fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 2012年11月

Markinsクイックシュー  2012.11.28 Wed

markinscb21a.jpgクイックシュー(カメラと三脚の取り付け取り外しを簡単にするアレ)を入れ替えました。
いろいろ検討して一式をMarkinsに。

僕はよく知らなかったのですが、主に自由雲台とクイックシューを製造している韓国のメーカーのようです。
クイックシューはいわゆる「アルカスイスタイプ」。これはアルカスイスという会社がオリジナルの固定方式で、非常にシンプルな構造でカメラと雲台をしっかり固定できるためか、いくつものメーカーの製品と互換性があるそうです。
有名どころでは、本家のアルカスイスはもちろん、Really Right Stuff(RRS)や、楽天でも買えるKirkなど。

その中からMarkinsを選んだのは、「他メーカーに劣らないのに比較的安価」という評判だったのが一番の理由ですが、日本語のページで普通にネット通販できたという事もあります(RRSはメーカーから直で購入するしかありません)。
実はもうひとつ重要な点があるのですが、それは後述します。

購入したのは、以下の5点。
・クイックシュー QR-60(ノブタイプ)
・クイックシュー QR-48(ノブタイプ)
・カメラプレート P800U(Nikon D800用)
・カメラプレート PG-34N(汎用。Pentax K-rに使用)
・レンズプレート PL-75(汎用。70-200mmに使用)

なお、発送は韓国からのEMS便で行われ、注文からわずか2日半で到着。
この5点(と後述のアダプタ)では関税はもちろん国内の消費税等も一切かかりませんでした。


markinscb21b.jpgこれまでクイックシューは、SLIKのDQ-Lを3セット使ってきました。

普通の撮影には何ら問題はなかったのですが、最近D800に24-70mmを付けた状態で、タテ位置で星空などを撮ると、その重さによって数十分間のうちに微妙にズレてしまう事が起こったのが買い換えの理由です。
プレートをカメラに力一杯ねじ込んでいたのですけど、D800に付けていたものは、それでもズレ(回転)してしまっていたせいで、この写真のようにコルクが剥がれ、一部破れてきていました。


markinscb21c.jpgその点、MarkinsにはD800専用プレートがあり、前後に回転防止用のツメがついてますし、形状もこのようにピッタリです。

タテ位置用としては、最強のLブラケット(L字プレート)というモノも存在するのですけど、それだと問題がひとつあったのです。

L字プレートは、撮影方向に対して90度横向きでクイックシューに取り付けることになります。
つまり、三脚にクイックシューを固定する際、溝の向きを横方向にしておかないといけないのですね。

markinscb21g.jpgここで問題は70-200mmの三脚座用プレートでした。
三脚座の形状ゆえ、レンズプレートの溝は、どの製品も撮影方向と同じ向き(平行)になっています。
L字プレートとは取り付け方向が異なるわけです。

レンズを交換するたびにクイックシュー(受け側)を取り付け直していたのでは全然クイックじゃなくないので本末転倒。
そこで、三脚に付けるクイックシューは縦向き(撮影方向に平行)にしておいて、同じ向きで取り付けられるカメラ用プレートを選ぶ必要がありました。
Markinsの上記2つのカメラプレートは、クイックシューとの取り付け部が正方形になっていて、縦向きにも横向きでも装着可能なので、この問題をクリア。


markinscb21d.jpgクイックシューとプレートはこういう台形の断面を横から締めるようになっています。これはまあ、どのクイックシューでも似たようなものですが(笑)。
コルクやゴムなどは一切使われておらず、金属同士なので歪む要素がなく、ガッチリと固定されます。

より素早く締められるレバー式もあります。ただ、他社のアルカスイス型プレートなど製品によっては少し幅が異なるものもあるらしく、もしそうした製品を使うことがあれば調整が必要になるので、よりシンプルで対応幅の広いノブ式を選んでおきました。


markinscb21e.jpgHUSKYの雲台にQR-60を取り付けたところ。
QR-48は、もう少し小型の三脚に付けました。

ただし、クイックシュー底面のネジは3/8インチのいわゆる「太ネジ」仕様なので、このように通常の雲台に取り付ける場合は、1/4インチ(細ネジ)に変換するアダプタも必要です。
もちろん2つ購入。


markinscb21f.jpgMarkinsのクイックシューに替えてから、まだ星は撮っていませんが、このガッチリ感は大いに期待できます。

三脚を使わない時でもプレートは常にカメラに、クイックシューも常に三脚に装着しています。
カメラ底面に少し出っぱりができる事になりますが、手持ち撮影で特に邪魔に感じることもありません。
三脚に載せたり手持ちで撮ったりを繰り返す事が少なくない僕には、クイックシューは手放せないモノですね。


2013/4 Amazonマーケットプレイスでの扱いが始まったようです。
より買いやすくなりましたね。

markinsbanner468.jpg
スポンサーサイト



今日の写真(ダンボーくん)  2012.11.25 Sun


danbocb21400a.jpg

今日はちょっと趣向を変えたものを。
これはフィギュアで、「リボルテック・ダンボー」と言うそうです。



danbocb21400b.jpg

Amazonオリジナルグッズをみていて見つけたこのダンボー、どうやら元はあるアニメのキャラらしい。
主人公がダンボールをかぶってロボットの役をするという設定の場面で出てきたものがフィギュア化され、それをAmazonがアレンジしたのがこの製品みたいです。

人形関係にはまったく興味のない僕ですけど、一目で気に入ってしまいました。特にamazon.co.jpのロゴが(笑)。
購入して、そとに持ち出してちょっと撮ってみたのが今日の写真です。
一時期、一部女性の間で流行った、何とかという人形を持ち歩いて景色と一緒に写真を撮ってたのと同じようなもんですね。



danbocb21400c.jpg

目も光ります。
なにしろ四角いのでポーズは限られますが、手足と頭は一応可動します。



danbocb21400d.jpg

なんだろう、どこか哀愁さえ感じるダンボール人形(笑)。
あ、でもほんとのダンボール製じゃなくて、プラスチックでできてます。
これは全長13cmの「ダンボー」ですが、8cmの「ダンボーミニ」もあるみたいです。

「今日の写真」を全部見る



▼リボルテック・ダンボーをAmazonでさがす

モーツァルト170枚  2012.11.23 Fri

mozartcb01b.jpg妻が好きなモーツァルトのCDセットを買いました。
Mozart Complete Edition
なんと170枚組CDです。

それぞれのCDは、この写真のとおり厚紙スリーブ入りの簡素なものですが、もし通常のCDケースならものすごい体積になるでしょうし、そのおかげもあってか1万円そこそこで買えるのが魅力。

僕は詳しくないのでよくわからないのですけど、良い演奏も多く収められていて全体に平均以上とのレビューもあり、モーツアルト好きにも満足度は高いようです。

内訳は、交響曲が11枚、協奏曲が18枚、セレナード・舞曲が24枚、室内楽・教会音楽が16枚、弦楽アンサンブルが13枚、鍵盤楽曲が15枚、宗教音楽が21枚、アリア・歌曲・カノンが9枚、そしてオペラが43枚。

輸入盤(アメリカ製)で、まれに同じCDが2枚入ってたりする事もあるそうですので、届いてまず行ったのはスリーブに書かれているナンバーと、CDにプリントされてるナンバーを照合すること。
幸いにうちのは問題ありませんでした。

しかしそこから先の作業がたいへん。
iPhoneに入れたいので、170枚すべてをiTunesに入れMP3化(AACにしなかった理由は後述)する必要があったわけです。

これだけの数をPCに次から次に入れて読み込ませるだけでもしんどいのですが、もともとこのMozart Completeはいくつかのパッケージに分けて販売されていたようで、曲名を自動取得するCDDBによるアルバム名などが一部統一されていませんでした。
そのままではCDの順番がばらばらになってしまいますので、手作業でちまちま文字を入力やコピペを繰り返し、170枚全部をiTunesに登録し終えたのは、届いてから3週間ほどたってからでした。


mozartcb01b2.jpgさて、それと同時に安いミニミニコンポを1台購入。
ONKYOのX-U1Xという製品です。
この写真の白いやつがその本体。
スピーカーもお揃いのが付いてましたが、20数年前に買ったDIATONEのが余ってたので入れ替えました。

CDとラジオが聴けるのはもちろん、iPhoneやiPod、iPadなどに入れてる曲を鳴らすことができます。
しかもそれは、USBケーブル接続のほかにBluetoothによるワイアレスでもOKというすぐれもの。これが結構便利です。

またMP3形式であれば、USBメモリに入れてこのミニコンポに挿して聴くことができるのもいいですね(これがAACにしなかった理由です)。

標準状態での音質は「そこそこ」かな。
スピーカー替えるとかなり変わりましたが、聴き疲れしにくい、言い換えれば尖った部分のない音質で、上記のようなクラシックにはちょっと力不足感は否めませんけれど、何しろこの値段とサイズです。
お気楽に音楽を聴くのにはちょうどいい買い物でした。
小さいお店や個人オフィスなどのBGM用などにも良さそうです。


▼Mozart Complete Worksを楽天でさがす
▼Mozart Complete WorksをAmazonでさがす


▼ONKYO X-U1Xを楽天でさがす
▼ONKYO X-U1XをAmazonでさがす

今日の写真(近くの紅葉)  2012.11.22 Thu


cb22400a.jpg
機材:Nikon D800+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

ちょっと近くを散歩しました。
諫早にはほんとに紅葉が美しい場所が少ないです。
ここは天祐寺の山門付近。もう少し色づく木が多ければなぁ。




cb22400b.jpg
機材:同上





cb22400c.jpg
機材:Nikon D800+AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

ここからはいつもの場所。




cb22400d.jpg
機材:同上

先日買った14-24mmは、周辺の流れも少なく、解像感が非常に高いです。
ただ、ゴーストは結構出ますね。




cb22400e.jpg
機材:Nikon D800+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

このあたりの平地は、日本全体でもっとも紅葉が遅い場所のひとつでしょう。
ということは、大好きな紅葉はまもなく終了。
今年はあちこちの紅葉に行きたいと思ってたのですが、結局ほとんどかなわず。
まあ、そんなもんです(+_+)。

「今日の写真」を全部見る




▼Nikon D800/D800Eを楽天でさがす
▼Nikon D800/D800EをAmazonでさがす


▼AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II を楽天でさがす
▼AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II をAmazonでさがす


▼AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを楽天でさがす
▼AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDをAmazonでさがす


▼Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G EDを楽天でさがす
▼Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G EDをAmazonでさがす
nikond800

MapFan+が出た  2012.11.20 Tue

mapfancb20a.jpgiOS用地図アプリ「MapFan」。
撮影地や食べ物屋など、多くのブックマークを入れてiPhoneで愛用しているのですが、今回「MapFan+」というアプリがApp Storeに追加されました。

これまでのMapFanは、アプリ内部に地図を持ち、オフライン状態でも地図を参照できるのが特徴のひとつでしたが、そのぶんアプリのサイズが1.5GBという非常に大きなものになっていました。
今回の「MapFan」は、標準状態ではオンライン地図を使うため、アプリサイズは15.6MBと、1/1000近くになってます。地図データそのものは異なりますが、Apple標準のマップやGoogleMapなどと同じ方式。


mapfancb20b.jpgしかしオンライン地図だけじゃなく、ちゃんとオフライン地図も用意されています。
MapFanの価格は2300円ですが、MapFan+はアプリ無料で、オフライン地図はアプリ内課金となっています。
地図は6つの地域に分けられ別個に購入可となっており、アプリのサイズも出費も抑えることができます。

それが期間限定で今、無料で全部のオフライン地図をダウンロードできるんですね。


mapfancb20c.jpgただ、iTunesでこのアプリを見ると、アドオン(アプリ内課金)に「30日チケット」とか「365日チケット」という項目があるのは気になります。
もしかして継続して使うには支払い続けないといけないんでしょうか。
オフライン地図だけなら不要?
そのへんよくわからないので、旧MapFanも削除せずに入れたままにしてます。ブックマークを移行する方法もないみたいですしね。

※追記:渋滞情報や駐車場満空情報などを利用するためにチケットが必要なようです。本来ならオフライン地図のダウンロードもそのひとつですが、これだけ今は無料という事みたいです。

MapFan+は、iPhone5の4インチRetina対応、機種はiPhone4以降、iPad2以降、iPod touchは第4世代以降となっています。もちろんiPad miniにも対応。
動作環境にはiOS6と書いてありますが、iPhone4SのiOS5で試したところ動くようです。一部機能が使えなかったりするのかもしれません。

今日の写真(九酔溪の近く)  2012.11.15 Thu


cb15400a.jpg
機材:Nikon D800+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

先日のブログと同じ日、九重夢大吊橋へ向かう途中で撮った写真を載せます。




cb15400b.jpg
機材:同上

九重インターから吊り橋まで車で20分か30分程度なのですが、その川に沿った行程も、なかなか素敵なものです。
ただ、もともとの道が広くなく、昨年の大雨で崩れた場所の修復がまだ完全でないため、離合できない個所などもあったりして、一時駐車できるところは限られるのが残念です。




cb15400c.jpg
機材:同上

これは大吊橋よりずっと以前からある峠の茶屋からの景色。
20年ほど前に一度連れてってもらった時、紅葉の色が本当に素晴らしくて感動した場所です。
今回はそこまでの色づきはなかったですけど、それでもきれいでした。
ここから夢大吊橋までは車で数分。

ちなみにこの写真のすぐ左側は大規模な土砂崩れのあとが残っています。
大吊橋から見える斜面も一部も同様で、昨年の大雨がいかにひどいものだったかが想像できました。


「今日の写真」を全部見る



▼Nikon D800/D800Eを楽天でさがす
▼Nikon D800/D800EをAmazonでさがす


▼AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II を楽天でさがす
▼AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II をAmazonでさがす
nikond800

今日の写真(もう一度九酔溪)  2012.11.11 Sun


cb10400a.jpg
機材:Nikon D800+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

先日まだ色づいていなかった大分の九酔溪へ、再び足を運んできました。
今回は時間的にここだけ。他はどこにも寄かず、写真撮ったらトンボ返りです(^_^;)。
もうちょっと近かったらな。。




cb10400b.jpg
機材:Nikon D800+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

今日の写真はすべて九重夢大吊橋の上から撮ったものですが、そこから真下を覗いてみました。
真上から紅葉した木々を見る機会はあんまりないので、グラフィカルな色の造形に興味を惹かれます。




cb10400d.jpg
機材:同上

そういうわけで、少し位置を変えた見下ろしショットをもう1枚。
ここの紅葉は様々な色が混在していて、どの一部分を切り取っても変化のある景色になりますね。




cb10400c.jpg
機材:同上

この日、紅葉はまさに見頃だったのですが、曇り空に時折太陽が顔を出すという天気でした。
さらにずっとガスで霞んでいたので、遠い広景はいまひとつで残念でしたが、この時期に行けたことに感謝します(^_^)。


「今日の写真」を全部見る




▼Nikon D800/D800Eを楽天でさがす
▼Nikon D800/D800EをAmazonでさがす


▼AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II を楽天でさがす
▼AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II をAmazonでさがす


▼AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを楽天でさがす
▼AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDをAmazonでさがす

nikond800

今日の写真(雲仙紅葉・曇り)  2012.11.05 Mon


cb03400a.jpg
機材:Nikon D800+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

気分が少々優れなかったのでアップロードを忘れてましたが、先日雲仙へ行って来ました。
平地とは木々がまったく異なる、山独特の紅葉です。
まあ、しかし、この日は天気も優れないもので、山に登ると眼下に雲があり、そうでない場所も霞んでました。



cb03400b.jpg
機材:同上

この2枚は、雲が目立たないタイミングと場所をねらって何とか撮った写真です。
一応「見ごろ」という事になってはいたものの、少しだけ過ぎていた感じですね。


「今日の写真」を全部見る




▼Nikon D800/D800Eを楽天でさがす
▼Nikon D800/D800EをAmazonでさがす


▼AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II を楽天でさがす
▼AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II をAmazonでさがす
nikond800

脱力感と14-24mm  2012.11.03 Sat

1424cb02.jpgたいそう打ちのめされました。
心が折れそうでした。

落ち着きはしないが力だけは湧く怒りという感情はまったく起こらず、僕という人間のいる事が否定されたような、ひたすら脱力と無力さを感じる、そんな気持ちでした。
僕の信じていたものの一部分が崩れ去った思いさえしました。

この写真と何の関係があるのかと思われるかもしれませんが、今回のレンズは、やけ食いならぬやけ買いです。

もちろん欲しいとは思ってました。
しかしながらそれほど頻繁に使うわけではない超広角ですし、安い買い物ではありません。
なかなか思い切れずにいましたが、少しでも気分を上向きにするために注文したというわけです。
まぁ、いいきっかけになったと考えることにしました。

500bkcb01.jpg「10万円貯まる貯金缶」がほぼ一杯になっていた事もあります。
特にわざわざ集めるような事はせず、つり銭として持ち帰った500円玉だけを入れていたので、ちょうど3年かかりましたが、開けてみると121500円(となぜか10円玉が1枚)入ってました。
レンズのために貯めてたわけじゃないけど、この際ぱーっと使うことにしました。


少しずつ貯めていったものも、いつかなくなるもんです。
また1枚目から始めてみようと思います。



▼Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G EDを楽天でさがす
▼Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G EDをAmazonでさがす