文字を選択できるので、イライラ感はまったく感じません。

wiimenu04.jpgさて、起動したらまずWebブラウザをダウンロードしたいと思っていたので、迷わず「ショッピングチャンネル」へ。
有料のソフトをダウンロード購入するには「Wiiポイント」が必要です。これはお店でWiiポイント プリペイドカードを買うか、クレジットカードによる購入となります。

wiimenu05.jpgブラウザをダウンロードするために「Wii専用ソフト」をクリックしたのですが、残念ながらまだ提供が始まってませんでした。。
ちなみにブラウザは基本的には有料ですが、来年6月末までは無料ダウンロードできるようで、この場合ずっとそのまま使い続けられるそうです。

wiimenu06.jpg「バーチャルコンソール」のほうでは、ファミコンやスーパーファミコン、メガドライブ、PCエンジンなどの懐かしいソフトがダウンロード購入できます。
値段は500(主にファミコンソフト)~1000円(ニンテンドー64ソフト)のようです。

wiimenu07.jpgブラウザがだめならニュースチャンネルお天気チャンネルだ、と選んで本体の更新を試みたのですが、

wiimenu08.jpgこちらも「このWiiの更新はありませんでした。」とのつれないお返事でした(+_+)。まだサービス開始されていないようです。

wiimenu09.jpgそれならやる事は似顔絵キャラ(Miiと呼ぶそうです)作りです。
輪郭と髪型の選択肢が少ない気がしますけど、目や口、眉といった顔のパーツは、形を選ぶだけじゃなく大きさ、傾き、位置などを細かく変更できるので、結構楽しかったりします。
少々美化してますが、どうでしょう、ちょっとは似てるでしょうかw>僕を知ってるかた
もちろん、あとからいくらでも変更できます。

wiimenu10.jpgこうして「Mii」を作ると、広場に放されます。
最初は一人でしたが、チビ2人にやらせるとあっという間にハマり、次から次に知ってるヒトを作っていこうとするので適当なところで止めましたw。
なお、まだやってないので詳しいことはわかりませんけど、このMiiはネットを通じて知り合いのWiiに送ったりできるようです。作ったMiiはゲームの中のキャラとしても登場したりします。
また、Wiiリモコンに1体のMiiを入れる(データとして登録する)事ができ、たとえば友達の家に自分のWiiリモコンを持っていくことで、出先でも自分のキャラを使えたりもするそうです。


Wiiはもちろんゲーム機です。ですが、これまでのゲーム機が「ゲームソフトを再生するための機械」だったのに対し、Wiiの場合「いろんな使い方のひとつとしてゲームソフトがある」という印象を受けてます。
先述のWebブラウズやニュースを見ることはもちろん、試してはませんがWiiから携帯やPCにメールを出すこともできるようですし、家族内のちょっとした伝言板としても使えるそうです。
上記の3つのサービスはまもなく開始されるはずです。最初のメニュー画面で表示されてるのは空欄も合わせて現在12項目ですが、実はこれと同じ画面が4つ用意されてます。こういうチャンネルはこれから少しずつ増えていくことでしょう。
ゲーム機がインターネットに繋がることのほんとの可能性や面白さをみせてくれるようで楽しみです。

Wiiの美点に「Wiiリモコンから本体の電源ON/OFFができる」(いちいち本体のスイッチに触れる必要がない)ことがありますが、実はこれでOFFにしても本体は「スタンバイ」状態になるだけで、その間にもメールを受信したりMiiの行き来をしたりとちまちま動いているそうです。
Wiiコネクト24」と呼ばれるこれが、一見地味ではありますがWiiを単なるゲーム機とは一線を画しているような気にさせるのかもしれません。

アプローチこそ違いますが、ソニー(SCE)がPS3いやPS2のときからやりたかった「リビングルームへの進出」に最もちかいのがおそらくこのWiiだと感じてます。
任天堂は二十数年をかけて、字面どおりの「ファミリーコンピュータ」を作り上げたのかもしれません。


もっとも、チビ×2はそれから3時間、「はじめてのWii」のミニゲームに夢中になってしまいました。この9つのゲームはシンプルなだけに子供にも楽しめるようです。かわりに僕はほとんどできずじまいですがw。

関連記事
Wii買いました
Wiiのメール機能


▼任天堂 Wiiを楽天でさがす
▼任天堂 WiiをAmazonでさがす


▼はじめてのWiiパックを楽天でさがす
▼はじめてのWiiパックをAmazonでさがす

スポンサーサイト