fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 2012年03月

D800購入  2012.03.27 Tue

d800c326b.jpgNikon D800を買いました。

「いつでもキャンセルできます」という約束を確認しての予約だったのですが、待っている間に見た作例は思ったより良さそうだったのでそのまま購入決定。
3600万画素という、僕にはちょっとオーバーサイズな画素数ですが、それらの作例を見るかぎり多画素化のネガティブな点を結構うまく消してあるような印象でした。

3、4ヶ月くらい待てば数万円は下がると思いますけど、待てませんでした(^_^;)。
4年半メイン機として活用してきたD300と同様、これから数年間使うことになるはずなので、まあいいでしょう。

ローパスの効きを弱めたというD800Eのほうはすぐに候補から除外しました。
比較作例を見た範囲での話ですが、たしかに違いはあるものの、それはピクセル等倍で見ての話。D800の作例にシャープをかけてみると区別が難しくなるという感じ。

通常使うA3程度までのサイズにプリントして果たしてどれだけ差が出るのか、出たとしても2枚を並べない限り僕はどちらで撮ったものか見分ける自信はまったくありませんでした。
1台で何でも撮りたい僕は、わずかな解像感の差よりも、たまに出るかもしれないモアレと偽色を避けたいという思いがあり、積極的にD800を選択したというわけです。

しかしそれにしてもこんな事より、キヤノンのEOS 5D3発表以降、ネットの掲示板の書き込みはほんとにひどいのが多いですね(+_+)。
なんでいちいちけなし合いしないといけないんでしょ。
細かいスペックの違いに必要以上にこだわるのは、趣味ですから全然かまわないですけど、やっきになって別の製品とそのユーザーをこき下ろす意味がわからない。。
実に不毛で不快なやりとりが書かれているので、最近はあんまり見なくなりました。


---------------------------------------
d800c326a.jpgそんな事はともかく、時間がなくてまだ何も撮ってません。説明書も読んでない。
初期設定を済ませただけですので、外観くらいにしか言及することがありません(^_^;)。

比べたわけではありませんが、ボディはD300とだいたい同じ程度の大きさですね。当たり前か。
デザインは、なで肩になってシャープさが薄れた感じ。
また、グリップが若干細くなったかな。指がちょっと余る。
このあたりは慣れもあるんでしょうけど、今のところD300のほうが好きな部分です。

機能的なこともまだ把握していないのですけれど、アイピースシャッターが付いたのは嬉しい点。
また、ISOボタンを押しながらサブダイヤル(前面のダイヤル)を回すと、感度自動調整のON/OFFが切り替えられるのは、これまでメニューから設定していただけに非常に便利そうです。

他の機能や画質については、しばらくしてからまた書こうと思います。


---------------------------------------
d800c326c.jpgレンズも1本買いました。
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDです。

フルサイズ(ニコンで言うFX)で使えるレンズは何本かあるとはいえ、VR70-200以外は古めの単焦点が主です。
荷物がいっぱいになるのが嫌いな事もあって、ここ1、2年、撮る写真の90%くらいはそのVR70-200とタムロンの標準ズーム(17-50 F2.8)で、次に広角ズームとマクロでしたから、FX用の標準ズームはやはり欲しかった。

ただ多画素だろうと何だろうと手持ち撮影が多い僕ですから、ほんと言うと手ぶれ補正付きのタムロンにしたかったのですけどね。きっと少しは安いし。
でも残念ながらまだ出てない、いつ発売かさえ未定なんですよね。

さて大きい出費でしたから、これからまた節約生活の始まりです・・。


▼Nikon D800/D800Eを楽天でさがす
▼Nikon D800/D800EをAmazonでさがす


▼AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを楽天でさがす
▼AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDをAmazonでさがす

スポンサーサイト



今日の写真(光芒)  2012.03.26 Mon


c326400.jpg
機材:Nikon D300+TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

昨日午後、時間があったので九十九島を見下ろす展海峰へ行って来ました。
天気が良かったので期待したのですが、僕が向かうとなぜかどんどん雲が増えてきて、またしても焼けず。

でも日没の少し前、わずかな時間だけ太陽の光芒がよく出てました。
しかしすごい強風で寒かった・・。


「今日の写真」を全部見る



▼TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC B005NIIを楽天でさがす
▼TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC B005NIIをAmazonでさがす

nikond300

今日の写真(2つの表情)  2012.03.22 Thu


c321400a.jpg
機材:Nikon D300+AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

ずいぶん暖かくなってきたので、何か咲いてないかとカメラを持って庭を散策。
久しぶりのマクロレンズです。
10分ほど探しましたが、撮れそうなのはこの小さな小さな雑草の花だけでした。




c321400b.jpg
機材:同上

2メートルくらいしか離れてないのに、こちらはずいぶんと違った表情に見えました。


「今日の写真」を全部見る



▼NIKON D300・D300sを楽天でさがす
▼NIKON D300・D300sをAmazonでさがす


▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8Gレンズを楽天でさがす
▼AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8GレンズをAmazonでさがす

nikond300

新iPadとLightroom4到着  2012.03.19 Mon

ipadlrc318.jpg表題どおり、新iPad(3rd)と、Adobe Photoshop Lightroom4.0が届きました。
今ちょっとバタバタしているので詳細は別の機会に書きます。

新iPad、まだセッティングを終えただけの状態ですけど、すでにいろんなところで書かれているとおり、ほんとに画面が美しいですね。
画面サイズが大きいぶん、ピクセル密度的にはもっと高いiPhone4よりもっとキレイに見えます。

また、動作も非常に滑らか。
僕の場合、iOS5にして急に重くなった初代iPadからの乗り換えなので、余計にそう感じるのでしょう。


さてLightroom4のほうはトライアウト版で経験済み
定価が安くなりましたが、アップグレード版には全然お買い得感がないので、今回「特別提供版」にしました。
これはいわゆる乗り換え版で、他のソフトを持ってる人向けなんですが、その「他のソフト」の範囲が広いですし、特にそれらのシリアルを入力させられるわけでもないので、絶対これがおすすめ。

アドビは今年からクリエイティブスイートのオンラインダウンロード提供を始めます。
全CSアプリが年間6万円。
たしかに定価30万以上、アップグレードでも十数万かかるスイートソフト群を、この値段で常に最新にしておけるなら安いと言えなくもありません。
けど、ほんとに全部使ってる人がどれだけいるんでしょう。。
しかもそのスイートにLightroomは含まれないし。

僕なんてPhotoshopとIllustratorの2つですから、従来方式の普通のバージョンアップ料金は25000×2の5万円。
いつまでかわかりませんけど一応これからもこの方式は残るようです。ちなみにアドビCSのバージョンアップの間隔はだいたい1年半ごと。
そう考えると、新しい年間支払い方式は正直非常に微妙、というか他のアプリを一切使わなければ僕の場合間違いなく損します。「今回は見送ろう」って事もできませんし。

「全部使っていいから年間6万円な」ではなく、ソフト1本/1年で1万円とか、せめてソフト3本とか5本選んで年間いくらとか、そういうプランが欲しい。
でも用意してはくれない。

こんな時代になってもあいかわらずソフトを高値のまま据え置き、ひとつでも古いバージョンになるとサポート(例えば新しいカメラのRAWファイルに対応しなくなります)をなくす。
さらにバージョンアップ対象が、わずか2つ前(2回のバージョンアップのうち1回は0.5上がるだけのマイナーアップグレードですから、事実上メジャーアップ1回、つまりひとつ前だけ)になってしまうそうです。
事実上市場を独占しているのをいい事にやりたい放題って印象がしてきます。
古くはできていたWindows <---> Mac間をまたいだアップグレードも近年はできませんしね。

アドビのソフトは大好きですけど、ごく一部のパワーユーザーを以外の僕らのような普通のしがないユーザーの事はまったく無視のアドビって会社は正直言って嫌いだなぁ。
PhotoshopとIllustrator互換のソフトをどこか出してくれたら、すぐ乗り換えるんですが(笑)。


▼新iPad(3rd)用ケースを楽天でさがす
▼新iPad(3rd)用ケースをAmazonでさがす


▼Adobe Lightroom4を楽天でさがす
▼Adobe Lightroom4をAmazonでさがす

今日の写真(だんだん畑)  2012.03.13 Tue


c312400c.jpg
機材:Nikon D300+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

昨日夕方、Mitoでドライブに行ってきました。
目的地は南串山。諫早からだと車で1時間~1時間半くらいの距離。
以前、写真撮ってるときに出会ったカメラマンさんから聞いてた場所です。



c312400b.jpg
機材:同上

ここは段々畑が折り重なっている所で、季節と天候に恵まれれば結構良さそうです。

久しぶりのいい天気だったので、劇的な夕焼けを期待したんですが、うーん、やっぱりだめでした(^_^;)。
晴れ過ぎて雲がない。。



c312400a.jpg
機材:同上

でもいいんです。
最近あまり出かけてませんし、ひとりドライブもまた楽しいです。
え、いや、無理なんかしてませんよ(笑)。


「今日の写真」を全部見る



▼NIKON D300・D300sを楽天でさがす
▼NIKON D300・D300sをAmazonでさがす


▼AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II を楽天でさがす
▼AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II をAmazonでさがす
nikond300

新iPadとかiOS5.1とか  2012.03.08 Thu

ipadc308a.jpgAppleから発表がありました。
今回のメインは予定通りの新型iPadでした。
iPad3でもiPad HDでもなく、ただの「The New iPad」。番号ふるのはやめたんですね。

ハードウェア的なiPad2からの主変更点は、

 ●解像度が2倍のRetinaディスプレイになった
 ●A5Xプロセッサになった
 ●カメラが500万画素になった
 ●4G(LTE)携帯回線に対応した

以上だと思います。
プロセッサは、従来のA5のグラフィックを強くしたものだそうです。
2048×1536ピクセルという膨大な表示情報量を処理するために必要だったのでしょう。

価格はWiFi 16GBモデルの42800円から、Wi-Fi+4G 64GBモデルの69800円まで。

実は今回はiPad用アプリケーションのアップデートも大きいようです。
まずiPad・iPhone用のiPhotoが誕生。
さらに、iMovieGarageBandKeynotePagesといった既存のアプリもすでにアップデートされています。


appletvc308.jpg新ハードウェアは、もうひとつAppleTVも新しくなりました。

iPad同様、見た目はほとんど変わりませんが、内容的には720pまでだったのが1080pのフルHD映像対応となりました。

操作画面も大きく変わっていて、これは従来のApple TVでもすでにアップデートで対応しています。
価格は据え置き8800円。

AppleTVの普及度はいまひとつかと思いますけど、映画レンタルや購入ができるだけでなく、YouTUBEを見られたり、同LAN内のMac(のiTunes)に入ってる曲や動画を再生できたり、さらにiPhone・iPadの画面をそのまま映すこともでき、結構良いですよ。


siric308.jpgそして、iOSが5.1になりました。
Siriで日本語が使えるようになってます!

まだちょっと触っただけですけど、「明日の大分の天気は?」(天気予報が出る)とか「4月1日に旅行の予定を入れて」(カレンダーに登録される)とか「長崎市に着いたら山田さんに電話、と覚えといて」(リマインダーに登録される)とか「1時間たったら起こして」(アラームをセット)とかしゃべると、ちゃんとやってくれます。

ただ、店や地図、渋滞情報を検索できるのは、米国内で英語を使っているときだけだそう(Siriがそう言いました)。これは5.0の英語Siriのときとかわりませんね。かなり残念。。

返答の日本語も少しボーカロイド的で少々ぎこちなくはありますが(笑)、これからの進化に期待しましょう。

5Dマーク3発表ですね  2012.03.04 Sun

5d3c303.jpgキヤノンからEOS 5D Mark III」が発表されました。
ズバリ、ニコンD800の競合機。

2110万→2230万画素と画素数をあまり増やさず、通常の最高感度をISO6400から25600へ2段向上。
連写速度は3.9コマ/秒から6コマ/秒へ大幅アップ。
そしてAF測距点を9点から、1D X同様の61点にしながら、視野率も98%から約100%にしています。

面白いのは、高感度が強かったニコンD700が、D800になり高画素機へ変貌を遂げた一方で、画素数重視だったこのEOS 5Dがほとんど画素数を上げずに高感度重視になったこと。

まるで、ニコンは5Dの後継機を目指し、キャノンがD700の後継機を作ったかのようです。

ネット上では今のところ「悪くないが5D2とあんまり変わらないわりに高い」という意見が多いようです。
なんだかんだ言って「画素数いっぱい」ってやっぱり今も一番の訴求力のようです。
非常にわかりやすいポイントなのでデジカメ登場当初からそうではあったものの、近年は落ち着いてきたかなと思っていたんですが、D800が3600万画素になったせいで、それが再び顕著にあらわれてるみたい。
「画素はこれで十分。高感度と画素ピッチのほうが」と言った意見は目立たなくなりました。

隣の芝生かもしれませんけれど、正直言うとD700の正常進化的な後継機を待っていた僕にとって、このバランス良さそうな5D Mark IIIはちょっと羨ましいかも。
5Dは、初代もMark2も風景用として非常に高い評価を得ていましたしね。これもおそらく間違いない製品でしょう。

あ、そうは書いてますが、僕が買うなら当然D800です。ボディの質感や造りはやっぱニコンが好きですし(D800のデザインはこれまでみたいには好みではないですが)、操作にも馴染んでる。メーカーも一番信頼してる。
それに第一これからレンズ総買い換えなんてめんどくさいですからね。

機材変わっても、撮れる写真はそう変わりません。
新しいカメラは欲しいですが、趣味ですからそれは自分自身が楽しむためであり、単なる自己満足です。
「くそーあっちがよかった」などとマイナス方向の考えはせずに、可能な範囲で楽しめばヨシ、と(笑)。


▼Canon EOS 5D Mark IIIを楽天でさがす
▼Canon EOS 5D Mark IIIをAmazonでさがす


▼Nikon D800/D800Eを楽天でさがす
▼Nikon D800/D800EをAmazonでさがす

ステンレスのコマ  2012.03.02 Fri

komac301a.jpgコマを買いました。
指でつまんで回す、あの独楽です。

なんでも「全日本製造業コマ大戦」という、企業の威信をかけた?コマ大会があるそうで、そこで優勝した由紀精密という会社が市販用に作ったステンレスのコマです。

直径キッチリ10.00mmの小さなコマですが、非常に高い精度で作ってあり、安定するとまるで静止しているように回ります。

そして平滑なところでうまく回せば、なんと3分以上回転し続けるのがすごい。
さすが最新の加工技術で作られた製品。昔の懐かしいコマとは全然違います。

まだよく慣れてないので狭いところでは多少遠慮がちに回さないといけませんが、それでも最初のiPadの上のチャレンジで2分40秒回りました。
僕のiPadはアンチグレアシートが貼ってあるので、何もなければもう少しいくはず。台の平滑度はかなり影響するようです。
もちろん慣れる事が一番ですけどね。

komac301b.jpgこのiPhoneのアイコンと比べると大きさがわかるでしょうか。

握りの部分は、ひとつひとつ手で掘ってるそうです。


1個840円(送料別)でBRANCHというお店で売ってます。