fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 2008年01月

今日の写真(ユリの実)  2008.01.31 Thu


8130400.jpg
機材:PENTAX K10D + TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

百合の花が散って実をつけたあとです。
つまりガクっていうことになるんでしょう。真上から見るとこんなになってました。


「今日の写真」を全部見る

良かったら押して頂けると嬉しいです→


▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1を楽天でさがす
▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1をAmazonでさがす


▼PENTAX K10Dを楽天でさがす
▼PENTAX K10DをAmazonでさがす

スポンサーサイト



ニコンD60が出た  2008.01.30 Wed

d608129.jpgNikonから新型デジタル一眼レフ「D60」が発表されてます。
発売は2月22日、予想価格はボディで7万5千円、レンズキットが9万円、ダブルズームキットが12万円ほどだそう。

これはD40xの後継機のようで、1000万画素CCDの撮像素子も同じだし外観もそっくりです。

D40xとの目立った違いをあげてみると、

・ゴミ取り機能が付いた
・D3やD300に採用されたアクティブDライティングが装備された
・画像処理コンセプト「EXPEED」の採用
・ファインダーに目をつけると液晶が消えるアイセンサーがついた
・レンズキットの標準ズームが変更になった
・RAW現像がカメラ内で可能になった

こんな感じでいろいろあるんですが、個人的にはどれも決定的に違うってほどではないかなという印象。流行りのライブビューもないし、液晶モニタも2.5インチと変わらず。機種名はD60でなくて、D40XsとかXxとかでもよかったんじゃないかって感じもしてます。
でももしかしたら出てくる画像がD40xとはかなり違ってるのかもしれませんし、D40・D60・D80っていうわかりやすいシリーズにしたかったのかもしれませんw。

個人的には本体以上に注目なのは、レンズキット付属の標準ズームです。
以前米国で発表されていたAF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VRになってます。VRの名のとおり、手ぶれ補正機能が装備されたレンズです。
ダブルズームキットに付くAF-S DX VR Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-5.6 G (IF)ともども、普及価格帯でVRズームが装備されたのは吉報でしょう。

誰にでもすぐに高級レンズをすすめられる人もいますけど、ほとんどの人にはダブルズームキットで十分足りるはず。メーカーだって、そう考えてのセットのはずです。その2つのズームレンズ両方に手ぶれ補正が付いたことの意味は小さくないですよね。
必要なら、あとは外付けストロボでも買ってバウンス撮影すれば室内でも十分にきれいな写真が撮れますもの。


▼Nikon D60を楽天でさがす
▼Nikon D60をAmazonでさがす



3lenses8129.jpgさてそのVR18-55以外に3本のレンズも発表されました。
写真左のAF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6 G ED VRはフィルム換算24mm相当からのVR標準ズーム。D80以上の機種ではこれがキットレンズになりそうな気もしますが、それにはちょっと高いのかな・・。

それから写真中央はPC-E NIKKOR 24mm F3.5 D ED。これはアオリ撮影を行えるMFレンズ。商品撮影や建物の撮影などの業務用途によく用いられる特殊レンズです。30万9750円とさすがに高価です。

写真右はAF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED
ニコンの60mm Microレンズは定評がありますが、これがレンズ内モーターとナノクリスタルコートを装備し今風になったモデルみたいです。8万3000円。
惜しいのはVRが非装備なこと。これさえ付いてたら、僕の「次に欲しいレンズ」筆頭になったのにw。


映像機器関連の展示会PMA08直前とあって、それにしてもいろいろ出ますね、どのメーカーからも。

▼AF Micro Nikkorレンズを楽天でさがす
▼AF Micro NikkorレンズをAmazonでさがす


▼VR(手ぶれ補正付)Nikkorレンズを楽天でさがす
▼VR(手ぶれ補正付)NikkorレンズをAmazonでさがす


egword・egbridge終了に思うこと  2008.01.29 Tue

egwordtrmnt.jpgegwordとegbridgeの販売を終了すると、開発元のエルゴソフトがHPトップで発表しています。

egwordはワープロソフトとして、egbridgeはIM(日本語変換ソフト)として、Macを代表するソフトです。
特に後者は、まだ日本語版OSがなくATOKはもちろん「ことえり」さえなかったMacintosh創成期から存在している、もっとも古いIMだと何かで読んだ記憶があります。

24年もの間、相当な数のMacを支え続けてきたソフトが消えていくのは残念でなりません。
これで事実上、社外製のMac用ワープロソフトはMicrosoftのWord、IMはATOKだけになってしまいました。


この10年ほどで、多くの優れたソフトが淘汰され、同種のソフトの中でもっとも強いものだけが生き残ってきました。
市場とはそういうものでしょうから仕方がないのかもしれませんけれど、これは同時に特徴や面白みといったものに縁遠いビジネスライクで巨大なソフトばかりを生み出す状況をつくり出してます。

十数年前、まだインターネットがまったく普及していなかった頃、パソコンとくにMacは魔法の箱でした。性能は現在と比べるべくもありませんが、使う事そのものが実に楽しいピリリとスパイスの効いたソフトがたくさんあってワクワクしたものです。

それが現在、多くのパソコンはほぼイコール「ブラウザを動かす道具」のようになってます。ワクワクを感じることは滅多にありません。
一般化するという事はそういう事なのでしょうけれど、なんだか寂しいかぎりです。

今ある巨大なソフト群がいずれネット上のアプリケーションに置き換わっていくとき、新たなワクワクを感じさせてくれる事を願いたいです。

FC2 Blog Rankingに参加してます。良かったら押して頂けると嬉しいです→

今日の写真(赤い実)  2008.01.28 Mon


8127400.jpg
機材:PENTAX K10D + TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

庭のあちこちで、ほとんど1年中真っ赤な実を付けてる木。
例によって名前もしりませんが(^_^;)。

高さ30cmくらいのまだ小さい頃はすっごくかわいいんですけど、これは相当大きくなってます。

※これはナンテンというそうです。
 「30cmくらい」のは万両という、まったく別の植物のようです。
 すみません、まったく無知なもので(^_^;)。
 ありがとうございました>教えてくださったPさん。


「今日の写真」を全部見る

良かったら押して頂けると嬉しいです→


▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1を楽天でさがす
▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1をAmazonでさがす


▼PENTAX K10Dを楽天でさがす
▼PENTAX K10DをAmazonでさがす

メモリ今昔  2008.01.27 Sun

2gbpc5300.jpg楽天の上海問屋に注文していたMacBook用のメモリが届きました。

商品ページに「その時々で価格と品質のバランスが最も良い お買い得品を上海問屋スタッフが選別して、ご提供しております。」と書いてありましたが、届いたものはノーブランドなどではなく、デジカメ用メモリカードでも世話になってるトランセンド製のものでした。

手持ちパソコンとの相性保証も付いてるし、これで1本4999円はやっぱり安い。
早速MacBookに取り付けましたが、当然ながらきちんと動作しました。僕のパソコン歴の中で最大の4GBメモリです。

思い起こせば、僕にとっての初めてのMac「LC630」用に買った16MB(0.016GBです)メモリは1本5万円近くしました。
当時、MacOS(漢字Talk7でした)はアプリケーションごとに手動でメモリ割り当てを行うようになってたんですけど、Photoshopに40MB割り当てるのがアコガレでしたw。

よく覚えてませんが、もっと以前MS-DOSで動いてたPC9801は、たしかメモリを9MBくらいまで増設するのに10万円くらいかかったような気がします。なんたって640KB(0.00064GBですw)が「フル実装」でしたものね。
当然それより昔はもっともっと高価だったにちがいありません。

それが今や2GBで5千円。ノーブランドのバルク品ならさらに安いのもあります。

そういえばLC630の頃、外付けHDDを買ったんですが、それが1GBで7万円でした。
PC9801ではその1/10、100MBのHDDを買ったものですけど、それも同じくらいの値段だったと思います。

「ギガバイト」っていうとんでもなく大きな容量のハードディスクと感じてましたし、MS-DOSでは100MBで一生使えるんじゃないかと思ったものです。
ノートPCのメモリ量がその4倍・40倍になるとは。

ほんとに今は昔のことですな(+_+)。


▼2GBメモリ(PC2-5300 相性保証付)を楽天でさがす

MacBook買ったー  2008.01.26 Sat

macbook8125.jpg表題どおり、MacBookを買ってしまいました。
先日発表されたMacBook Airがああいう仕様だったので躊躇なしです(経済的要素を除くw)。

ときどきAppleStoreに出る整備済み製品です。整備済品買うのって何台目でしょう。少なくともこの数年Macはこれしか買ってませんw。
500円玉貯金と、今使ってるPowerBook G4の売値相場を考慮して買いました。

購入したのは3種類ある現行型MacBookの中間モデル(白ボディ・2.2GHz core2duo・Superドライブ)。
最上位の黒モデルとはHDDの容量だけ違ってて、サブ機としてはとりあえず120GBあればしばらく大丈夫かなと。足りなくなってもこのMacBookはHDDの交換が非常に簡単みたいですしね。

同時に楽天の上海問屋に2GBメモリも注文したのですが、こちらはまだ届いてません。
しかし安くなりましたね、2GBが4999円。もちろん2枚注文し4GBフル搭載予定です。

僕にとって初めてのインテルMac、使うソフトのどれがユニバーサルアプリケーションなのかもよくわかってないので、環境移行ツールは使わず手作業でPowerBookからの移行を行っているのですが、サブ機とはいえやっぱりこの種の作業は面倒で、まだ一部しかやってません。
メイン機買い換えより先にノートを買ったのは、実はこれで様子を見てみようって思いもあったりします。

上記のとおりですから、まだ使い勝手やら性能を云々言うことはできませんけど、それでもユニバーサルアプリケーションの起動などはあきらかにメイン機のPowerMac G5より速く、Safariなどはあっという間です。
ほんのちょっといじっただけですけど、これまですっごく重く感じていたNikon CaptureNXも現在の1GBメモリでもG5よりは快適なようです(もっともLightroonなどと比べるとやはり「快適」とは言えませんがw)。

ちょっと心配していたグレア(光沢)液晶は、いまのところこの部屋で使うかぎり気になるような事もなさそうです。
いずれWindowsも導入しようと思ってます。標準のBootCampもいいですが、MacOS Xと同時にWinを使えるParallels Desktopもよさそうだなぁ。



▼MacBookを楽天でさがす(新着順)
▼MacBookをAmazonでさがす
▼Apple StoreでMacBookをさがす


▼2GBメモリ(PC2-5300 相性保証付)を楽天でさがす


K20DとK200D、EOS Kiss X2出た  2008.01.25 Fri

k20dk200d125.jpgバナー広告の予告どおりペンタックスから新型デジタル一眼レフが発表されました。
しかも2台。K20Dと、K200Dです。

どちらも外観は旧型となるK10D、K100Dを継承しているようですが、内容は当然ながら変わってます。

K20Dのほうから見てみます。
一番の変更は撮像素子。サイズはAPC-Cと変わらないものの1460万画素のCMOSになってるようです。
また、この素子変更にともない、ISO感度上限が1600から6400に2段上がってます。
画素数自体はもう十分以上なので僕にはどうでもいいのですが、CMOSになってどう変わったかは興味あるところですね。

そしてやはり付いたライブビュー。
ミラーアップとダウンを行うタイプで、デジタル一眼としては一般的ないわゆるパタパタ方式。ニコンD300やパナソニックL10で採用された撮像素子面のコントラストによるAFには対応していないようです。
個人的には、たとえ時間がかかってもコンパクトデジカメみたいに使えるコントラスト検出式ほうが使い勝手がいいのですが・・。
ただ、シャッターボタンまわりの電源スイッチを一番右まで回すことですぐにライブビューモードに移れるのは良さそうですね。

あと目立ったところでは最大1段までのダイナミックレンジ拡大機能。いろんなメーカーからこの手の機能は出ていますが、擬似的なものと言えなくはないので、このK20Dの同機能が果たしてどのくらいの実効効果があるのか興味深いです。
連写速度は3コマ/秒。個人的にはあんまり連写しないので十分ですけど、販売面でのスペックとしてはやはり5コマ/秒を実現してほしかったというのが正直なところでしょう。

なお、上記ペンタックスサイト以外に、こちらにK20Dの実写作例が載ってます。


一方のK200D、むしろこちらのほうが変化の度合いは大きいかもしれません。
K10Dに採用されていた1000万画素CCDを付けてきました。
ダイナミックレンジ拡大機能も採用されてます。さらにこのクラスとしては異例の防塵防滴。
また、バッテリーグリップのオプションも用意され、小型のK10Dといった印象です。

とはいえ、ファインダーはペンタプリズムではなくミラー式ですし、おそらく作りなどの面から言っても、発売後しばらくの間は旧K10Dのほうがお買い得ということになりそうな気もします。
K10D、だいぶ安くなってますからね。

K20Dは3月上旬で16万円前後(ボディ)、K200Dは2月下旬発売予定で9万円前後(同)だそうです。




35limi125.jpgまた、ペンタックスは同時にレンズも数本発表しています。

レンズキット用のDA18-55mmF3.5-5.6AL II、手頃な300mmまでのズームであるDA55-300mmF4-5.8ED、デジタルでは標準焦点域マクロとなるDA35mmF2.8 Macro Limited、そしてスターレンズで超音波モーター内蔵のDA★200mmF2.8 ED[IF]SDMと、DA★300mmF4 ED[IF]SDM

この中で僕の注目は35mmマクロのLimitedレンズです。
先だって協力関係にあるトキナーから同じレンズ構成のAT-X M35PRO DXが出てますが、やっぱりペンタックスのLimitedがかっこいいw。

APS-Cのデジカメでは35mmってすごく使いやすい焦点距離なんで、普段の散歩やスナップ用にこれ、かなりほしいです。しばらくは買えませんけど(+_+)。


▼PENTAX K20Dを楽天でさがす
▼PENTAX K20DをAmazonでさがす


▼PENTAX K200Dを楽天でさがす
▼PENTAX K200DをAmazonでさがす


▼PENTAX K10Dを楽天でさがす
▼PENTAX K10DをAmazonでさがす





eoskissdx2.jpgさらに今日はキヤノンからEOS Kiss Digital X2が発表されました。

言うまでもなく、ベストセラー機EOS Kiss Digital Xの後継機で、画素数が1000万から1200万に増え、ライブビュー(こちらはコントラスト検出式AFも可)も装備、連写も3.5コマ/秒とわずかながら向上、Xにはなかったスポット測光も装備してます。

さすがにキヤノンらしく、今の流れにあわせたソツのないモデルチェンジと言えるようです。3月下旬発売で、予想価格はボディのみで9万円前後。

ただ、液晶が2.5インチから3インチになり、今のデザインでもすでに配置に無理が出てきてるように感じます。
デザイン的には丸みを帯びてますから上のペンタックスほど「旧モデルそのまま」といった印象はないものの、このEOS Kissも基本的な外枠は旧モデルと非常に近いです。
個人的には優れたデザインとは言い難いEOS Kiss、次はまったく新しい外観を望みたいですね。


▼Canon EOS Kiss Digital X2を楽天でさがす
▼Canon EOS Kiss Digital X2をAmazonでさがす


FC2 Blog Rankingに参加してます。良かったら押して頂けると嬉しいです→

桃色iPod  2008.01.24 Thu

ipodnanopink.jpgおそらく一番売れてる携帯オーディオプレイヤーiPod nanoに新色が追加されました。
iPod nano (3rd generation) Pinkの名のとおりピンク色です。

僕が買うことはないと思いますけど、春っぽい色ですしこれから女性に人気が出るんじゃないでしょうか。

黒や銀色、白をのぞけばiPodには淡い色のバリエーションが多いです(もちろんカラーバリエーションのあるnanoやshuffleのはなしです)。

僕はパステルカラーを持とうと思わないので、個人的にはメタリックな質感をいかした濃紺とか黒に近いブルーグリーンなんかあるといいなと思ってます。

ipodnanorazar.jpgもうひとつ希望。
iPodをApple Storeで買うと、注文時に2行までのレーザー刻印(iPodの裏面上部)を指定ことができますが、これをもっとすすめて、Illustratorなんかで作ったデザインを刻印してくれるサービスなんてあれば嬉しいですね。

もちろん実際注文するならもっとデザイン考えますがw。→



FC2 Blog Rankingに参加してます。良かったら押して頂けると嬉しいです→

Apple Store(Japan)


▼iPod nanoを楽天でさがす
▼iPod nanoをAmazonでさがす
iPod nanoをAppleStoreでさがす

ドコモ705iとかニコンCaptureNXとか  2008.01.23 Wed

d705n705.jpgドコモ705シリーズの一部機種の発売日が決まったようです。
P705iが1月25日、D705iとD705iμが1月30日、N705iが2月1日。

デカくてお世辞にもかっこいいとは言い難いのが多い900シリーズはこのところずっと敬遠してまして、僕の注目は700シリーズなんですが、発表時にも書いたとおり、望む機能がそろってる上に見た目も好みって機種は残念ながらありません。

でもよくよく調べていくと、D705iとN705iは結構イイかもしれないと思い始めてます。
どちらもBluetooth非搭載なのは残念ですが、それさえ我慢すれば、ワンセグ、ボディの薄さ、そこそこのデザインという点で僕的合格点でしょうか。

いや別に携帯なんて電話とメールができればいいのですけど、ほら、そこは気分転換的要素が大きいわけでw。
今使ってるM702iSはデザインは良いものの、日本語変換を含むあらゆる操作がはっきり言って使いにくいことも機種変更を考える一因ではあります。

もっとも最近は料金システムの変更によって機種変更には数万円もかかるみたいですから、もう少し考えてみましょう。


m702swud8122.jpg携帯といえば、M702iSとM702iG、それからSO905iに不具合が見つかったそうで、アップデータが出てます。

僕のは幸いほとんど問題は出なかったものの、このM702iSはあちこちでもっと大きな不具合報告をたくさん聞いてますから、何をいまさらこんな小さな改善かという気がしないでもありませんがw、とりあえず僕もアップデートしました。




capturenx8122.jpgニコンのRAW現像ソフトCapture NXMac用アップデータが出ました
バージョンは1.3.1。

これまでMacOS X10.5"Leopard"上において、「Capture NXで画像編集後、保存をするとファイルが壊れる事がある」というとんでもないトラブルを解消するためのアップデートのようですが、なんとそれでもLeopardに正式対応とはなっていないそうです。
う~ん、ここまで時間かかってそういう仕様とは・・・。

Capture NXというソフト、他のRAW現像ソフトにはない「選択範囲による編集」や「ある点を中心とした一部分だけに効果をほどこす」すばらしい機能があるのですが、残念なことに動きが非常に重い。
僕の環境ではパラメータをちょっといじるだけでも結構な待ち時間が生じ、かなりのストレスがたまる・・・というか実用的ではありません。
加えて、パレットを1つしか開けない(他のパレットを開くと最初のが閉じる)という意味不明な仕様がものすごく使いにくい。

機能としては魅力的なところがいくつもあるものの、肝心の動作速度とユーザインターフェイスがまったくなってません。
トータルで見てLightroomの足下にも及ばないと言えると思います。結局ほとんど使ってません。
このあたり、何とかしてもらえたらなぁ・・。

なおアップデータのダウンロードはこちらから



▼Nikon Capture NXを楽天でさがす
▼Nikon Capture NXをAmazonでさがす


▼Adobe Photoshop Lightroomを楽天でさがす
▼Adobe Photoshop LightroomをAmazonでさがす

防湿庫  2008.01.22 Tue

toyoliving.jpgカメラやレンズの保管ってどうされてます?

この部屋はエアコン稼働時間が長いので、そのままほっといても布製バッグに入れたまま何年か置いといてもカビなど生えませんが、機材が増えてくると置き場に困ります。
全部を机に並べとくわけにはいかないし、バッグに入れてたら取り出すのも面倒です。

そこで1年半ほど前から、いわゆる防湿庫なるものを使ってます。
先述のとおりカビの心配はなさそうですから普通の棚でもよかったんですが、まぁ、どうせ買うなら防湿庫にしちゃおうと。

使ってるのは防湿庫ではおそらくダントツシェアの東洋リビングの製品。
僕が購入した後にモデルチェンジしたのですが、このタイプと同じサイズの中型モデルです。今はデジタル表示のタイプになってます。

さまざまなサイズの製品が用意されてるようで、最初はもっと小さい製品でいいかなとも思ったものの、余裕もって少し大きいサイズを買って正解でした。
防湿という本来の目的よりも、むしろ「整頓」のほうに重点を置いてる僕みたいな用途だと、カメラやレンズ、ストロボなど防湿の必要があるもの以外にも、カメラ関係のグッズを入れておきたくなるんです。
決して広い部屋じゃありませんし、カメラ関係はひとところにまとめときたいので、現状ではマニュアルとかレンズケースとかも入れてます。

ですから大きく見えたこの防湿庫、たいした機材量でもないのに結構いっぱいになってます(^_^;)。
購入される方は、写真見て「自分にはこれでいい」と思ったものより1サイズ大きい製品を選ばれることをすすめたいですね。

カメラだけじゃなく、時計とか携帯ゲーム機とかビデオとかDVDとか、少しでも良好な環境で保存しときたいモノを入れるのになかなか良い製品かと思います。
もちろん、「整頓」のためにもw。


FC2 Blog Rankingに参加してます。良かったら押して頂けると嬉しいです→


▼防湿庫を楽天でさがす
▼防湿庫をAmazonでさがす


今日の写真(ロウバイ)  2008.01.21 Mon


8119400a.jpg
機材:PENTAX K10D + TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

今日は一日中雨で、午後は非常に暇してました。
なんにも書くことがないので、何日か前に庭で撮った写真を。

(たぶん)ロウバイの花が咲いてました。


8119400b.jpg
機材:同上

これは、実・・・?


8119400c.jpg
機材:同上

最近、あんまり写真を撮ってません。
時間的なものや気持ち的な原因もなくはないんですが、何より「撮りたい」ってものがあんまり見あたらないんです。
僕程度の目だと、ごく普通の日常の中の一部を切り取ってそれなりに見せるだけの力がありません。もともと被写体そのもののパワーや美しさなんかにオンブにダッコしてるわけです(^_^;)。

ところがそうしたパワーのある景色が冬の長崎には乏しい気がするんですよね。少なくとも僕のオンボロな目にもとまるようなものは他の季節よりずっと少ないです。
この季節に鮮やかな花を咲かせる植物がないのは全国共通だと思いますが、長崎では近年ほんとに雪は少なくなりましたし、氷さえたまに早朝バケツの水にごく薄いのがはるくらい。ドラマチックな景色など望むべくもありません。

もちろん上手い人、センスにあふれている人だったら、こんな景色からでもすばらしい写真を撮ることはできるに違いないのですけれど、僕には無理なようで、「撮ろう!」っていう欲がぜんぜん湧きません(+_+)。


「今日の写真」を全部見る

良かったら押して頂けると嬉しいです→


▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1を楽天でさがす
▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1をAmazonでさがす


▼PENTAX K10Dを楽天でさがす
▼PENTAX K10DをAmazonでさがす

期間限定メニューはなぜ  2008.01.20 Sun

ringer8118.jpg学生のころから、リンガーハット(ちゃんぽん)と浜勝(とんかつ)は好きでよく利用してます。
こうしたところをチェーン店ってだけでけなす人もいますけど、いや、美味しいですよ。名ばかりの「名店」よりずっと美味いと思ってます。

実は昨夜もリンガーハットのちゃんぽん食べたんですが、不満がないわけではありません。
今リンガーハットでは「霜降り白菜ちゃんぽん」というメニューをやってるのですけれど、こういう期間限定メニューに「小盛り」がないことです。

僕はちゃんぽんももちろん好きとはいえ、無類の米好きですからゴハンは欠かせません。また、ここの餃子も美味しいのでぜひ食べたい。
ちゃんぽんだけじゃなく、いろいろ食べたいんです。

でもね、普通サイズのちゃんぽんにしてこれらも注文すると食べきれないことがあるんですよ。
そういうわけで期間限定ちゃんぽんに後ろ髪ひかれつつも、結局毎回ちゃんぽん・オニギリ2個・餃子の「リンガーセットA」か、オニギリがチャーハンに替わった「チャーハンセット」になってしまいます。

霜降り白菜ってどんなんなんだろう。。
リンガーハットさんには、ぜひ期間限定品にもご飯を加えた3点セットメニューを検討していただきたい。


一方同系列の浜勝では、これまた期間限定の牡蠣フライがテイクアウトできないことが不満。
時々ホカ弁的感覚で買って帰るときがあるんです。
悪くなるのを警戒してのことなんでしょうけど、すぐ食べますし(でなきゃ美味しさ半減ですし)、第一万が一あたったりしてもいちいち店に文句なんか言いませんって。
誓約書にサインしてもいいからテイクアウトさせてください。

FC2 Blog Rankingに参加してます。良かったら押して頂けると嬉しいです→


他人の携帯を見るか  2008.01.19 Sat

keitaiaisite.jpg最近知り合いから、奥様から浮気の嫌疑をかけられ、携帯をチェックされたと聞きました。

そのときメールのチェックが終わったと思ったら、奥様は文章を打ち始めたそうです。
知り合いはその意味がわからずただ見ていると、かなを1文字打ってから決定キーを連打。また別のかなを1文字打って連打。
そうなんです。知り合いがどんな文章を打ってたかを確認されてたのでした。

最近の携帯の日本語変換は、推測変換と決定語句の履歴保存によって省入力で便利に使えるようになってますが、その副作用として、ちょっといじるだけで持ち主がどんな言葉を打ってたか結構わかってしまいます。
Winny等による情報流出を持ち出すまでもなく、便利さと危うさは諸刃の剣ですな。


それはさておき、ひとの携帯をチェックするってどうなんでしょう。

「設定やって」などと言われて他人の携帯をさわる機会は僕もときどきあります。でも持ち主に「これ見て」と頼まれないかぎり、絶対にメール履歴やアドレス帳などは開きません。「見てもいいよ」と言われてもです。もちろん必要がない限り文字も打ちません。

たとえどんな親しい間柄の彼氏彼女や夫婦だったとしてもやっちゃいけないと僕は思ってます。最低限のマナー、いえそれ以前とさえ考えてますから。
当たり前といえばそのとおりなのですが、それができない人も結構いるようです。


知り合いには何もやましいところはなかったのでそれで戦争勃発なんて事にはなりませんでしたが、ほんとに何かあったらどうするんでしょう。

ま、夫婦間のことは他人がとやかく言うことじゃありませんし、若いころなら僕も「何でも知りたい」と思っていたかもしれません。
でも少なくとも今は違います。
携帯チェックに限ったことじゃなく、人には知らないほうがいい事もたくさんあるんだと思ってます。知りたくないことを知ってしまったら、多くの場合悪いほうにころがってしまうでしょう。だったら知らぬままがずっとマシです。

こう思うのって、トシとって守りに入ってるからなんでしょうか。。
そうじゃないと思いたいです。
そしてそれ以上に、疑うことから始めるって何か寂しいです。
携帯チェックはこれからもしたくありません。


PS. ちなみに上の写真はこのために作ったものです。「あ」で「愛してる」なんて僕の携帯の推測上位には出てきませんので念のためw。

今日の写真(バンド練習)  2008.01.18 Fri


8117400a.jpg
機材:Nikon D300+LensBaby2.0
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

友人のM氏から誘われ、彼がやってるバンド(のうちのひとつ)の練習を見に行ってきました。

ライブでもないのに行ったのは、やってる曲がDEEP PURPLE、RAINBOW、Led Zeppelinなど僕にとって懐かしいものばかりだったからです。
M氏からも「ぜんぶ知っとるさ」と言われてたとおり、ほとんどの曲は中学や高校のころバンドでコピーした事のある曲でした。
メンバー全員同じ気持ちなのかもしれません。


8117400b.jpg8117400c.jpg
8117400d.jpg8117400e.jpg
機材:同上

せっかくなのでカメラを持参して、ブログネタにさせていただきますw。
レンズベビーはだいたい思った位置をボカせるので、顔出し許可をとらずにすむので便利。ついでになんとなくライブ感まで出たり出なかったり。
最近このレンズばっかり・・・。


8117400f.jpg
機材:同上

リードギターは、自身のブログで素敵な写真を撮られているtender-surrenderさん。


8117400g.jpg
機材:同上

ドラマーM氏。
休憩中に僕もドラムを叩かせてもらいました。2、3年ぶりのタイコ、ギターと合わせるの(ベーシストはお休みでした)なんて20年ぶり近くです。リズムキープさえまともにできませんでしたけど、いや実に楽しかった。

バンドごっこをしたいって気持ちがむくむくと・・・。

そういうわけでM氏、tender-surrenderさん、また遊ばせてください。
それから焼き肉行きましょう。


LensBabyで撮った写真をもっと見る

「今日の写真」を全部見る

FC2 Blog Rankingに参加してます。
良かったら押して頂けると嬉しいです→


▼NIKON D300を楽天でさがす
▼NIKON D300をAmazonでさがす


▼LensBabyを楽天でさがす
▼LensBabyをAmazonでさがす
nikond300

マクブク エアー  2008.01.17 Thu

macbookair8116.jpg昨日のMacWorldで出たのはMacBook Airでした。

写真で見るとおり非常に薄い。横から見ればレインドロップ型になっていて後方が厚くなっているのですが、それでも最も厚い部分で1.94cm。うたい文句によれば「世界で最も薄い」そうです。
四方は斜めに削られていてその数値以上に薄く見え、とってもスマートでカッコいい外観です。

いつも持ち歩く人にとって薄さ以上に嬉しいのはその軽さでしょう。1.36kgという重量は、Windowsのサブノートには特に珍しくもない重さだと思いますけど、MacBookが2.27kg、MacBook Proの15インチが2.45kgですから、この1kg前後の違いは大きいですね。

スペックのほうは、13インチワイド液晶(MacBookと同じ解像度)にIntel Core2Duo。標準モデルで1.6GHz、2GBメモリ(増設不可)、80GB パラレルATA(もしかして昨日書いたようにiPodと同じサイズ?)となってます。

アップルストアで売られる上位モデルはCPUクロックが1.8GHzになるほか、HDDのかわりに64GB の「ソリッドステートドライブ」つまりフラッシュメモリによるドライブとなり、噂されていたノースピンドルを実現しています。
ただし、標準モデルの229800円にたいして388400円とかなり高価ですね。

しかしそれよりも思い切ったなぁと感じるのが入出力ポートです。
MacBook Airにはオーディオ出力と外部モニタ用DVIポートをのぞけば、USBポートが1つあるだけ。
FireWireもなければイーサネットポートもありません。

DVDドライブもないので、ソフトのインストールや他のMacからの環境移行、そしてLeopardのTimeMachine機能などはどうするのかと言うと、ぜんぶワイアレス(無線LAN)でやってしまおうという考えのようで、無線ルータであるAirMacベースステーションとHDDを合わせたようなTime Capsuleという製品も同時に発表されてます(これいいですね)。
DVDドライブはUSB外付けのほか、別のMacやWindowsPC内蔵のドライブを無線LAN経由で利用できるようです。

トラックパッドがiPod touchのような2本指での操作(拡大縮小など)にも対応している事が新しいところですが、実はボディの薄さと軽さ、そのための機能割り切り以外にはそれほど目新しさはないようにも感じられたりしてます。


まさに持ち運び用のサブ機という感じのMacBook Air。
格好良いのですけれど、Macを持って出ることはあんまりない僕には、性能と利便性、そして価格の面で普通のMacBookのほうが適してるような気が・・。


▼MacBook Airを楽天でさがす
▼Macbook AirをAmazonでさがす
MacBook AirをAppleStoreでさがす


▼Apple Time Capsuleを楽天でさがす
▼Apple Time CapsuleをAmazonでさがす
▼Apple Time CapsuleをAppleStoreでさがす

空中に何かある  2008.01.16 Wed

stita8115.jpgMacWorld Expoが開幕しました。

毎度新製品が期待されるアップルの今回のテーマは「There's something in the air.」らしく、この言葉が書かれた垂れ幕があげられているようです。
めっちゃ直訳すると「空中になにかある」というこのテーマ、新しいワイアレス関係みたいにも思えますが、噂されているウルトラライトノートMacを連想させるものとも言えそうです。

古くはPowerBook Duo、最新でもPowerBook2400あたりまでさかのぼらないと「サブノート」と呼べるような製品がないMacだけに、特に僕ら日本の市場では待ち望んでる人が多いジャンルの製品ですよね。

最近ではノースピンドル、つまりDVDドライブなどはもちろんHDDさえも搭載しない非常にスリムなノートMac登場の噂が出ていて、いったいどんなモノが発表されるのかワクワクしてる人も少なくないでしょう。

もちろん僕もその1人ですが、もし上の予想があたっていれば、HDDが無い=大容量フラッシュメモリのみという事で、個人的には実用的に使うには値段がものすごい事になりそうな予感がしてます。
可搬用に極力減らしたとしても、現在のMacOS Xとアプリケーションを使うとしたら最低でも60GBくらいは欲しいところですからね。

コンパクト化としてはiPodで使ってる1.8インチHDDを使うという手もありそうですが、そうすると速度に問題ありそうですし、アップルが「ただ小さくしただけ」のサブノートを出すとも思いにくい。そんなのが「something in the air」でもないでしょうしね。

さあ、どんなのが出てくるでしょう。
あえてMacWorldより先にMacProの新型を発表したくらいですから、今回はおおいに期待できそうです。

まもなく発表です。朝にはApple Storeに並んでるかもしれません。わくわく。

K20D登場予告?  2008.01.15 Tue

pentax8115.jpgデジカメWatchなどに、新製品登場を予感させるPENTAXのバナー広告が出ています。

ペンタックスの古いキャラクタ(「ボーエンだよ ワイドだよ」とかCMしてた頃のと同じ?)を使用したこのバナーをクリックすると、同社のニュースリリースに飛びます。
そこには、今月25日と26日の新聞に1ページ全面広告を行う旨の記載が。

出ますかね、K20D。
こういうサイトの情報によれば、14メガピクセルCMOSセンサー、3インチ液晶(2.7との情報もあり)、ライブビュー、ISO3200といった仕様になるようです。

また本物かどうか知りませんが、下位機種K100DのモデルチェンジとなるK200Dの画像などもリークされています。
何が出るか僕にはわかりませんけれど、いずれにしても25日は楽しみな日になりそうです。

もっとも僕はK10D気に入ってますし、D300も買いましたから当然今回は静観です。


→このBLOGのK10D関係の記事を読む
→このBLOGのD300の記事を読む


▼PENTAX K10D・K20Dを楽天でさがす(新着順)

今日の写真(トルガカフェの小物)  2008.01.14 Mon


8113400a.jpg
機材:Nikon D300+LensBaby2.0
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

友達に誘われ、以前おもちゃのラジコンヘリを飛ばさせてもらったトルガカフェに久しぶりに行きました。
レンズベビーを付けたD300を持って行ってたので飲んだり食べたりする合間にパシャパシャ。


8113400b.jpg
機材:同上

電灯のフードにつけられたサル。
ここにはへんなかわいい小物がいくつもあります。
社長さんの趣味のようです。


8113400c.jpg
機材:同上

身長10cmほどのこのドラえもん、なんとバカラです。
金額的にも推して知るべしでとても僕には買えません。


8113400d.jpg
機材:同上

ペンギン。この隣にはへんなステキなパグの置物がありました。


8113400e.jpg
機材:同上

そういえばアップルマークの絞りリングをつけたままでした。
これは階段の上から見た木とスポットライト。


関係ありませんが、最近いろいろありましてちょっとだけココロが疲れてます。
イイコトとヨクナイコトが半日置きにやってきてるような感じ。
人生いろいろありますです(+_+)。


LensBabyで撮った写真をもっと見る

「今日の写真」を全部見る


FC2 Blog Rankingに参加してます。
良かったら押して頂けると嬉しいです→


▼NIKON D300を楽天でさがす
▼NIKON D300をAmazonでさがす


▼LensBabyを楽天でさがす
▼LensBabyをAmazonでさがす
nikond300

今日の写真(2つの葉)  2008.01.12 Sat


8111400a.jpg
機材:PENTAX K10D + TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

K10Dとタムロン90mmMACROを持って庭に出ました。
これは紫陽花の葉です。落ちずに葉脈だけになっていました。
彩度を落としてます。
もっと絞って撮りたかったのですが、例によって手持ち撮影でしたし、非常に高い位置だったため、手ぶれ補正付きのK10Dでもこれがいっぱいいっぱいでした。



8111400b.jpg
機材:同上

何という植物なのかは知りませんが、ほど近くには鮮やかな赤の葉が。
対照的な2つの葉でした。


「今日の写真」を全部見る

良かったら押して頂けると嬉しいです→


▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1を楽天でさがす
▼TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1をAmazonでさがす


▼PENTAX K10Dを楽天でさがす
▼PENTAX K10DをAmazonでさがす

デジタル写真術  2008.01.11 Fri

shasinjutsu1.jpg昨年NHKで放送された趣味悠々「デジタル一眼レフ風景撮影術入門」という番組をご存知でしょうか。

黒沢年雄さんといとうあいこさんが、清水哲朗カメラマンに学ぶという形式で風景写真のイロハを教えてくれている番組です。
僕も何度か観たのですが、見落としていた回もありましたので、この本を買ってみました。

MCプレス発行の「もっときれいに撮る デジタル一眼レフ写真術」です。

非常に基本的なことから書いてありますので、中上級者の方にはものたらないものと思いがちですが、本の内容は質の高い写真がたくさん載っていてミニ作品集としての価値もありますし、基本をあらためて確認することも悪くないはずです。
もちろん単純にカメラ機材の知識だけにとどまらず、構図や季節・被写体による撮影時間帯、自然光をどう利用すべきか等の「写真術」にも多く触れてあって、風景写真の良いテキストになってると感じました。

shasinjutsu2.jpgまた、NHKで放送された番組全回+αの映像(計3時間超)が収録されたDVDもついていてとてもお買い得な内容になっていると思います。

個人的には番組に出演されているいとうあいこさんの写真センスはなかなかのモノ(少なくとも僕などよりはずっと)と思います。
ビジュアル的にもとてもかわいい人なので見ていて気持ちがいいですw。
本の中には登場しませんけど。




▼「もっときれいに撮る デジタル一眼レフ写真術」
  を楽天でさがす

▼「もっときれいに撮る デジタル一眼レフ写真術」
  をAmazonでさがす

8コア標準マクプロ  2008.01.10 Thu

macpro80108.jpg超薄型MacBookも噂されていた2008年1発目のアップル新製品はMacProでした。

2.8GHzのXeon 5400を2基搭載し、これまでオプションだったクアッドコア×2の8コアが標準モデルとなりました。
他の仕様は2GBのECC付きFB-DIMM、320GB HDD、16倍速スーパードライブ、ATI Radeon HD 2600 XT(256MB)ビデオカードなど。

これまでBTOで8コア仕様にすると50万円を越えていましたから、そういう意味でずいぶん安くはなっています。
なってはいるんですが、標準構成の価格同士で比べると3万円ほどアップの34万9800円。うーん、やっぱiMacなどと比較すれば当然のこと、単純に現在の「パソコン」としても少々お高いかな。
ボディスタイルにまったく変更がない事もあって、なんとなく地味なモデルチェンジであります。

はたして4コア×2が実際の体感速度にどれだけ影響するのかも結構疑問持ってたりするんですよね。こうしたプロセッサ構成に対応した一部の作業以外は意外にかわらないというのがこれまでの経験則だったりしますから。
下位機種との差別化という側面も決して小さくないような気がしてます。


それはともかく僕もそろそろインテルMac、と言い始めてずいぶん経ちます。
でもカメラが欲しくなったりエアコンが壊れたり急な出費があったりして、なぜか買えないんですよ。。(+_+)
最近も軽自動車が欲しくなってきてたりして。


▼MacProを楽天でさがす(新着順)
▼MacProをAmazonでさがす
Mac Pro (Early 2008)をAppleStoreでさがす


超高速連写デジカメ  2008.01.09 Wed

casioexexf1.jpg昨年夏に試作機が発表されていたカシオの超高速連写デジカメが正式に発表されました

3月下旬発売予定のEXILIM PRO EX-F1というカメラがそれ。
一見するとパナソニックのLUMIX FZ50やフジFinePix S9100などと同じようなカメラに見えますが、その連写機能がまったく違います。

なんと600万画素をフルに使って60コマ/秒(!)。

しかもそれだけではありません。シャッターを押す前の画像を秒60コマ、最大60枚まで記録できるバスト連写、「液晶モニターに、実際の動きよりスローな画像で表示できる。まるで時の流れを遅くしたかのように、被写体の動きをゆっくり見ながら決定的瞬間でシャッターを押せる」という(なんだかよくわからない)スローライブ機能、そして通常のデジタルカメラの30fpsの10倍にあたる300fps、さらに600fps、1200fps(!!)で記録できるムービー機能など、一般用としては他に類を見ないスーパー機能てんこもりになってます。

機構がまったく違うため単純に速度による技術比較などできませんが、キヤノンEOS-1D Mark3やニコンD3の10コマ/秒や11コマ/秒なんてひどくスローなものに見えてきます。

1/1.8型CMOSを使ったレンズ一体型のネオ一眼タイプですから、それだけで「けっ」と一蹴するかたもいると思います。
でもこのEXILIM PRO EX-F1でしか撮れない写真は間違いなくあるでしょう。
レンズも36~432mm相当のズームですし、明るい場所での競技に限ればひょっとするとプロフェッショナルなスポーツフォトの世界でもこのカメラが使われることもあるかもしれません。
画質などはまだ不明ですけれど、この機能ならそんなもの些細なことでしょう。仮にひどい画質だったとしても我慢できると思います。

残念ながら動きモノをあんまり撮らない僕には予想価格の13万円は少々高価ですから、少なくともすぐに買う事はないかもしれませんけれど、こうした突出した機能を搭載したカメラには最大の讃辞を送りたいです。
素晴らしい。

FC2 Blog Rankingに参加してます。良かったら押して頂けると嬉しいです→


▼Casio EXILIM PROを楽天でさがす(新着順)
▼Casio EXILIM PROをAmazonでさがす

Prieaがうんこに  2008.01.08 Tue

prieaunchi.jpg以前ここにも書いて毎月利用させてもらってる無料写真サービスのPriea(プリア)ですが、今月22日からサービス内容が変更されるとのメールが届きました。

簡単に書くと、保存容量がこれまでの2GBから1/10の200MBに縮小、さらに肝心のプリント枚数は、月30枚だったものが月10枚に

上記リンク先のページには
------------------------------------
予測より急速に会員数が伸びており、写真のアップロード数、無料プリントの注文件数が大幅に増加しているため、サーバーおよびストレージに日々負荷がかかっている状況です。
Priea運営事務局としましては、今後できるだけ多くの会員様にPriea(プリア)をご利用いただきたいという思いがあり、以下の一部サービス内容を変更させていただくこととなりました。
------------------------------------
と書いてありますが、結局広告効果が得られず、スポンサーが離れていってるんじゃないかと邪推してます。


でもそんなのユーザーとしては知ったことじゃありません。
たった10枚じゃ友達に配ることなんかできないのはもちろん、普通に家庭用プリントとしても全然足りませんって。

サービス開始当初の月60枚(30枚×2回)から月30枚に変更されたとき、たしかサービスとプリント品質の向上という理由だったと思いますが、実際には何も変わらず使える枚数だけ減りました。
それでも30枚というのは1日1枚と考えれば、子供スナップのプリント用途として、なんとか許せる範囲でしたからまだよかったのですが、今回は文句言わせていただきます。

たった10枚なんて、うんこなサービスです。

詳しいことは知りませんが、いつの間にかページタイトルが「Priea × Cyber-shot」になってる事、L版プリントに入るソニー広告が先月あたりからえらくデカくなったこと等から考えれば、おそらく経営にソニーが入ってるんだと思います。

いやもうまさにクソニークオリティ。ここ10年ほどは徹底して僕の趣向と合わない製品とサービスをほこる会社ですな。昔は大好きだったんですが(+_+)。

もういいです。「無料」に期待することが間違ってるんでしょう。
さよならプリア。

FC2 Blog Rankingに参加してます。良かったら押して頂けると嬉しいです→


諫早市の俯瞰写真  2008.01.07 Mon

isahayafukan.jpgいつまでたってもGoogleEarthに高解像度衛星写真が登録されない我が長崎県諫早市

もしかして僕らの知らない国家機密施設でもあるのか?! などといぶかったりしますが、まさかそんなものあるはずもない田舎町です。
単純にGoogleから相手にされてないだけなんでしょうけど、やっぱり住人としては俯瞰写真を見てみたい。

あるんですね、ネットには。
あんまり利用したことのないYahoo!地図情報で写真が表示できるのを(いまさら)発見。
衛星写真じゃなく航空写真ですが、まあ同じようなものです。最新ではないものの、そう古い写真でもなさそうです。
せっかくなのでスクロールしながら画面キャプチャを繰り返して繋げましたよ(上の写真は縮小してます)。
ちゃんと僕の自宅も写ってます。当たり前ですが。
こうしてみるとほんとに田舎ですな(+_+)。

GoogleEarthに自宅写真がないとお嘆きのかた、一度見てみられてはいかがでしょう。


もうひとつありました。「国土情報ウェブマッピングシステム」です。
このサイト、少々インターフェイスがわかりにくいのですが、こちらにはなんと昭和49年の航空写真がありました。さすがに色あせてますが、実に興味深い。

ただ一番驚いたのは、真上から見る限りでは昭和49年の写真と現在の写真で、諫早全体の景色にそれほど大きな違いがなかったこと。
いやいや、つくづく田舎だわ(笑)。

FC2 Blog Rankingに参加してます。良かったら押して頂けると嬉しいです→


ものすごく強い液晶モニタ  2008.01.06 Sun

asusls201.jpg非常に硬くて傷が付かない液晶モニタがあるそうです。
ASUS LS201というモニタがそれ。

なんでもパネルの硬度は9もあるそうで、硬度10のダイヤモンドに近い硬さ(9と10の差は大きいそうですが)をもってるとかで、YouTubeに上げられている動画では、クギでひっかく、ハンマーで叩く、さらにボウガンで液晶を撃って、いかに強度が高いかをアピールしてます。

でもなんかへんな気がしないでもありません。
硬度が高いものって通常弾性は低いですよね。ダイヤモンドがそうであるように、ひっかき傷はできなくても叩いたら砕ける(割れる)のが普通では・・。

どういう事か僕にはよくわかりませんが、いずれにしても丈夫な事に間違いはなさそうですから、このパネルを使ったテレビなんかあると子供のいる家庭ではとっても有効だと思うんですけど、いかがでしょう。
これならWiiリモコンも絶対突き刺さりそうにありません。
どうして作らないんでしょうね。


▼ASUS LS201を楽天でさがす


嬉しくも悲しい同窓会  2008.01.05 Sat

dousou7102.jpg僕も幹事の1人として準備した、小学校のときのクラス同窓会を2日に行うことができました。

メンバーもさることながら良き先生にめぐまれたこの6年2組は、非常にまとまりが良く僕にとっても思い出深いクラスで、中学校、高校のそれよりも回数は多いくらいなのですが、それでも今回は10年ぶりとなる同窓会。
今回は先生のあるお祝いにかこつけた集まりです。

仕事や家庭の関係で1次会しか参加できなかった人、途中から参加してくれた人をあわせると40名中25名がかけつけてくれました。

いつまでも若々しい先生、トシとってもぜんぜん変わらない友達、すっかり丸くなった人、好きだったあの子。どれだけいても話は尽きません。
このクラスはやっぱり最高です。T先生最高です。子供の頃の友達は最高です。

残念なのは同窓生2人がすでにいない事です。彼らにもう会えないのが辛い。
10年前、彼らもまさか次の同窓会に行く事ができないなどとは思ってなかったことでしょう。
ほんとに明日をも知れぬ我が身です。「今」やりたいこと、やるべきことをするべきなんだと思います。

ふと気づくと、いつの間にか僕らは当時の先生の年齢を越えてしまっていました。

今日の写真(アポーな光)  2008.01.04 Fri


8102400a.jpg
機材:Nikon D300+LensBaby2.0
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

昨年末に引き続きLensBabyです。
今回は星形ではなくアップル型の絞りを作ってみました。
作り方は前回の六芒星型と同じですけど、ちっちゃい曲線なのでカッターでちまちま切り抜くのが結構面倒でした(+_+)。


8102400b.jpg
機材:同上

撮ったのは、チビたちがようやく片付けかけていたクリスマス用のファイバーツリー。
台座にライトと回転するセロファンが入っていて、色が変化するあれです。
予想どおり色がとってもきれいです。


8102400c.jpg
機材:同上



8102400d.jpg
機材:同上

これと上から2番目の写真(PowerMacが写ってるやつ)は、部屋の電灯をつけて、露出も長めにしたもの。


8102400e.jpg
機材:同上

やっぱLensBaby楽しい・・(笑)。


LensBabyで撮った写真を全部見てみる

「今日の写真」を全部見る

FC2 Blog Rankingに参加してます。
良かったら押して頂けると嬉しいです→


▼LensBabyを楽天でさがす
▼LensBabyをAmazonでさがす


▼NIKON D300を楽天でさがす
▼NIKON D300をAmazonでさがす
nikond300

2008年です  2008.01.01 Tue


8101400.jpg
機材:Nikon D300+LensBaby
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

あけましておめでとうございます

・・と書いてますが何がめでたいのかよくわからないまま、また新しい年がやってきました。
時間のたつスピードは二次曲線を描いて年々加速していってるかのようです。

光陰矢のごとしなんていうことわざは、ある程度トシとらないと実感できません。
こういうこと書いてる事自体、もうオッサンです(笑)。

今年もそこそこによろしくお願いします。

「今日の写真」を全部見る

FC2 Blog Rankingに参加してます。
良かったら押して頂けると嬉しいです→


▼LensBabyを楽天でさがす
▼LensBabyをAmazonでさがす
nikond300