fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 2009年05月

今日の写真(ひとやすみアーゴ)  2009.05.31 Sun


9530400.jpg
機材:Nikon D300+AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

うちのアーゴです。

最近、時間のあるときにチビ2人と庭に出て猫と遊んでるんですが、その時に必ず顔を出すのが「5番」とこの「アーゴ」、そしてたまに欠席する「4番」です。
他の猫と一緒のときは相変わらず『私はおとなだから』というポーズをするアーゴ。これは遊びの合間に、ちょっと休憩してるところです。


アーゴは僕のことが大好きなので(笑)冬は毎日僕の部屋に来て寝てたんですが、最近はあんまり来なくなりました。
気温が上がったせいだけじゃなくて、部屋のとなりの物置の隅で別の猫が4匹の子猫を産んだんです。
猫って動物は、自分が産んだ子供でないかぎり子猫や人間の子供を苦手とすることが少なくないんですね。
一昨日その4匹の子たちを別の場所に移したので、また来るようになるかな?

「今日の写真」を全部見る


▼NIKON D300を楽天でさがす
▼NIKON D300をAmazonでさがす


▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8Gレンズを楽天でさがす
▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8GレンズをAmazonでさがす

nikond300
スポンサーサイト



crocsの小銭入れ  2009.05.29 Fri

crocsprs9528a.jpgクロックスの新製品「KEY COIN PURSE」を買いました。

その名のとおり小銭入れです。
チビ2人も欲しいと言ったので3つ。

家族だけでなく友達も気に入って履いてるcrocsサンダルと同じ素材でできてます。



crocsprs9528b.jpgお金を入れてみるとこんな感じ。
開いたフタ部分に小銭を出して選べるので結構使いやすそうです。

この写真には写ってませんが、首にかけられるストラップ(取り外し可能)には、カギを1本とめておけるストッパーがついてます(1枚目写真の四角い部分)。
ちょっと近所のコンビニまで出かけるときに便利かもしれませんね。



crocsprs9528c.jpg裏面はcrocsのサンダルと同じパターンが加工されてるのがちょっとかわいい。

また、装飾用のジビッツを取り付けることもできます。




crocsprs9528d.jpgこれは今缶コーヒーの「ジョージア ウルトラ微糖」におまけでついてるクロックスのマスコットキーホルダーです。

今回は比較的新しいモデルが5種類あるようですが、僕が愛用してる「オフロード」の黒があるのが嬉しいところ。




▼CROCSキーコインパースをさがす


▼CROCSシューズを見てみる

今日の写真(夏草色)  2009.05.28 Thu


9527400.jpg
機材:Nikon D300+AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

元は貯水用のため池。
水がなくなったその小さなコンクリート製のプールに、まわりの植物が侵食し完全に覆っていたので一部を切り取ってみました。

頻繁に見る場所なので、ここでも季節のうつろいを感じます。
今はもう夏の色ですね。


「今日の写真」を全部見る


▼NIKON D300を楽天でさがす
▼NIKON D300をAmazonでさがす


▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8Gレンズを楽天でさがす
▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8GレンズをAmazonでさがす

nikond300

谷本光さん再び  2009.05.26 Tue

thikaru9525.jpg3月にたらみ図書館で観た(聴いた)トリッキーなギター、もう一度観たいと思っていたら、このブログを読んでくれたある方から耳寄りな情報を頂きました。
ギタリスト谷本光さんが再び長崎に来られるというのです。

会場は長崎市の眼鏡橋にほど近い「豆ちゃん」というカフェ。

30~40人も入ればいっぱいいっぱいのお店ですが、それだけに前回の図書館より近い距離で見ることができました。

僕なんかが言うのもあれですが、やはりこの人のギター演奏は素晴らしい。
テクニックに優れているギタリストはたくさんいますが、独自の奏法はもちろん曲のアレンジで彼のようなオリジナリティを出せるのは希有な存在でしょう。
だからこそ24歳という若さで谷村新司、夏川りみ、渡辺美里、平原綾香などそうそうたるアーティストと共演したり、SEGAのゲーム音楽に参加したりと活躍されてるんですね。

とはいえご本人はいたって普通の気さくな青年。
今回はカフェのオーナーのはからいで、ライブのあと懇親会があり(もともとは内々の会の予定だったようですがw)僕も少しだけ参加させてもらい、ライブに加えて食事や会話も楽しむことができました。

上の写真はその懇親会でのものです。ほんとは演奏中に撮りたかったところですが、さすがに遠慮しました。観るのと聴くのに集中してたこともありますがw。
(もし肖像権云々で問題あれば削除しますので、おっしゃってくださいね>谷本さん)

また秋に長崎でライブをやる予定があるとのこと。
都合がつけばまたぜひ行きたいと思ってます。


関係ないけど26日は僕の誕生日。
「またひとつトシをとってしまいました」という言葉をこのブログで書くのも初めてじゃないはず。
谷本さんの若さがうらやましく感じる年齢になってます(^_^;)。
過ぎてわかりますね、時間の大事さが。


▼谷本光のCDをAmazonでさがす

今日の写真(雑草の花)  2009.05.24 Sun


9523400.jpg
機材:Nikon D300+AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

庭に咲いていた直径1センチにも満たないような小さな花。
もちろん名前など知りませんが、普段は見過ごしてしまうという意味では雑草といえるでしょう。

でもとてもきれいです。


「今日の写真」を全部見る


▼NIKON D300を楽天でさがす
▼NIKON D300をAmazonでさがす


▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8Gレンズを楽天でさがす
▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8GレンズをAmazonでさがす

nikond300

PENTAX K-7出たー  2009.05.21 Thu

pntxk79521.jpg
どおり「K-7」がペンタックスから正式発表されました(製品ページはここ)。

ペンタックスのデジタル一眼としては初のマグネシウムボディを採用。もちろん防塵防滴仕様。

そのスタイルはK10D・K20Dよりも直線的でコンサバな印象。無難だけど悪くないですね。
サイズは横幅で9mm、高さで4.5mmほどコンパクトになってます。
全体として、より往年のペンタックスらしくなったと言えるかもしれません。

その他の注目すべき点を列挙してみると、

●ファインダー視野率100%
●3型高精細液晶モニター(92万ドット)
●ライブビューでのコントラストAFと顔認識の追加
●5.2コマ/秒の連写
●1/8000秒までの高速シャッター
●動画機能追加
●電子水準器
●「自動水平補正」と「構図微調整」機能の追加
●ゴミ取り機能が、超音波振動による「DR II」に
●HDR合成やカスタムイメージ「ほのか」等デジタル処理機能の追加
●バッテリーの持ちの改善

などなど、ボディの形状や材質変更と同様に、K10DからK20Dの時よりも大きな変化になってると思います。

なお、画素数やAFセンサー数に変化はないものの、「光源を別センサーで検知することで情報量を増やし、従来より正確なAFを可能と」しているそうです。
AF速度はやはりキャノンやニコンの超音波モーターレンズ使用時ほど早くはないと思いますけど、風景用としてならそれほど問題はないですものね。


なかなかに素晴らしいじゃありませんか。
個人的には、これでバリアングル液晶が付いてたら言うこと無しだったんですが。

デジカメWatchの記事では予想価格がK-7ボディのみで13万円前後とありますが、通販の予約ではレンズキットでそのくらいの値段、ボディ単体だと11万円台中頃になってる店もあり、K20Dの発売時よりも安いという思い切った価格になってます。

う~ん、やっぱり惹かれるなぁ、ペンタックス。


また、同時にリーズナブルな標準ズームと望遠ズームが簡易防滴仕様となって発売されるようです。

DA 18-55mm F3.5-5.6 AL WR
DA 50-200mm F4-5.6 ED WR

この2本。「WR」が簡易防滴の印みたいですね。
K-7レンズキットにはこの18-55mmのWRが付属するということ。


▼PENTAX K-7を楽天でさがす
▼PENTAX K-7をAmazonでさがす


もんはんG  2009.05.20 Wed

msg9517a.jpg

Wiiの「モンスターハンターG」っていうゲームをやってます。

オフラインで1人で遊ぶことも、オンラインで友達と一緒にすることもできるゲーム。
普通のRPGとはちょっと違ってて、自分自身のHPとかが増えるわけではなく、武器と防具を強化して強くなる感じ。
また魔法などもなく、道具でそれを補います。
武器や防具は買う(もちろんゲーム内通貨で)こともできるし、素材+安い金額で作ってもらうこともできます。

でもいちばん違うのは、ゲームの基本的な仕組みでしょう。
自分は、ある1つの村(オンラインの場合は「街」ってことになってます)にいて、自分の家があります。
そこの村長から、『***ってモンスターをやっつけてきてくれ』とか『モンスターの卵を持ってきてくれ』みたいなお願い(クエストという)を受けて、30~50分という限られた時間内にその指令をクリアするというのがその内容。
こういういろんなクエストを繰り返すわけです。

ファイナルファンタジーX(だったかな)のような広~いひろい1つのマップがあってそこで自由に過ごすというのではありません。
指令を終えたら元の村に勝手に戻ります。

オンラインも基本的に同じ。「村」が「街」になるだけです。
もちろんクエストの内容は違っていて、1人でやるオフラインモードより難しくなってますが、最大4人でこなしていけるので、人数によってはむしろこっちのほうがラクです。
それに何と言っても1人よりずっと楽しい。


「街」はパラレルワールドのようにたくさんあり、1つの街には8人までしか入れません。僕らがやるときは人数の少ないサーバを選んで入ることもあって、自分たち含めてせいぜい4~5人いるくらいかな。
だからFFみたいに会話がごちゃごちゃになる事もありません。

また、モンスターとのバトルも文字による戦闘ではなくて、切ったり叩いたり撃ったりするアクションなのもFFとは違うところ。
正直、上手とは決していえない僕ですが、今のところそこそこにはやれてます。


msg9517b.jpg


「クエスト」をたくさんこなしていくゲームなので、オフライン、オンラインともに比較的短い時間ではっきりした区切りができるわけで、僕にとってはこれがかなり重要です。
FF10ではやる事がわからず、また1人ではレベル上げることもできず挫折しましたが、これならある程度まではできそうです(と言いつつ、1人プレイのほうはすでに壁に当たってますが・・)。

今、よく遊ぶ仲間は「大剣つかい」のE氏と「大鉄砲つかい」のEさん、そして「ハンマー(か片手剣)つかい」の僕の3人。
誰かもう1人やりませんか??
スカイプで話しながらやるので(必須じゃありません)、できればリアルで僕を知ってる人で長崎弁を解する人がいいなw。
「あの素材欲しいから次このクエスト行こう」とか「だー 死ぬー」とか「やられたー」とか「腹減った(リアルで)」とか「コーヒーいれてくる」とか、話しながら遊ぶと結構楽しいですよ。

一時的にでもいろんな厳しい現実を忘れられます(^_^;)。いや、まじで。



▼モンスターハンターGを楽天でさがす
▼モンスターハンターGをAmazonでさがす


▼任天堂 Wiiを楽天でさがす
▼任天堂 WiiをAmazonでさがす


今日の写真(ヘビイチゴ)  2009.05.17 Sun


9517400a.jpg
機材:Nikon D300+AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

庭にたくさん生えていたヘビイチゴ。
ヘビって名前ですけど、食べられます。全然美味しくないけど。


9517400b.jpg
機材:同上



9517400c.jpg
機材:同上

そういえば子供のころは通学路にも校庭の隅にもよくあった(そして食べてたw)野いちごは全然見かけなくなりました。


「今日の写真」を全部見る


▼NIKON D300を楽天でさがす
▼NIKON D300をAmazonでさがす


▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8Gレンズを楽天でさがす
▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8GレンズをAmazonでさがす

nikond300

ボーイジョージとフェラーリ  2009.05.15 Fri

特に書くことがないので、最近ちょっと気になったニュースを2つ。


フェラーリがF1撤退か?!

今年、大幅なレギュレーション変更で勢力図が180度くらい変わってしまっているF1。
来年からはチームの年間予算に関する制限を設けることになってます。
60億円ほどの上限を設定し、この予算内でやりくりするチームには「回転数無制限のエンジン、シーズンオフの無制限テスト、スケールと速度の制限なしの風洞試験が許される」そうです。
オカネをたくさん使ったチームはそれら特典が得られない。つまり低予算のチームを優遇する措置。

これに対してフェラーリが、「こんなのやるんだったらF1やめる」と言ったそう。

フェラーリはF1コンストラクターの中でも1、2を争う予算を投じているチームです。
同様に予算が潤沢なトヨタとレッドブルも同様の発表をしているとか。
『ワガママ言ってこの規則をやめさせようぜ』という、某国の外交政策と似たようなものですね。

まあ、F1を統括運営するFIAの(いつもの)勝手さ・横暴さと、どっちもどっちでしょうか。

毎度いろいろダダこねますが、フェラーリは同時にFIAに一番「近い」チームでもあります。
ここだけはF1やめないと思いますけどねぇ。



これ誰?

知人男性監禁の罪で服役していたボーイ・ジョージが仮釈放されたそうです。
ボーイ・ジョージといえばカルチャー・クラブ。

 ♪ドゥーユーリーリーウォントゥ ハートミ~
  ドゥーユーリーリーウォントゥ メイクスミークラ~イ

ですよ。
心地よい軽めの楽曲に加えて女性的なメイクと衣装で、一気にスターダムに登りつめ、短い間ではあったけど強烈に印象を残したバンドのボーカル。

そのボーイ・ジョージ、あの頃とは風貌がまったく変わってしまったとは聞いてましたが、これほどとは・・。

boygeorge9515.jpg


トキノナガレとはおそろしいものです。
もしかして僕もこれくらい変わってるんだろうか。
いやいや、そんなことはない(はず)。

今日の写真(軍艦島見学)  2009.05.14 Thu


9513400e.jpg
機材:Nikon D300+VR Nikkor 18-200mm
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

一昨日書いたとおり軍艦島です。
いや、ほんとに写真の撮りにくい見学ツアーで、その行動範囲の狭さもあって僕のセンスや腕ではろくな写真が撮れませんでした。
いつもより枚数多めにアップしますが、「作品」などと見るのではなくて、ツアーの雰囲気を少しだけでも感じていただけたらシアワセです(^_^;)。


9513400a.jpg
機材:同上

端島がもっとも軍艦らしく見える右舷より。
船はこの反対側に着くので、この角度は帰り道に見ることができます。
ただし、船のデッキのこちら側にはツアー客が群がりますので、最前列を確保しないと写真はなかなか撮りにくいです。
これもカメラ持った手をめいっぱい伸ばして撮りました。


9513400b.jpg
機材:Nikon D300+TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

上陸してすぐの地点から。


9513400c.jpg
機材:Nikon D300+VR Nikkor 18-200mm
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

「軍艦」としての先端近くにあるアパート群。
特に右側の建物は築90年以上だそうで、これを補修して保存するか、ありのままにしておくか検討中とのことでした。


9513400d.jpg
機材:同上


9513400f.jpg
機材:同上


9513400g.jpg
機材:同上

1時間の上陸は、あっという間でした。
前回も書いたように、さわりだけの「軍艦島見学ツアー」ですが、それなりの意味はあるかと思います。
もう少し中に入ることができるなら(無理でしょうけど)是非また行ってみたいところです。



gunkanjimapns.jpg
最後に、軍艦島左舷からのパノラマを置いときます。
5枚を合成しサイズを半分にしたもので、クリックすると7238×1340ピクセルの画像が開きます。
ブレてる写真もあって、クオリティは上の写真と同様、それなりですが。


「今日の写真」を全部見る


▼NIKON D300を楽天でさがす
▼NIKON D300をAmazonでさがす


▼AF-S DX VR Zoom Nikkor
 ED18-200mmF3.5-5.6G(IF)を楽天でさがす

▼AF-S DX VR Zoom Nikkor
 ED18-200mmF3.5-5.6G(IF)をAmazonでさがす


▼TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II を楽天でさがす
▼TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II をAmazonでさがす
nikond300

軍艦島に行ってきた  2009.05.12 Tue

gunkan9511c.jpg

軍艦島に行ってきました。
数十年前まで炭坑で賑わった島ですが、閉山後人は住んでいません。
廃墟マニアの人たちは以前から「こそっと」上陸していたようで、ネットで検索すれば素晴らしい写真がたくさん見つかります。

ごく最近正式に上陸が許され僕みたいな一般人も渡れるようになったので、僕もここに予約して見学してきました。

正式な名前は端島といい、その外観が軍艦に似ていることから一般にそう呼ばれている島です。


gunkan9511a.jpg長崎の大波止から船に乗ります。
これがその「マルベージャ」号で、200人ほど乗れるようです。
予約は必須ですが席はすべて自由席なので、2階の一番前や、船酔いしやすい人はデッキ(屋根はあります)にいるといいでしょう。
1時間ほどで軍艦島に到着します。


gunkan9511b.jpg見学者はこの札を首にさげておきます。

下のチケットは、おそらく県か市発行の「長崎市端島見学施設利用券」。
乗船前にまとめてやってくれてもいいだろうに、上陸時に半券切られます。


gunkan9511d.jpg内容はまさに「見学」。
200人を2班に分け、3つの展望所(というか、ただ通路が広くなってる所)を時間差でまわります。

ただでさえ上陸時間が1時間と短いのに、この写真のような「解説」が結構な時間(その間はちゃんと聞いてないといけない雰囲気です。解説そのものの内容は悪くないのですが。)あって、それが終わるとすぐ「次の展望所に移動してください」と言われてしまい、写真を撮ることさえままなりません。


gunkan9511e.jpgまた、実際に動けるのは外周の一部に沿って新たに舗装されたこういう「通路」のみ。ちょっと興ざめかもしれません。
軍艦島の周囲の6分の1くらいの距離(船で言えば左前方から先端あたり)のキレイな舗装の通路を歩くだけ。
また広くはない道なので立ち止まっているとヒンシュクを買いそうです。

そういうわけで、歴史的意味のある人工島に行けたことの意味は感じつつも、実際には「さわり」だけ見る程度ですから、まぁ予想していたとはいえ少々残念感ただよう上陸というのが正直なところ。

もちろん危険性を考えれば、今にも崩れそうな瓦礫に一般人を入れることはできないでしょうし、世界遺産にもなるかもしれないこの施設をこれ以上荒らされたくないという事もあるでしょう。
短くて狭い通路の柵を隔ててしか見られないことも仕方ないかもしれません。

でもせめて「解説」のあと10分でもいいからゆっくり眺めたり、写真撮ったりする自由時間は欲しかった。

僕はろくな写真は撮れませんでしたが(そのつまらない写真も一応後日アップしますね)、上手い人はそれでも良い写真を撮ると思います。
しかしながら先述したように、じっくり撮ることは不可能です。

もしこうしたツアーで軍艦島に行き写真を撮りたいと思うのであれば、レンズは最小限(できれば1本のみ)におさえ、標準~望遠を主に考えたほうがいいかもしれないです。
残念ながら通路からでは広角で撮るような場所はほとんどありません。
言うまでもなく三脚は不要、というか他人の邪魔になるだけです。
また僕の場合チビたちを連れていったこともありますが、歩きながら撮ることのほうが多かったくらいですので、手ぶれ補正機能のあるカメラやレンズがおすすめです。

「軍艦島に上陸する」という事そのものに意味を感じて行くべきツアーですね。
写真を撮りたいとか、廃墟を散策したいなどという理由では参加しないことをおすすめしますw。

・・・と読み返すと、なんだか行って後悔してるような文章ですが、いえ、そんなことはありません。
Tシャツ1枚でも暑かったですけど、チビたちと楽しい時間が過ごせました。


→続き「今日の写真(軍艦島見学)」を見る

PENTAX K-7?  2009.05.10 Sun

pnttzr9508.jpgペンタックスが新型デジタル一眼レフのティザーサイトを公開してますね。

巷で「K-7」と噂されてるそのカメラ、PENTAXの人は「違う」とおっしゃってますが、事実上K20Dの後継機となるはずです。
とはいえ、K10DからK20Dへのときよりも大きな変化を期待してよさそう。
外観だけとってみても、この画像ではこれまでのK10D、K20Dとはまったく異なる直線基調のデザインになっているようですし、それらよりコンパクトそうに見えます。
今月21日の発表が楽しみですね。


K10Dを手放してだいぶ経ちますが、やはりいまだにペンタックス機には惹かれてます。
ノイズが少ないとか高画素というわけではありませんけど、繊細な描写と独特の色はニコンとはまた違った魅力があります。

でもそれだけじゃないんですよ。
なんていうのかな、「趣味のアイテム」としての魅力があるんですね。ボディもそうだしレンズもそう。
たとえ実用としては多少劣っていても、それは僕の使い方ではそんなに問題になるわけじゃない(高感度画質だけはほしいとこですけど)。
レンズや画質のアラを探すために写真撮ってるわけじゃないですから、独自の描写、ちょっとした便利さや所有欲を満足させる工夫、質感などプラスアルファの部分も僕にとっては重要です。
ソツのない美しい画像やF4通しのズームなどには大きくひかれつつも、デジタルのキヤノン機に手を出さないのは、(経済的理由をのぞけばw)実はこれも一因だったりするわけです。


趣味は自分自身が楽しむことがいちばん。
写真趣味では高い画質を追い求めることもひとつの道なら、高級カメラ、レンズを集めて愛でるのも一道、そして細かいことは気にせずライトな感覚で写真遊びをするのもアリです。
ストイックなものだけが趣味ではないと思ってます。

そんなわけで趣味は気楽にいきましょうw。

今日の写真(一輪)  2009.05.08 Fri


9508400.jpg
機材:Nikon D300+AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

庭に一輪だけ咲いている小さな薔薇。

これは当時小学1年生だったチビ1号がインフルエンザで寝込んでるとき、僕がどこかで買ってきた安物の鉢植えを妻が庭に植えたもの。
以来、特に世話をしてるわけでもないのに律儀に毎年花を咲かせています。

チビ1号ももう6年生。早いものです。

「今日の写真」を全部見る


▼NIKON D300を楽天でさがす
▼NIKON D300をAmazonでさがす


▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8Gレンズを楽天でさがす
▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8GレンズをAmazonでさがす

nikond300

今日の写真(5000万画素の大波止)  2009.05.06 Wed


先日の帆船まつりの日、夕方に対岸から撮った写真をパノラマにしてみました。


ohato9505s.jpg

クリックすると原寸で表示されます。


20411×2485ピクセルで5000万画素強のデータで11.3MBほどです。
1200万画素のNikon D300で撮った6枚の写真を繋げていますが、重ねている部分があるのはもちろん、望遠の手持ち撮影なので上下にもかなりズレがあり、合成後矩形に切り取るとこのサイズになりました。

そのうち上下左右に繋げて2億画素とかの(パノラマじゃない)写真でも作ってみようかな。
そういう景色をみつけられればですが(^_^;)。


さて、この不況で長い休みのところもあるみたいですけど暦のうえではGWもそろそろ終わりですね。
僕はこの3日ほど、なぜか身体がだるくてやたらと眠い。
五月病でしょうか(+_+)。


▼NIKON D300を楽天でさがす
▼NIKON D300をAmazonでさがす


▼Nikon AF-S VR Zoom Nikkor
 ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)を楽天でさがす

▼Nikon AF-S VR Zoom Nikkor
 ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)をAmazonでさがす

nikond300

今日の写真(スズラン)  2009.05.04 Mon


9502400a.jpg
機材:Nikon D300+AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

庭の日陰でひっそりとスズランが咲いていました。


9502400b.jpg
機材:同上

とても可憐で美しい花ですが、スズランはどの部分をとっても強い毒を持っているそうで、1本食べれば人はもちろん牛でも死んでしまうとか。
こわいですね。。


「今日の写真」を全部見る

FC2 Blog Rankingに参加してます。
良かったら押して頂けると嬉しいです→


▼NIKON D300を楽天でさがす
▼NIKON D300をAmazonでさがす


▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8Gレンズを楽天でさがす
▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8GレンズをAmazonでさがす

nikond300

キヨシロー死去  2009.05.03 Sun

kiyoshiro9502.jpg忌野清志郎が死んでしまった。。

ガンであることは知っていたけど、なんかこの人なら克服してくれると思ってた。

学生のころよく聴いていたRCサクセション。

今でもiPodの中にたくさん入ってます。
今でも久保講堂の「ようこそ」を聴くとわくわくしてきます。
今でもスローバラードはギター弾き語りできます。

とても残念です(T_T)。

iPhone使用量  2009.05.01 Fri

発売時、そりゃあ容量は大きいほうがいいさと迷うことなく16GBを選んだiPhone。
10ヶ月近く使って、僕はこれをどれだけ消費しているのかといえば、

ipnmmr9428.jpg


たったこれだけ。半分強。
内訳は、

・オーディオ 約700曲
・ビデオ 約10時間
・写真 約500枚
・アプリ 56本(標準搭載アプリ以外)

使用量の半分を占めてる「オーディオ」は購入直後にiTunesライブラリから選んだものですが、実はiPhoneで音楽再生したことがありません(^_^;)。

ビデオはチビの映像やYouTubeから落とした動画などで、ときどき見ては入れ替えます。

写真はよく活用しますね。
もちろんiPhoneのカメラで撮ったものではなくて、チビの写真とか、同窓会などでの友人知人の写真。人が集まったときなどこれが結構話のネタになったりするんですよね。
このブログに載せてるような写真も150枚くらい入れてます。

アプリは単体での最大容量のものがMETAL GEAR SOLID TOUCHの137MB。
次はCro-Mag Rallyの58MB、Fliparoniの47MBと続きますが、他のはほとんど1MB~数MB程度の小さなものばかりなので、たいしてディスクを食いません。


そういうわけで、今夏に出る新型iPhoneはおそらく32GB版もあるでしょうけど、iPodがわりに日常的にiPhoneで音楽を聴く人でなければ、実際はたいした容量は必要ないのかなぁとも思う僕でした。



5月になりましたね。
今月は誕生日があり、またひとつトシをとってしまいます(+_+)。
嫌いな夏はもうそこまできてるし、腰は痛いし、いろいろ考え事はあるし・・・何かぱーっと楽しいことはないかと物色中。

とりあえず新型iPhoneが出るのを楽しみにしてます。
あ、本体はしばらく買い替えられないだろうから、新OSを(^_^;)。


iPhoneストアを見てみる
iPhone 3G関連商品を楽天でさがす
iPhone 3G関連商品をAmazonでさがす

ipn3g16gbbk