fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 2014年02月

iPhoneに「iPin」  2014.02.27 Thu

ipine207a.jpgiPin」ってご存知でしょうか。
iPhoneのイヤホンジャックに挿して使うレーザーポインタです。

発表当初から欲しいと思っていたのですが、まだ日本には正規輸入されておらず、割高な業者から買うか個人輸入という選択肢しかありませんでした。

ですが最近Vintage Computerが値下げを断行(これ)。
米国での現地価格が56ドルですから、5980円は高くはないでしょう。
カリフォルニアからの発送になるので、計7000円強かかりましたが、これは仕方ないところ。
ちょっとだけ高めですが、今ならAmazonでで買うのが早いし無難かもしれません(^_^;)。


ipine207b.jpgさて実物です。
イヤホンジャックに挿す物ですから当然ですけど、iPinの本体は非常に小さいです。
ジャックへの出し入れは、その小ささのせいもあるのかやや固め。
ですが、何かの拍子に脱落していた、などという心配はせずに済みます。


ipine207c.jpgツメの部分を、iPhoneに対して横方向にした状態がOFF。
90度まわして縦にすればONになります。

出っ張りは最小限(2mm弱)ですから、普段から挿しっぱなしでも邪魔になったりしません。
また、OFF状態ならバッテリーを消費することもないようです。


ipine207d.jpg専用アプリ(iPin)をApp Storeでダウンロードして使用します。

アプリを起動したら、画面のどこをタップしてもOK。
タップ中だけレーザーが点灯し、離すと消灯します。
この写真では弱々しく見えますが、実際は通常の赤いレーザーポインタと同程度の光の強さで、室内はもちろんのこと、屋外でも夕方なら100m程度は十分確認できます。

試してはいないものの、この赤い丸印を上下左右にドラッグすることで、プレゼン時のスライドの進む/戻るを行うことができるようです。

また、iPinがタテ向き(ON状態)のままアプリを終了させたりiPhoneをスリープさせたりすると、通知センターや音で通知してくれる機能もあり、切り忘れを防げるようになっています。

今や、単体なら非常に安価な製品もあるレーザーポインタですけど、常に持ち歩くiPhoneでそれが使えるのはとても嬉しい。少々お高めではありますが、なかなか良い製品です。


▼iPin モバイルレーザーポインタをAmazonでさがす

スポンサーサイト



今日の写真(淡い夕陽)  2014.02.24 Mon


e222400a.jpg
機材:OLYMPUS Stylus 1
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

また夕方の散歩です。場所はいつもの干拓地。
Stylus1を持っていきました。

PM2.5なのか花粉なのかモヤなのかわかりませんが、仰角15度くらいまで白々と霞んでました。
そのせいで淡い色の夕焼けとなったのですが、それはそれで美しかったです。
結構気に入りの1枚。



e222400b.jpg
機材:同上

Stylus1はやっぱり散歩にぴったり。一眼レフと違って首にかけていても全然負担になりません。
それでいて、広角から望遠までこなす。描写も決して悪くないと思います。
なかなか良いですよ、これ。

「今日の写真」を全部見る


▼オリンパス STYLUS 1を楽天でさがす
▼オリンパス STYLUS 1をAmazonでさがす
ostylus1

今日の写真(Stylus1試し撮り)  2014.02.21 Fri


e220400a.jpg
機材:OLYMPUS Stylus 1
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

先日購入したオリンパスのStylus 1。忙しかったり天気が悪かったりで、まだほとんど使う機会がないのですが、とりあえず自宅から半径50m以内で試し撮りをした写真を貼っておきます。



e220400b.jpg
機材:同上

チルト式液晶付きカメラを使うのは初めて。こんな地を這うようなポジションの撮影も楽々ですね。



e220400c.jpg
機材:同上

Stylus1は何より28-300mm F2.8相当のレンズがキモであり、画質重視の機種ではないと思います。
ですが撮って出しの色が実に自然で、なかなかに見栄えがします。
今回のはLightroomで露出を微調整した程度で、ほとんどいじっていません。

散歩や普段持ちという今回の購入目的にぴったり合いそう。
操作性の良さや各種設定がかなり細かくできることはもちろん、起動や反応速度がとても素早いのも嬉しいところです。
さらに忘れてならないのが、目をあてると背面液晶から自動で切り替わるEVF(電子ビューファインダー)の出来の良さ。
オマケ的に内蔵している製品と違って、倍率は大きいうえに、アイカップから1cmくらい目を離しても全体像をきっちり確認できるため、眼鏡使用者でもまったく問題ないはず。



e220400d.jpg
機材:同上
※クリックするとオリジナル画像が表示されます

最後に1枚、オリジナルファイルも置いておきます。
クリックで出てくる写真は、サイズも含めて一切手を加えていないカメラ内JPEG画像です。

Stylus1で撮った写真を全部見る
「今日の写真」を全部見る


▼オリンパス STYLUS 1を楽天でさがす
▼オリンパス STYLUS 1をAmazonでさがす
ostylus1

Stylus 1を入手  2014.02.16 Sun

stylus1e213a.jpgオリンパスの「STYLUS 1(スタイラスワン)」を購入しました。

あれこれ考えてたわけですが、散歩を含む普段の持ち歩きや、庭の猫撮りを今回は重視。
価格的にいわゆる高級コンデジの範疇に入るカメラですけど、高級というよりも便利さに重きを置いた選択です。

コンパクトというほど小さくはありません。ですがレンズの出っ張りが邪魔になる一眼と違って何とか普段の鞄に入れられるサイズだし、散歩のとき首にかけていても気になりにくい。
この大きさでF2.8のまま広角28mmから300mm相当の望遠までの10.7倍ズーム内蔵。センサーも1/1.7インチとまずまずのサイズ。

コンパクト機で望遠というだけなら、パナソニックのTZ60など、もっと小型ボディの製品もあります。しかしレンズが暗かったり、センサーが小さかったりで、一眼レフのサブとしては少々力不足。
またRAW記録ができない点と、今回はファインダー(EVF。電子ビューファインダー)装備を条件にしたので、最初から候補には入れませんでした。

逆に明るい望遠で1インチセンサーというソニーRX10は、機能・性能なら文句なしですけれど、何しろボディが大きい。これなら一眼レフに便利ズーム付けて持ち歩くのと大してかわらない。

というわけで、言葉はよくないですけど「最高の妥協案」がこのSTYLUS 1かもしれない思った次第です。



stylus1e213b.jpgSTYLUS1のレンズは沈胴式で、付属のキャップは4分割のフタが自動で開くタイプ。
電源ONにするとレンズがこういうふうに出てきます。

このねじ込み式キャップを付けなければ5mmほど薄くなるわけですが(かなり印象違います。1枚目の写真はこれを外したところ)、結局他のキャップが必要になりますから厚みはあまりかわらないでしょうね。



stylus1e213c.jpgSTYLUS 1は、おそらく今回の僕みたいに一眼レフのサブとしての需要を見込んで企画されたのではないでしょうか。
いろんなところにコダワリや工夫が散見されます。

そのひとつがこれ。
1のレバーを時計回りに45度ほど倒すと、2のリングがMFのピントリングとして動作するようになっており、メニューからフォーカスモードを変更したりせずとも、即MFモードに移行できます。

通常2のリングは、たとえば絞り優先モードなら絞り値を、シャッター優先ならシャッター速度を変更する役割(変更可)になっていて、カチカチと動きます。
それがレバー1を倒すとクリック感がなくなり、スムーズなピントリングに早変わりし、さらに画面では中央部を拡大表示までしてくれる。

こうした「基本オートでOKだけど、撮り手がその気になれば応えるよ」的な部分が多くあります。高級コンデジはだいたいそうではあるのですけどね(笑)。



stylus1e213d.jpgまだほとんど使っていませんが、通販で購入して初めて実物を見た僕としては、手にとった瞬間から小さな不満があります。
それはEVFのアイカップの出っ張り。

ここがなければもっと鞄への収まりがいいのに。
外すことは可能ですが、これがあるからEVFが見やすいのも事実。入れる角度をちょっとだけ工夫しながら鞄につっこむことにします。

画質はまだ評価できませんが、散歩用、旅行用としてなかなか良い選択かなと思ってます。
そうそう、僕にとって初めての可動式液晶画面ですから、猫をローアングルで撮るのに自分まで寝っ転がらずに済みそうです(笑)。

→続き「今日の写真(Stylus1試し撮り)」を読む
Stylus 1で撮った写真(淡い夕陽)を見る
Stylus1で撮った写真を全部見る


▼オリンパス STYLUS 1を楽天でさがす
▼オリンパス STYLUS 1をAmazonでさがす

ネオキューブ(もどき)  2014.02.13 Thu

cubee206a.jpgおもちゃをひとつ買いました。

ネオジム磁石でできている直径5mmの球体216個です。
オリジナルはたぶん「ネオキューブ」という名の製品で、以前から興味を持っていたのですが、そこそこの値段だったためスルーしていたところ、最近は安価な類似品が多く出てきている事に気付きましたので、試しにひとつ購入してみたというわけ。

ただ、製品によっては直径2mmほどの非常に小さいものもあるそうなので注意です。



cubee206b.jpgネオジム磁石は永久磁石として現在もっとも強力と言われてるそうです。
球体という設置する面積が小さい形状でもかなりの保持力を持ち、こんな形でも安定しています。



cubee206c.jpgだいたい垂直なら10個直立もOK。

この缶は付属のものです。
簡素な普通の缶ですが、このくらいのものでも磁力を弱める効果は十分にあるようで、収納状態ならほぼ何もくっつきません。
強力磁石と言っても、缶に入れてるときは電子機器などに与える影響を気にする必要はほとんどないだろうと思います。



cubee206d.jpg6×6×6の216個は、いろんな形にすることができます。


cubee206e.jpgでも磁石です。球体の半分でN極とS極が分かれているので、想像しているより難しい。
ぐちゃぐちゃにすると元の立方体に戻すのにも、最初は手間取りました。



cubee206f.jpg子供のころ、磁石で遊んだことのある人は多いと思います。
思い通りの形を作るのは簡単ではないけれど、あの頃には経験できなかった磁力をもった小さな球の集合体は、いじってるだけでも楽しいです。


▼ネオキューブを楽天でさがす
▼ネオキューブをAmazonでさがす

今日の写真(いい雲の干拓地)  2014.02.09 Sun


e208400a.jpg
機材:Nikon D300+AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18-200mmF3.5-5.6G
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

いつもの干拓新地です。

東京では45年ぶりという大雪だった日、長崎は風が強いこと以外おだやかな天気でした。散歩を兼ねていたのでD300に便利ズーム&広角ズームだけを持って出かけると、日没の少し前から雲が良い感じに出てきました。



e208400b.jpg
機材:Nikon D300+TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

久しぶりの気に入った空模様。
風が強くなり、刻刻と変化していきました。



e208400c.jpg
機材:同上

これだけHDR処理しています。

「今日の写真」を全部見る


▼AF-S DX VR Zoom Nikkor
 ED18-200mmF3.5-5.6G(IF)を楽天でさがす

▼AF-S DX VR Zoom Nikkor
 ED18-200mmF3.5-5.6G(IF)をAmazonでさがす


▼TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II を楽天でさがす
▼TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II をAmazonでさがす
nikond300

今日の写真(御輿来海岸)  2014.02.06 Thu


e205400a.jpg
機材:Nikon D800+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

熊本県宇土市にある、御輿来海岸へ行って来ました。「おこしき」海岸と読みます。
干潟に残る波状の美しい模様で、近年は有名な撮影場所だと僕が知ったのは去年のこと。
ただそれは干潮と日没時刻が近いことが条件で、水面が夕陽を反射させてこそ。いつでも良いというわけではありません。

もちろん事前に良さそうな日を調べて予定していたのですけれど、この日は朝から一面の曇天でかなり迷いました。
でもこの機会を逃すと次はいつ行けるかわからない。さらに、方向的に夕陽が水平線に沈むのは2〜3月の短い間だけのようでなので、回復するとの天気予報を信じて出発。

行きの熊本行きフェリーはこれまで何度も使ったことがありますけど、この日は強風でやたら揺れました。
現地に着いたのは午後2時前。平日にもかかわらず、すでに10本近い三脚が立っていました。
駐車場は10台程度ですから、休日なら朝のうちに着いてないと、この小高い丘の下に駐めて歩くことになるかもしれません。



e205400b.jpg
機材:Nikon D800+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

右端に見えるのは雲仙です。
諫早はこの雲仙をはさんでちょうど反対側ですね。


e205400c.jpg
機材:同上

これらの写真を見るとわかるかと思いますが、結果的には赤く染まったのは空のごく一部だけ。
しかも水平線近くは太陽は雲に隠れました。
けれど、初めての僕にはそれでも十分行った価値がありました。



e205400d.jpg
機材:Nikon D800+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

僕を含めここに来る人の多くは写真撮影が目的で、この日も最終的に30人くらい来てたでしょうか。休日ならもっと多いことでしょう。

ちなみにこの撮影場所は私有地です。
夕方が近くなると、所有者のおじいちゃんがやってきて使用料300円を徴収してまわられます。駐車場や道路(細いです)作ったり、管理したりはずですから当然ですね。

もし自分も行って見たいと思ってる長崎の方がいらっしゃったら、ぜひご連絡ください(笑)。僕もまた行きたいです。

「今日の写真」を全部見る


▼Nikon D800/D800Eを楽天でさがす
▼Nikon D800/D800EをAmazonでさがす


▼AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II を楽天でさがす
▼AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II をAmazonでさがす


▼AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを楽天でさがす
▼AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDをAmazonでさがす

nikond800

今日の写真(夕陽と雲)  2014.02.04 Tue


e129400.jpg
機材:Panasonic LUMIX DMC-LX3
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

今回もまた干拓地です。
腰の調子を少しでも良くしようと、子供たちを連れて散歩に出かけたのですが、ふと見上げると種類の異なる雲がかかっていたので、日没時刻近くまで歩いたあと撮りました。
雲はもちろん、夕陽の色も日によってずいぶん違います。

こんな日にかぎって残念ながら一眼レフは持って来ていません(^_^;)。
まぁ、そんなもんですか(笑)。

こういうとき、常にカバンに入れておくコンデジがもうちょっと気が効くやつだといろいろ撮れていいのですが。
前書いたこれとか、このへんのやつですね。
あ、いや、LX3が良くないってわけじゃないのですけど、数年使ってると不満や欲はでてくるもので。。

「今日の写真」を全部見る


▼Panasonic LUMIX DMC-LX7を楽天でさがす
▼Panasonic LUMIX DMC-LX7をAmazonでさがす
dmclx3

Amazonカード復活  2014.02.01 Sat

amzcrde130.jpgAmazonのクレジットカードが復活しました。
正式名「Amazon MasterCardクラシック」と言います。

数年前、CITIバンクと提携したカードがありましたが、なぜか1年半ほどで終了してしまっていました。
今回は三井住友との提携ですがVISAは選択できず、マスターカードのみ。まぁ、Amazonでの買い物に使うのがほとんどでしょうから問題ありません。

カード使用100円ごとに10ポイントが貯まります。
ただこれはAmazonギフト(ポイント)とは別の「Amazonクレジットカードポイント」であり、10ポイントで1円分。
よくある1%還元ということですね。
Amazonでの買い物に関してはポイントが1.5倍になるので、1000円買って15円分付与されるわけです。

そのAmazonクレジットカードポイントは、Amazonギフト券として付与されるそうですが、それは25,000ポイント毎に自動交換ということ。
つまりこのカードを使った買い物の合計額が25万円(ポイント1.5倍のAmazonでの買い物なら16万7千円ほど)に達すれば、2500円のAmazonギフトがもらえるという事のようです。

会費は年1350円ですが、年一度でもカードを利用すれば不要なので、このカードを検討する人なら、実質無料になる人のほうが多いでしょう。

もちろんAmazon大好きな僕はすぐ申し込みました。数日でカードが届きました。
午前9時〜午後7時までの申し込みなら、即時審査され、その日のうちにAmazonでの買い物に利用できるようです。

「クラシック」カードの他に、Amazon MasterCardゴールドというのもあって、こちらは入会ボーナス3000円分、Amazonプライム無料、旅行保険などの利点はあるものの、年会費
10500円ですから、それほどうまみはないかな。
何より、カードの色が「クラシック」のほうがダンボール風(しかもツヤ消し)で好きなのです。
ダンボー柄ならもっと嬉しかったところですが(笑)。

今ネット通販はTVCMでお馴染みの楽天カードをメインに使っていますが、楽天市場での買い物以外は少しずつこちらに切り替えていくつもり。
Amazonと同じくらいよく使うけど、実は楽天ってあんまり好きじゃなかったりするのです(^_^;)。すみません。