fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 2008年08月01日

立腹  2008.08.01 Fri

申し訳ありません。
我慢の限界が近いのでちょっと愚痴を書きます。
胸くそ悪い言葉と内容ですので、読んでいただかなくて結構です。
文字にすることで、少しだけでも自分の気持ちを落ち着かせたいだけです。



















世の中にはいろんなヒトがいます。
出会うヒトの中にはたまたま自分とはまったく合わない性格のヒトが存在します。

どうしても「いい子ちゃん」ぶってしまう(僕がもっとも嫌う偽善的な)ヒト、いつも自分は正しいと思って疑わずそれを他人に押しつけるヒト、何でも知ってるつもりで上段から話すヒト、相手の気持ちや立場になって考えることができないヒト、自分は正義のヒーローや悲劇のヒロインと心のどこかで思ってるヒト・・・。

そして一番問題なのが、本人がそれに気づいてないことです。
「私はいつも他人を気にかけて、優しく大きな心で付き合っているんです」と勘違いをしていることです。


必要のないことにもすぐ首をつっこみ、自分のいないところで知人たちが楽しんでいることが気に入らず無理矢理入って来ようとするうえ、ひとが迷惑だと感じてることに気づかない。
自分がいちばんかわいいのは誰でも同じですが、それを認めず、自分のやりたい事をやってるだけなのに他人にも自分自身にも正当化して「みんなのため」などと信じ込む。

他人の言葉は冗談や勢いで言ったものまで自分の都合のいいように脚色しながら覚えていて、あとで「こう言っただろう」と責める一方で、自分の言葉は都合が悪くなると言わなかったことにし、平気で真逆の言葉に言い換えもする。
自分が楽しいときは他人も楽しくすべき、自分が辛いときはみんなも辛そうにして気遣ってくれるべきと思ってる。

そしてそんな時は「ここだけの話だから誰にも言うなよ」と前置きしたうえで、言わなくていい事を第三者に(脚色入りで)ペラペラしゃべる。自分の味方になってほしいって気持ちからなのは間違いありませんけど、これなんかは友人・知人以前に「人」として最低限おかしてはならないルールなはずです。
しかし自分のしてる事を客観的に見ることができないから、それが良くないことだと気づけない。


結局すべて自分が中心でないと気が済まないのです。自分が楽しくなければひとの邪魔をする。
しかもそれこそ正しいことと思っているから、何らかのトラブルが起これば、それはすべて100パーセント他人のせい。
またそういう状況では、仲間のなかで中立の人物を見つけ言葉たくみに誘導して自分の味方につけるが、そのことで仲間のあいだに問題が起こる事には気づかないふりをする。



この半年ほどこういう事に悩まされ続けてます。何度こちらが折れても、自分がしてることの否に気づいてくれず同じことを繰り返されています。
もしそのヒトにこれを話すことがあれば間違いなく即座に反論するでしょうが(そして自分の主張が通るまで何をどうやっても折れないでしょうが)、それがすでに他人の気持ちを理解しようとしていないという事なんですよ。


考えると手が震えるほどの怒りがこみ上げてきます。


以前は信用できる人物でしたし、ある面では尊敬もしていただけに本当に残念でなりません。
何がそうさせてしまったのか。
もちろん散々悪口を叩かれたわけですから、こちらの側にも否はあるのでしょう。上に書いた事と同じようなところがこちらにもあるかもしれません。
こちら側のせいだったら土下座してでも謝るつもりです。

ですが現在のそのヒトと僕が相容れない性格であるということは間違いのない事実です。
それぞれの存在が、互いの気持ちを乱すことにしか作用しません。

だからもう放っておいてください。こちら側のテリトリーに入ってこないでください。
他人にだけでなく、自分自身にもウソをつき続けてることに気づいてください。

(この記事にはコメントもトラックバックもつけられません)
スポンサーサイト



Lightroom2.0発売決定  2008.08.01 Fri

lr28730.jpgアドビが、Photoshop Lightroom2.0を9月中旬に発売すると発表したようです。

Lightroomは近年出てきたアプリケーションの中で僕が一番気に入ったソフトです。これがあるかないかで写真データの扱いの楽しさや表現が全然違ってきますからね。

新機能の詳細は公式ページを見てもらうとして、僕がもっとも期待しているのは「補正ブラシ」です。

RAW現像ソフトは画像全体を調整・補正していくのが基本で、部分調整ができるのは僕の知るかぎりNikonのCapture NXしかありません。
これまでのLightroomもそれはできず、部分的に調整したい場合は書き出したあとPhotoshopなどの別のレタッチソフトを使う必要がありました。
今回2.0で「補正ブラシ」による部分調整がサポートされたことは大きいです。

Adobe Photoshop Lightroom2.0の価格は、通常版が33600円、アップグレード版が11340円。ダウンロード版はそれぞれもう少しだけ安いようです。

もし同じ時期にPhotoshop CS4が出たとして(出ませんけど)、どちらか片方しかアップグレードできない状況だとしたら、僕は間違いなくLightroomのほうを選びます(^_^)。


AppleのRAW現像ソフト「Aperture」のほうは2.1.1アップデータが出てました。


▼Adobe Photoshop Lightroomを楽天でさがす
▼Adobe Photoshop LightroomをAmazonでさがす