fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 2008年01月19日

他人の携帯を見るか  2008.01.19 Sat

keitaiaisite.jpg最近知り合いから、奥様から浮気の嫌疑をかけられ、携帯をチェックされたと聞きました。

そのときメールのチェックが終わったと思ったら、奥様は文章を打ち始めたそうです。
知り合いはその意味がわからずただ見ていると、かなを1文字打ってから決定キーを連打。また別のかなを1文字打って連打。
そうなんです。知り合いがどんな文章を打ってたかを確認されてたのでした。

最近の携帯の日本語変換は、推測変換と決定語句の履歴保存によって省入力で便利に使えるようになってますが、その副作用として、ちょっといじるだけで持ち主がどんな言葉を打ってたか結構わかってしまいます。
Winny等による情報流出を持ち出すまでもなく、便利さと危うさは諸刃の剣ですな。


それはさておき、ひとの携帯をチェックするってどうなんでしょう。

「設定やって」などと言われて他人の携帯をさわる機会は僕もときどきあります。でも持ち主に「これ見て」と頼まれないかぎり、絶対にメール履歴やアドレス帳などは開きません。「見てもいいよ」と言われてもです。もちろん必要がない限り文字も打ちません。

たとえどんな親しい間柄の彼氏彼女や夫婦だったとしてもやっちゃいけないと僕は思ってます。最低限のマナー、いえそれ以前とさえ考えてますから。
当たり前といえばそのとおりなのですが、それができない人も結構いるようです。


知り合いには何もやましいところはなかったのでそれで戦争勃発なんて事にはなりませんでしたが、ほんとに何かあったらどうするんでしょう。

ま、夫婦間のことは他人がとやかく言うことじゃありませんし、若いころなら僕も「何でも知りたい」と思っていたかもしれません。
でも少なくとも今は違います。
携帯チェックに限ったことじゃなく、人には知らないほうがいい事もたくさんあるんだと思ってます。知りたくないことを知ってしまったら、多くの場合悪いほうにころがってしまうでしょう。だったら知らぬままがずっとマシです。

こう思うのって、トシとって守りに入ってるからなんでしょうか。。
そうじゃないと思いたいです。
そしてそれ以上に、疑うことから始めるって何か寂しいです。
携帯チェックはこれからもしたくありません。


PS. ちなみに上の写真はこのために作ったものです。「あ」で「愛してる」なんて僕の携帯の推測上位には出てきませんので念のためw。
スポンサーサイト