fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 2007年06月

今日の写真(街のベンチ)  2007.06.30 Sat

7629400.jpg
機材:Nikon D50+AF Nikkor 35mm F2
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

最近撮ったものではありませんが、長崎市の繁華街に近い円山公園の夜の風景です。
このレンズは中古で安く買ったものですが、使いやすい焦点距離のうえに明るく、また軽量コンパクトなのでなかなか気に入ってます。

「今日の写真」を全部見る


▼AF Nikkor 35mm F2を楽天でさがす
▼AF Nikkor 35mm F2をAmazonでさがす
スポンサーサイト



K100DがSuperに  2007.06.29 Fri

k100dsuper.jpgペンタックスからK100D Superが発表されました。
言うまでもなくK100Dのモデルチェンジです。

1000万になるだろうと言われていた画素数が600万のままというのは「とにかく画素数イチバン」的風潮に嫌気がさしてる僕なんかは好ましく思えますが(笑)、目立った変更点はほんとにわずかで「DR(ゴミ取り機能)の追加」と「SDM(超音波AFモーター)レンズへの対応」だけのよう。
外観もロゴ以外は同じです。

もしかしたらソフトウェアの変更によって画質なども少し変わっているのかもしれませんけど、それはSuperがつかないK100Dでもファームウェアで対応できるものでしょう。

これから買うならもちろんSuperでしょうけど、出たばかりのカメラは価格高いので値段のこなれているK100Dを選ぶという手も十分ありそうです。何度も書いてるとおり僕はゴミ取り機能は「どうでもいい」派ですし。
ただし、Super無しK100Dをこれから選ぶ場合、現行のレンズを使う場合という条件が入ります。
これからペンタックスはSDM超音波モーター仕様のレンズを何本か発売する予定になっているようで、それらを買うかもしれない人は絶対K100D Super(かK10D)ですね。

SDMレンズの発売までに、対応ボディの選択肢を2つに増やしたかったというのが正直なところかもしれませんw。


▼PENTAX K100D・K100DSuperを楽天でさがす(新着順)
▼PENTAX K100D・K100DSuperをAmazonでさがす


af200fg.jpgPENTAXは同時に小型ストロボ「AF200FG」も発表しています。
ガイドナンバー20の外付けストロボですが、特に遠くのものを照らすことのほとんどない僕的には、バウンスのできない外付けは魅力を感じないです(+_+)。

SIGMA超音波モーターレンズ2本  2007.06.28 Thu

sigmahsm.jpgシグマがNikon用のHSM(超音波モーター)搭載レンズを2本発表してます。

今ニコンの一番の売れ筋一眼レフであるD40・D40x。コンパクトで安価なのに写りも抜群にいいカメラなのですが、このカメラはボディにAF用のモーターを搭載していないため、純正では「AF-S」という型番が付くモーター内蔵レンズ以外を付けたばあいピント合わせがマニュアルになるという弱点があります。
純正だけならともかく、社外製レンズのほとんどがMFになってしまうわけです。
それに応えたのが今回のレンズということでしょう。

ただ私的には、どうしてこんなスタンダードなズームにしたのかなぁと思ってしまいました。
だってそうでしょう、D40やD40xのダブルズームキットのレンズとかぶりまくってます。多くの人は買い得なレンズキットで純正を買っちゃうんじゃないかと。

純正にはない焦点距離や特性の違う製品をHSM搭載したほうがアピールできるんじゃないかなぁ。。
たとえば広角側はF2.8と明るくてかなり寄って撮ることもできる17-70mm F2.8-4.5DC MACROとか、安価なくせに写りのいい300mmまでの70-300mm F4-5.6 DG MACROとか、マクロレンズとか。


▼Nikon D40・D40xを楽天でさがす
▼Nikon D40xをAmazonでさがす


▼SIGMAレンズを楽天でさがす
▼SIGMAレンズをAmazonでさがす

67億円のズボン/ゼルダの伝説  2007.06.27 Wed

pants67.jpg米国で現職判事が、クリーニング店にズボンを紛失されたとして67億円の損害賠償を求めていたそうです。
きっとダイヤやルビーがちりばめられた純金製のズボンなんでしょう(+_+)。
この裁判では訴えは退けられたそうです。・・・って当たり前じゃないですか。

アメリカは訴訟社会とよく言われますけど、電子レンジで濡れた猫を乾かして死んだのは「猫を乾かすな」と書かなかったメーカーのせいだとか、私がデブになったのはマクドナルドのせいだとか、ドライブスルーでコーヒーをこぼして火傷したのも熱すぎるせいだとか、、、、もうアホばっか。
そんな訴えもとんでもなく多く、しかも勝訴して多額の賠償金や和解金を得ることも少なくないそうですね。
日本でそんなこと言うのは怖い人たちだけでしょう。いや、その人たちだってズボン1本で67億円せしめられるとは思いもしないはず。

アメリカの訴訟社会はイコール「難癖・インネンつけ社会」ですな。それだけをビジネスにして超豪華に暮らしていけそうです。
アホらし。



dszelda1.jpgニンテンドーDS「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」をやってます。
いや実に楽しい。やり始めるとなかなか止められないゲームなんてほんとに久しぶりな感じがします。

ファミコンのディスクシステム第1号として出た初代「ゼルダの伝説」は、友達と一緒にハマリまくったゲームのひとつですが、それから20年近くたった今回のこのゲームでもあちこちにそのテイストを残してあるようで、システムは当然大きく違いますがちょっとしたところに懐かしさを感じます。

操作は非常に快適です。
dszelda2.jpg剣の使い方は敵をペンでタッチするだけですし(そのほかにもいろんな切り方がありますけど、僕はほとんどこれオンリーです)、ブーメランはペンで描いた軌跡どおりに飛んでくれます。
また、この写真のように地図画面ではペンで好きに書き込むことができるので、別紙に「冒険メモ(笑)」をつける必要もありません。

ゲーム難度はいまのところ初代よりずっと簡単です。このくらいじゃないと今の僕は続けられませんw。
各所に親切機能が満載ですし、タッチペンによる操作も実にうまくできてる。ライトにゲームを楽しみたい今の僕にはぴったりでした。
おんなじようなお手軽ゲーマーには超おすすめです。


▼ゼルダの伝説 夢幻の砂時計を楽天でさがす
▼ゼルダの伝説 夢幻の砂時計をAmazonでさがす


▼任天堂DS Liteを楽天でさがす
▼任天堂DS LiteをAmazonでさがす

今日の写真(ローマの恋人たち)  2007.06.26 Tue

7625400.jpg
機材:Nikon F4s+Nikkor 35-135mm
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

このときと同じく十数年前フィルムカメラで撮ったローマでの写真です。

これはたぶんバチカンからホテルまで歩いて帰る途中。
この直前にジプシーの女の子にお金をスラれたんでした(+_+)。

「今日の写真」を全部見る

Bちゃん  2007.06.25 Mon

boablgb.jpgauの携帯W53TのCMにBoAちゃんが出てるの見てびっくりしました。

これだれ?

音楽系の番組を最近全然見ないから、この人の顔見るのが久しぶりだったんですが、いやはやずいぶん大人になったものです。

少し前の彼女しか知らない僕には、上に貼ってる(問題あるでしょうからモザイクかけてます)BoAちゃんブログのトップ写真なんてもう別人みたいに見えます。

年齢的に変化のある時期ってこともあるんでしょうけど、それにしても・・。
もしかして韓国じゃごくふつうに誰でもやってるというセイケイ入ってます?
僕は以前の顔のほうがずっと好きだなぁ。


関係ないけど再び腰がやばいです(+_+)。
どうにも同じ姿勢を続けるとだめなようです。今は整形外科のリハビリルームで教わってやり始めていた静的な腹筋・背筋もとてもできません。
なんか根本的に治さないと、本気でまずい気がしてきました。

今日の写真(窓際)  2007.06.24 Sun

7622400a.jpg
機材:PENTAX K10D + TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

チビが窓際で育ててる(水やり以外放置ですがw)花です。
最近こんなんばっかですが、マクロレンズ買ったから・・・いえそんな事よりどこにも行かないのが原因です(+_+)。

こういう光線状態で撮ると花びらや葉が逆光で透けてきれいですね。曇り空だったのも幸いしてる気がします。
一応、背景として写る庭の緑の配置にも珍しく気を使ってみたつもりだったりw。

7622400b.jpg

葉の緑が背景にとけていくようなボケがとっても美しいぞと自己満足。
タムロン買って良かった(^_^)。


「今日の写真」を全部見る


▼タムロン SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1を楽天でさがす
▼タムロン SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1をAmazonでさがす


▼PENTAX K10Dを楽天でさがす
▼PENTAX K10DをAmazonでさがす

今日の写真(庭にて)  2007.06.23 Sat

7620400a.jpg
機材:PENTAX K10D + TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

庭に咲いてた小さな小さな花。

天気は悪いしムシムシ暑いし時間はないし腰は痛いしで、どこにも行けません。
あぁ、早く夏終わってください。

7620400b.jpg


「今日の写真」を全部見る


▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1を楽天でさがす
▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1をAmazonでさがす


▼PENTAX K10Dを楽天でさがす
▼PENTAX K10DをAmazonでさがす

iPhone=DoCoMo?  2007.06.22 Fri

iphone_docomo.jpgNTTドコモがiPhoneの発売に前向きなんだそうです。

通信方式の違いで、現状の仕様のままでは日本で使えないiPhoneですが、こうした技術的なことは早晩解決することでしょう。
それよりもやはりどのキャリアがこの端末を扱うことになるのかのほうが企業として重要なのはもちろんでしょうが、僕らユーザーとしても興味津々。
Appleのイベントに孫正義CEOが出席していたりしたソフトバンクが一番有力かと思われてましたが、ドコモも乗り気なんですね。

今月29日に発売が決まっているアメリカでは10人に1人がiPhoneを欲しいと思ってるそうですし、発売前には徹夜組も出るだろうと予想されてます。

個人的には何ができるかよりもとりわけインターフェイスの面白さに惹かれるiPhone、今のところは「触ってみたい」気持ちは大きいとはいえ「絶対欲しい」とまでは感じてませんけど、実際日本で発売されたらきっと買っちゃうんだろうなぁ。すんごく高くなければ。
それがドコモならなおさらです。

Bryceが無料に  2007.06.21 Thu

brycetst.jpg3D景観作成ソフト「Bryce」のバージョン5.5が、Mac用・Windows用共にフリーになってます。

ファイルをダウンロードしたあとメールアドレスの登録が必要で、そのアドレスに送られてくるURLにアクセスしてコードキーを取得することで使えるようになります。

Bryceといえば、Photoshopとともに僕がMacを買おうと決める事になったソフトのひとつです。
以前はKPT Bryceという名前でした。

当時としては非常にリアルな景色を独自のインターフェイス(これが3Dソフトを使ったことのなかった僕にはとても使いやすかった)で作成することができ、いろんなとこで活用しました。
このソフトを使うために、僕にとっての初めてのMacであるLC630のCPUを5万円もかけて浮動小数点演算ユニットのついた68040に載せ替えたものです。
操作自体は問題なかったんですが、さすがにレンダリングがすんごく遅くて640×480ピクセル程度のサイズでも一晩かかる事も珍しくなく、耐えきれずに初代PowerMacintoshの8100AVを買ったんでした(笑)。

その後、バージョン2か3までアップグレードしながら、MacがG3、G4と新しくなっていくと演算がものすごく速いことに驚きましたけど、久しぶりにBryceを使ってみると、G5なのに結構遅い。
僕の気のせいなのか、バージョン5.5のBryceが遅いのか・・。

いずれにしてもきちんとやればかなりリアルな景色が直感的な操作で作れますから、フリーになった事は大歓迎ですね。

今日の写真(マリモ)  2007.06.20 Wed

7530400.jpg
機材:Nikon D50+AF Micro Nikkor 105mmF2.8
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

チビが飼ってる(?)マリモです。
もちろん阿寒湖天然物などではなくスーパーで売ってるニセモノ。
こういうのって、パートのおばさんが藻を手でコネコネ丸くして作ってるんですよね(笑)。

「今日の写真」を全部見る

世界の七不思議  2007.06.19 Tue

oldwmap.jpgサルガッソー海で海藻のホンダワラ類(サルガッソ)が繁茂する様子が人工衛星で初めて撮影されたそうです。

この単語が藻をさす言葉だった事さえ知りませんでしたが、サルガッソーといえば子供の頃何かの本に、多くの船が遭難するという「魔の海域」として幽霊船みたいな挿し絵と一緒に書かれていた事を思い出します。

僕は「世界の七不思議」みたいな本や話が好きでした。
今でもそうですが、子供の頃は特に何か未知のものや古い伝説なんかに強く心をひかれました。
イースター島のモアイしかり、バミューダトライアングルしかり、ナスカの地上絵しかり、どこかの灯台しかり、移動する湖しかり、ネッシーしかり、人を食って頭を小さくしてアクセサリーにする人種しかり・・。

サルガッソー海もそのひとつでした。
本を読むと「きっとそこには何かがいるんだ」と子供心に思ったものです。
でもリンク先の記事によれば「風が弱く、ホンダワラ類が大量に浮遊しているため、帆船が迷い込むと脱出できず」に遭難していたんだそうです。

まだ残ってはいますが、いにしえの謎はどんどん解かれていってます。
モアイがどうやって作られ運ばれたかは解明されていますし、人食い人種なんてもういません。アレクサンドリアの灯台もそれらしき残骸が海中で発見されています。ネッシーにいたっては作り話でした。

まぁそんなもんでしょうが、こうしてわかってみると、「なあんだ」と。
ある種の畏敬の念さえ感じていた「謎」は物理学や歴史学によって単なる現象や事実になってしまいました。

一方で、21世紀になって7年半が過ぎましたが、それらの謎を「解き明かした」科学による未来予想図には必ず描いてあった透明チューブのような通路はどこの都市にもまだありません。
すでにいるはずのアトムもまだまだしばらくは生まれそうにありません。

夢のような未来を思い描いていた21世紀、実際に来てみるとつまらないかも。
100年後、22世紀を迎えるころどんな世界になってるんでしょう。「謎」はまだあるのかな。

今日の写真(今度こそハス)  2007.06.18 Mon

7617400a.jpg
機材:PENTAX K10D + TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

これまで2回ほど写真を撮った蓮園に、三度行ってきました。
今回こそは「蓮」が咲いていました。しかしながらほとんどは見頃を過ぎているか逆にまだつぼみの状態で、ちょうどいい花はほんのわずか(+_+)。
池に木でできた通路を渡してあるのですが、いい感じの花が通路近くにあるとは限らず、また僕のセンスでは限られた向きからおもしろみのある構図を探すことも難しいので、もっと近くに寄れればなぁと思ったりもします。

7617400b.jpg
機材:同上(わずかにトリミング有り)
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

今回はカメラ2台(レンズそれぞれ1本)持って行ったのですが、やっぱりタムロンの90mmのほうが絵はずっと繊細できれいですね。
ブログの縮小写真じゃわかりにくいですし、そもそも高倍率ズームとマクロレンズを比べるのもアレですけど(笑)。

7617400c.jpg
機材:Nikon D50+VR Nikkor 18-200mm + MC4DG(トリミング有り)


「今日の写真」を全部見る


▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1を楽天でさがす
▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1をAmazonでさがす


▼PENTAX K10Dを楽天でさがす
▼PENTAX K10DをAmazonでさがす

今日の写真(タコウインナー)  2007.06.17 Sun

7616400.jpg
機材:Nikon D50+AF Micro Nikkor 105mmF2.8
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

タムロン買う前の写真です。
これは庭にあるザクロの花びらが落ちたあとのガクなんですが、形といい色といい、チビたちの言うとおりまさに「タコさんウインナー」。
これが膨らんでザクロの実になります。当たり前ですが。

「今日の写真」を全部見る

今日の写真(タムロン初撮り)  2007.06.16 Sat

7614400a.jpg
機材:PENTAX K10D + TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

昨日届いたタムロンの90mmマクロで初撮りしてみました。
あまり時間に余裕がなかったので20分ほど庭でパシャパシャやっただけですが、ちっさい範囲を切り取るマクロなら僕なんかでも被写体は結構見つけられるものですね。
昨日からずっと雨がパラついている天気すので、ぜんぶ濡れてます。超定番ですが水滴をメインで撮ってみました。

7614400b.jpg
機材:同上


7614400d.jpg
機材:同上(少しトリミング有り)


7614400c.jpg
機材:同上

期待以上に良いです、タムロン272E。
評判どおりボケ方がとてもきれいです。正直こんなにいいとは思いませんでした。
例によって全部手持ち撮影なのでピントが甘いのもありますが、それでもそこそこ絵になる気がしますw。

お気に入りのLightroomでベルビア風のプリセットを作ろうと試しているところでもあり、ちょっと派手めに調整しています。

「今日の写真」を全部見る


▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1を楽天でさがす
▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1をAmazonでさがす


▼PENTAX K10Dを楽天でさがす
▼PENTAX K10DをAmazonでさがす

マクロレンズ購入  2007.06.15 Fri

以前から欲しい欲しいと言っていたPENTAX K10Dで使うマクロレンズを1本手に入れました。
候補にしていたのは次の3本。

・PENTAX D FAマクロ100mmF2.8
・SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
・TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1(Model 272E)

AF設定のままピントリングを回すことでMFも可能なことでD FAマクロが一番便利だろうと思ってはいたのですが、手持ちのNikonのマクロレンズと焦点距離が近いこと、そして何より値段が高いことで却下(^_^;)。
タムロン90mmは以前から評判が非常に高く、誰も彼もこのレンズを誉め称えてるような雰囲気がひねくれ者の僕には逆に鼻についてしまっていたので、最有力はシグマ70mmでした。

tam901st.jpgでも実際買ったのはこのとおりタムロンの272E(笑)。
マクロレンズってどれも写りは非常にいいので画質的にはどれを買ってもまったく心配なんてしていませんが、楽天のポイントが少し貯まってたことに加えて、品薄が続いているこのレンズ(PENTAXマウント)が、このお店に問い合わせてみると在庫5本と返事をもらったので決めました(今でも「次回納入 6月予定」という表示にはなってますが)。
3本の中では一番安価ですし、マクロ以外でも使うと思いますから魚眼以外に唯一所有しているペンタックス用レンズFA43mmのほぼ2倍の焦点距離で変化がつけやすいだろうということも自分を納得させた理由のひとつです。
昨日注文して今日届きました。

tam902st2.jpgこのレンズはピントリングを前後にカチッと移動させることでAFとMFの切り替えができるようになっているのですが、ペンタックス用とコニカミノルタ(ソニー)用だけは構造上ボディ側の切り替えも必要とカタログに記してあります。
ボディとレンズ両方を切替をしないといけないのかと思っていましたが、試してみるとレンズ側は常に「MF」モード(写真右の状態)で良いようです。ボディ側さえAFモードならきちんとオートフォーカスが効きます。
また「遅い」と言われているAF速度も、D50+10数年前のAF Micro Nikkor 105mmよりは早く、迷うことも少ないようです。マクロ撮影時はほぼ100%MFを使いますけど、それ以外の用途でAFを使うときもおそらく必要十分な速度でしょう。
これからマクロはこのK10D+272Eをメインにするつもりです。


今ちょうどタムロンのマクロレンズキャンペーンでミニ三脚が付いてきました。
15年くらい前からSLIKプロミニという小さい三脚を使ってますが、テーブルフォトや風景撮影だけでなく記念写真も撮れますし、胸に当てて手ブレ防止にもなり、コンパクトなので持ってると便利な1本ではあります。
tam901stc.jpg今回おまけで付いてきたのもSLIK製ですが、箱にプリントしてある写真がちょっと面白い。
上段中央写真のカメラはコニカのBig Miniだし、右下のはなんと民生用デジカメ1号機のアップルQuickTake100(か150)じゃないですか。
どっちも持ってましたよw。


今日は開封したのが夜でしたので、明日明後日にでもこのレンズで撮ってみましょう。天気悪いけど。

このレンズで撮った「今日の写真」を新しい順に見る



▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1を楽天でさがす
▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1をAmazonでさがす


▼SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DGを楽天でさがす
▼SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DGをAmazonでさがす


▼PENTAX D FAマクロ100mmF2.8を楽天でさがす
▼PENTAX D FAマクロ100mmF2.8をAmazonでさがす


K10Dグランプリパッケージ  2007.06.14 Thu

k10dgpaniv.jpgK10Dがカメラグランプリに選ばれたことを記念して、K10Dの特別バージョンが発売されるようです。

K10Dグランプリパッケージ」というこの記念モデル、中身は一般のK10Dとまったく同じですが、ボディのラバー部がブラウンになり、「PENTAX」や「K10D」の文字がゴールド(かな?)で印字してあります。
また、同じくラバーが茶色のバッテリーグリップ(D-BG2)と専用の革製ストラップが付属するようです。

価格は普通のボディ+バッテリーグリップと同程度のようですから、今購入を考えている人はこれを選んでもいいかもしれませんね。ただし5000台限定という事ですぐなくなるかもしれません。

フィルムカメラと違って製品寿命の短いデジタルですし、機能的に何も違わない(ファームウェアが最新の1.3を最初からインストールしてあるそうですが、ピント微調整ができるという裏メニューに入れないですし)ということでプレミアが付くなんて事はないと思いますけど。


▼PENTAX K10Dグランプリパッケージを楽天でさがす


▼普通のPENTAX K10Dを楽天でさがす
▼普通のPENTAX K10DをAmazonでさがす

今日の写真(Warped landscape)  2007.06.14 Thu

7609400n.jpg
機材:Nikon D50+VR Nikkor 18-200mm
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

これ何だかわかりますか?
京都で撮りました。

こういうのを撮るとレンズの糸巻き歪みが目立ちますね。

「今日の写真」を全部見る


▼AF‐S DX VR Zoom Nikkor
 ED18~200mmF3.5~5.6G (IF)を楽天でさがす

▼AF‐S DX VR Zoom Nikkor
 ED18~200mmF3.5~5.6G (IF)をAmazonでさがす

Windows版Safari  2007.06.13 Wed

safari_win.jpg一昨日のWWDC2007でAppleは今年10月発売予定の新MacOS X10.5「Leopard」の新機能を紹介してました。

これ見ると10.4Tigerからは結構変わっているようですね。
Dockが3D表示になったことはともかく、そこに設置できるStacksという機能は、多数のアプリケーションアイコンを登録しているDockが24インチワイド画面の幅ほぼ一杯に広がっている僕なんかの環境ではとてもありがたそうです。

そして何といってもFinder。先のリンクにも書いてありますけど、ほんとにiTunesみたいです。個人的にはカラム表示での時間順一覧表示をずっと期待してるんですが、これだとどうなるんだろう。。
去年発表された「Spaces」や「Time Machine」機能に大きな変化はないようですね。
いずれにしてもMacユーザーとしては期待大なOSです。


さて、今回のWWDCでの発表で一番驚いたのはWebブラウザ「Safari」のWindows対応でした。
現在Macに最初からインストールされている唯一のブラウザであるSafari、Macユーザー内でのシェアは相当高いはずで、速度や表示の美しさには定評があります。僕もメインで使ってます。
Appleとしてはパソコン全体で見たときのブラウザシェアを上げたいようで今回のWindows版発表となったようですが、さて、どうなんでしょう。

良いところはもちろんあるSafariですが、動画配信のGyaoや一部のオンライントレードサイトなどSafari非対応のところもあれば、Javaスクリプトへの対応も少し特殊。
そして何より「買ったまま」の状態が多いと思われるWindows機。普通のユーザーがわざわざこのブラウザをダウンロードして使ってくれるとは個人的には思えませんし、逆にコアなユーザーには「非対応」が1つでもあるだけで敬遠されそうな気がします。

もちろん、iTunesを使ってる流れで試してみてくれる人が増えて、Safari非対応のサイトが変わってくれたりすると僕もとても嬉しいんですけどね。
もっとも現在ダウンロードできるベータ版は日本語環境ではまともに使える状態ではないようです。知人のVistaでは起動すらしないとのこと。
同時にこのWin版と同じバージョンのMac用ベータ版も出てますが、これもまだ日本語は不自由なようですし、インストールすると今入っているSafariと置き換えられてしまうそうですから、いずれにしてもしばらく待ちましょう。

今日の写真(あじさい)  2007.06.13 Wed

7612400a.jpg
機材:PENTAX K10D + FA43mmF1.9 Limited + Kenko CloseUp Lens No.4(トリミング有)
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

腰が少しずつ回復してきているので、リハビリを兼ねて庭を少し散歩してます。
今月に入ってから紫陽花が咲き始めました。
6月とはいえここ長崎ではちっとも雨は降りませんけれど。

7612400c.jpg
機材:PENTAX K10D + FA43mmF1.9 Limited + Kenko CloseUp Lens No.4


7612400b.jpg
機材:Nikon D50+AF Micro Nikkor 105mmF2.8(少しトリミング有)

こちらは1週間ほど前に撮った写真です。
咲いたばかりの小さな花に、生まれたばかりの小さなカマキリがいました。


「今日の写真」を全部見る


▼kenko ACクローズアップレンズを楽天でさがす


▼FA43mmF1.9 Limitedを楽天でさがす
▼FA43mmF1.9 LimitedをAmazonでさがす

大クラッシュ  2007.06.12 Tue

610gpcrash.jpg昨日のF1カナダGP、ハミルトンが優勝しましたね。
この初の黒人F1ドライバーは新人です。今年できのいいマクラーレンに乗るとはいえ、開幕から(つまりデビューから)5戦連続表彰台にのぼるという快挙を達成してポイントトップにいましたが、今回ついに優勝。
速いうえにミスの非常に少ないドライビングだけ見ると若い頃のシューマッハのようです。
これからすごい記録を打ち立てていくことでしょう。

さて、セイフティカーが4回も入るという非常に荒れたレースとなった今回のグランプリですが、ひやりとする大きな事故がありました。
これがこの写真のクビサのクラッシュです。接触によって宙に浮いたため減速する事なくそのままコンクリートウォールに激突。大破したまま跳ね返り、転がるようにしてコースを横切って反対側のウォールまで飛ばされるという大クラッシュで、停止したときにはドライバーは動かず、映像では破損した前部からドライバーの両足が出ているように見えました。
昔のF1の死亡事故シーンで何度も見たことのあるような光景です。

でもクビサは軽い脳震とうと捻挫だけだったそうです。よかったよかった。
いやはや、最近のF1のカーボンモノコックはほんとにすごいんですね。
僕の車にもこの構造欲しいですw。

今日の写真(ふたたび蓮池)  2007.06.11 Mon

7604400a.jpg
機材:Nikon D50+VR Nikkor 18-200mm
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

先日と同じ蓮園で、実はあの翌日にチビ2人を連れてもう一度行ったときの写真です。
この日は良く晴れていて、空の色が絵に描いたようにキレイでした。

7604400b.jpg
機材:Nikon D50+VR Nikkor 18-200mm + MC4DG

ある方に聞いたのですが、水滴がコロコロ転がる逆円錐形みたいな形の葉を持つのが「蓮」、この写真みたいに水面に葉が密着するのは「睡蓮」なんだそうです。たしかにいわゆるハスの花とは違いますよね、これ。
ここには何種類もの蓮(や睡蓮)が植えられていて、大きなハスの花もまもなく咲きそうです。

ケンコーのMC4DGという1.5倍テレコン使ってます。唯一VR18-200mmレンズですべての機能をそのまま活かせるテレコンだそうです。
偏光フィルタも付けてましたが、あえて空の色が映るように撮影。

「今日の写真」を全部見る


▼C-PL(円偏光)フィルタを楽天でさがす
▼C-PL(円偏光)フィルタをAmazonでさがす


▼kenkoテレプラスMC4DGを楽天でさがす

今日の写真(先斗町の光)  2007.06.10 Sun

7509400a.jpg
機材:Nikon D50+VR Nikkor 18-200mm
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

京都の先斗町(ぽんとちょう)です。
昔のままのとても細い道に料亭や飲み屋さんなどがびっしりと立ち並んでいます。


7509400b.jpg

7509400c.jpg

7509400d.jpg

42mm(63mm相当)~80mm(120mm相当)で1/13~1/5秒の手持ちです。
最後の写真でわかるとおり何しろ狭いくせに賑わっている道なので、どれも立ち止まる時間は極力短くして急いでスナップした写真ですがブレは少ないです(3枚目は少しぶれてますが)。やっぱりニコンのVR2は強力ですね。
帰りの特急が最前部の車両だったので運転席を100mm・1/20秒で撮ったのですが、座っていても結構身体が揺らされる車内でまったくブレがなかったのは今さらながらびっくりです。
手持ちばかりの僕にとってVR2の安心感は本当にすばらしい。

実はこれらの写真を撮った5分後、ぎっくり腰になりました。。

「今日の写真」を全部見る


▼AF‐S DX VR Zoom Nikkor
 ED18~200mmF3.5~5.6G (IF)を楽天でさがす

▼AF‐S DX VR Zoom Nikkor
 ED18~200mmF3.5~5.6G (IF)をAmazonでさがす

無事?帰還  2007.06.09 Sat

rihga.jpg用事があり京都に行ってきました。
肩が心配だったのですが、凝りをほぐす薬と痛み止め、湿布も持参して何とかなるだろうと。

痛くはあったけれど我慢の範囲内。用事も無事済ませて、あとはホテルに戻って翌日帰るだけと思ったとき、伏兵が現れました。

そう、腰痛です。いやぎっくり腰です。
ホテルに着いてそのままベッドに倒れ込み、トイレに一度立った以外は翌朝までほとんど眠れないままずっと横になっていました。

滞在延長もやむなしと考えていましたが、今日何とか帰路につけました。少しでも腰の負担を小さくしようと往復で買っていたJR切符を復路キャンセルしてグリーン車を取り直して手間もお金もかかりましたし、何しろゆっくりしか歩けないため博多での新幹線→在来線への乗り換えは時間ギリギリでしたけれど。

でもいま自宅でこうしてブログを書けてます。
万が一のためと持って行ってたコルセット、ホテルが貸してくれた杖がわりの傘と腰あてクッションがわりのバスタオル(写真)、そして協力してくれた知人のおかげです。

いつもこんなふうに腰痛が悪化すると、それからしばらくの生活の不便さつらさを考えてとても重い気持ちになります。
当然今も腰の状態は決して良くなく、家の中の移動も苦痛ですが(やっぱりコンテッサチェアは快適です。新幹線グリーン車のシートよりはるかに)、しかしその割に気分は悪くありません。
なぜかと考えてみると、もちろんこうして帰って来れたからでしょう。旅先でのトラブルという不安要素が消えたことが嬉しい。やはり自宅は安心します。

腰痛という状況が良くないことに変わりはありませんが、もっと悪いところから脱することができた事でほっとしてます。すくなくとも「最悪」ではないわけです。
ひとつ「よかった事さがし」ができました。

ミニュームプレーン  2007.06.06 Wed

miniumplane.jpgつい先日メカトンボの事を書きましたが、また楽しそうなラジコンを見つけました。
ラジコンの老舗メーカーのひとつである京商から今月下旬に発売される「MINIUM PLANE(ミニュームプレーン)」がそれです。

メカトンボを含めてこれまでとりあげたラジコンよりも高価ではあるんですが、それだけに内容はちゃんとしてて、スロットルの他にエレベーターとラダーを装備した3ch機。いわゆる普通のラジコン飛行機に近い構成になってます。
普通のRC飛行機と違うところは、速度と軽さでしょう。この点ではメカトンボやAERO WINGSに近いものがあります。
要するに、本格的だけど室内で飛ばせる簡単RC飛行機ってわけです。

微風(風速3mまで)なら屋外でも遊べるようですし、充電は単3電池を入れた専用の充電台でできるのでコンセントも必要ありません。
20分の充電で、スローフライトなら15分間、スピードフライトでも5分間遊べるということで十分でしょう。

無線コントロール方式も新しくて、通常ラジコンで使っている周波数帯ではなく2.4GHz帯を使うようです。また、全79波の中から自動的に開いている帯域を選択するようになっているそうで、周波数を気にすることなく複数台で一緒に飛ばして遊べるところもいいですね。

すごく欲しいです。


▼京商ミニュームプレーンを楽天でさがす

今日の写真(五ケ原岳にて)  2007.06.05 Tue

7531400a.jpg
機材:Nikon D50+VR Nikkor 18-200mm
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

先日、チビたちを連れて五ケ原岳に上ってきました。
諫早や大村のテレビ電波を送信している所です。
ものすごく久しぶりだったのですが、ここはテレビ塔も、至るまでの細い道もほとんど変わってませんね。

いつもなら諫早の景色が望めるのですが、この日は白くかすんでまったく見えませんでした。
黄砂? 光化学スモッグ?
いずれにしてもおそらく中国に起因するものだと思います。
今世紀は中国の世紀と言われていますよね。多くの点でおそらくそのとおりでしょう。
良くも悪くも

7531400b.jpg
機材:Nikon D50+AF Micro Nikkor 105mmF2.8

少年自然の家近くにきれいな花が咲いてました。

「今日の写真」を全部見る

3つほど  2007.06.04 Mon

gfukkatu.jpgSILKYPIXの市川ラボラトリーが「画像復活.com」というサービスを始めてます。
誤ってフォーマットや削除をしてしまったメディアや、OSで認識されないメディアから画像ファイルを復活させるというWebサービスです。
JPEG形式のみに対応という事ですが、今のところ無料で使えるのがいいですね。
ただMacユーザーとしては、Windows VISTA/XP/2000にしか対応していないというのが残念です(+_+)。


xactica6.jpgサンヨーXactiの新型「DMX-CA65」が出てますね。
ザクティといえばムービー重視のカメラで、チビ撮影用に実は欲しいと思っている製品なのですが、今回のDMX-CA65では防水になったうえ水中撮影ができるようです。
ベースモデルDMX-CG65を防水にしたモデルだそう。
ちょっとサイズが大きめな気がしますが、これからの季節、非常に魅力的なムービーカメラですね。


▼SANYO Xacti DMX-CA65を楽天でさがす
▼SANYO Xacti DMX-CA65をAmazonでさがす


ap50anv.jpgPENTAXがアサヒペンタックス一眼レフ50周年を記念して新宿の「ペンタックススクエア」でコンセプトモデル「AP 50th Anniv」を公開しているそうです。
K10Dに古き良き頃のペンタックス一眼のデザインテイストを取り入れたもので、生粋のペンタックスファンにはとても好評なデザインのようです。
とはいえ似て非なるものですよね。PENTAXユーザーになって日が浅いせいもあるかもしれませんけど、デザインっていうものは似てればどれも格好いいというものではないと思ってる僕の感覚では、直線と曲線のバランス・ボディサイズとレンズマウント部のサイズバランスなど、どれもチグハグに見えてしまいどう見てもカッコ良いとは感じられません(^_^;)。このへんは好みなのかもしれませんね。

唯一、ペンタ部のエッジの立ち方は良いです。こうしたシャープな部分に惹かれます。
ただ、それを実現するために内蔵ストロボを無くしたのはいただけません。どのメーカーも最上位機種がストロボを内蔵しないせいか、ストロボが付いてないことがエライみたいな雰囲気もあるのでしょうけれど、無いよりは付いてたほうが何かの時に絶対便利だと僕は思うんですが(笑)。

ペンタックスさん、こうしたモデルをもし市販する事があるのなら、こんな半端なものではなくもっと徹底的にやってください。
シルバーボディにするなら金属製が必須です。プラにシルバーの塗装って安っぽくて嫌いです。個人的には剥げると金色が出てくる真鍮製の半ツヤ黒塗装がいいかな。
デザインはもちろん妥協無し。ここで妥協すると価値ありません。「レトロ風」ではダメなんです。
そして中身は最新で。ストイックな意見も見かけますが、AEやAFまで無くすと結局ごく一部のマニアックな人にしか売れなかったってことになりそうです。

今日の写真(蓮)  2007.06.03 Sun

7602400a.jpg
機材:PENTAX K10D + FA43mmF1.9 Limited
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

降ったりやんだりの天気でしたが、友達と会う機会があり夕方少し時間があったので一緒に蓮池に寄ってみました。

7602400b.jpg
機材:PENTAX K10D +Tamron 28-200mm(トリミングあり)

花の数はわずかでしたが、中にはきれいなものも。
僕の手持ちは43mmのみ。もちろん池には入れませんから(笑)、しばし友達の28-200mmズーム(彼も今日はこれだけでした)と取り替えて撮影。
こういう時は望遠マクロが欲しいですね。

7602400c.jpg
機材:PENTAX K10D + Tamron 28-200mm

7602400d.jpg
機材:PENTAX K10D + FA43mmF1.9 Limited

C-PL(偏光)フィルタもってきてません。一生懸命Lightroomでごまかします(笑)。


「今日の写真」を全部見る


▼PENTAX K10Dを楽天でさがす
▼PENTAX K10DをAmazonでさがす


▼FA43mmF1.9 Limitedを楽天でさがす
▼FA43mmF1.9 LimitedをAmazonでさがす

あのひとが  2007.06.02 Sat

warrenc.jpg元読売ジャイアンツのウォーレン・クロマティがプロレスにデビューするそうです。

レイザーラモンHGやインリンも出たハッスルイベントですから本気要素は少ないと思われますが、それにしてもあのクロマティがプロレスとは・・。
あの時代、クロマティといえば阪神バースと並んで最強外人でした。引退してからはアメリカで少年野球の監督だったかコーチをやってると以前テレビで見た気がしますが、なんで今さらプロレスなんでしょうw。


dennis.jpgもう一人、畑違いの超ビッグネームがこれまた格闘技に転向するようです。
元NBA選手、「バッドボーイ」デニス・ロッドマンそのひと。

リバウンド王として、またジョーダン、ピッペンとともにシカゴブルズ最強トリオのひとりとしてあまりにも有名ですね。
たしかスラムダンクの桜木花道はこの人がモデルだったはず。
過去すでにプロレスデビューしていたとは全く知りませんでしたが、今回のもK-1ですから本気でしょう。
プロバスケット選手ですから背は高いしガタイもいい、そのうえ暴れん坊キャラでしたから、ある意味それっぽいと言えなくもないですが・・・うーん、どうなんだろう。

ジョーダンの野球もそうでしたが、あるスポーツのトップにいた人がそれをやめてから他のジャンルでも頂点をとれる可能性は非常に少ないですよね、年齢的にも経験的にも(アメリカでは夏と冬で別のプロスポーツをやる人は珍しくないそうですが)。
英雄は英雄のまま引退してもう出てこないでほしいなぁと思うのは僕だけ?

今日の写真(カメ)  2007.06.01 Fri

7524400.jpg
機材:Nikon D50+VR Nikkor 18-200mm
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

諫早公園の池にはコイの他に亀もいます。ちなみにうちにもいます。
水面に映った眼鏡橋の影に大きめの亀が上がってきたのをパシャリ。

「今日の写真」を全部見る


▼AF‐S DX VR Zoom Nikkor
 ED18~200mmF3.5~5.6G (IF)を楽天でさがす

▼AF‐S DX VR Zoom Nikkor
 ED18~200mmF3.5~5.6G (IF)をAmazonでさがす