fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 2008年01月17日

マクブク エアー  2008.01.17 Thu

macbookair8116.jpg昨日のMacWorldで出たのはMacBook Airでした。

写真で見るとおり非常に薄い。横から見ればレインドロップ型になっていて後方が厚くなっているのですが、それでも最も厚い部分で1.94cm。うたい文句によれば「世界で最も薄い」そうです。
四方は斜めに削られていてその数値以上に薄く見え、とってもスマートでカッコいい外観です。

いつも持ち歩く人にとって薄さ以上に嬉しいのはその軽さでしょう。1.36kgという重量は、Windowsのサブノートには特に珍しくもない重さだと思いますけど、MacBookが2.27kg、MacBook Proの15インチが2.45kgですから、この1kg前後の違いは大きいですね。

スペックのほうは、13インチワイド液晶(MacBookと同じ解像度)にIntel Core2Duo。標準モデルで1.6GHz、2GBメモリ(増設不可)、80GB パラレルATA(もしかして昨日書いたようにiPodと同じサイズ?)となってます。

アップルストアで売られる上位モデルはCPUクロックが1.8GHzになるほか、HDDのかわりに64GB の「ソリッドステートドライブ」つまりフラッシュメモリによるドライブとなり、噂されていたノースピンドルを実現しています。
ただし、標準モデルの229800円にたいして388400円とかなり高価ですね。

しかしそれよりも思い切ったなぁと感じるのが入出力ポートです。
MacBook Airにはオーディオ出力と外部モニタ用DVIポートをのぞけば、USBポートが1つあるだけ。
FireWireもなければイーサネットポートもありません。

DVDドライブもないので、ソフトのインストールや他のMacからの環境移行、そしてLeopardのTimeMachine機能などはどうするのかと言うと、ぜんぶワイアレス(無線LAN)でやってしまおうという考えのようで、無線ルータであるAirMacベースステーションとHDDを合わせたようなTime Capsuleという製品も同時に発表されてます(これいいですね)。
DVDドライブはUSB外付けのほか、別のMacやWindowsPC内蔵のドライブを無線LAN経由で利用できるようです。

トラックパッドがiPod touchのような2本指での操作(拡大縮小など)にも対応している事が新しいところですが、実はボディの薄さと軽さ、そのための機能割り切り以外にはそれほど目新しさはないようにも感じられたりしてます。


まさに持ち運び用のサブ機という感じのMacBook Air。
格好良いのですけれど、Macを持って出ることはあんまりない僕には、性能と利便性、そして価格の面で普通のMacBookのほうが適してるような気が・・。


▼MacBook Airを楽天でさがす
▼Macbook AirをAmazonでさがす
MacBook AirをAppleStoreでさがす


▼Apple Time Capsuleを楽天でさがす
▼Apple Time CapsuleをAmazonでさがす
▼Apple Time CapsuleをAppleStoreでさがす

スポンサーサイト