fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 2008年02月16日

対応カメラが増えたiPhoto  2008.02.16 Sat

iphotoraw8212.jpgMacOS X10.5"Leopard"の10.5.2アップデートに伴い、iPhoto'08でRAW対応できるカメラが増えました。
ここに一覧があります。主なところとしては、

・Canon EOS 1Ds Mark III
・Nikon D3
・Nikon D300
・Sony α700
・Canon Powershot G9

このあたりでしょうね。

もちろん個人的にはようやくニコンD300に対応してくれた事が嬉しい。
デジカメのデータはiPhotoで一元管理したいと思っていますからこれは朗報です。
現在、D300に関してはRAW+JPEGで撮ってますが、これまでJPEGだけしかiPhotoで読み込むことができなかったんです。

また、Apple製RAW現像ソフト「Aperture」のバージョン2.0も発表されてます。
Nikon CaptureNXほどではないにせよ、動作の重さが気になる(お試し版を使っただけですが)ソフトでしたが、リンク先の記事によると、今回の2.0ではAdobe Photoshop Lightroomより処理が高速とのこと。
期待できるソフトかもしれません。
ただ、最新カメラへの対応はOSそのもののアップデートのついでではなく、それだけを素早くやってほしいところですね。

ところで今回の10.5.2アップデータ、343MBもあるんですが公開直後に1分ほどでダウンロードできました。
実効50Mbpsくらいの計算でしょうか。もちろん光フレッツのカタログ数値には遠く及びませんが、いや、それにしても早くなったものです。


iPhotoとは関係ありませんけど、D300の最新ファームウェアVer.1.02(ダウンロードページ)が公開されてます。
8秒より遅いシャッター速度で撮影した場合、撮影画像に縦線が発生することがある不具合を修正したそうです。そんな不具合ぜんぜん知りませんでしたがw。

FC2 Blog Rankingに参加してます。良かったら押して頂けると嬉しいです→


▼Mac OS X Leopardを楽天でさがす
▼Mac OS X LeopardをAmazonでさがす
Mac OS X LeopardをApple Storeでさがす


▼iLife '08を楽天でさがす
▼iLife '08をAmazonでさがす
iLife '08をAppleStoreでさがす


▼Apple Apertureを楽天でさがす
▼Apple ApertureをAmazonでさがす
Aperture 2をApple Storeでさがす



スポンサーサイト