FC2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > デジタルなモノ > SANWAのBluetoothヘッドセット

SANWAのBluetoothヘッドセット  2010.01.16 Sat

ssbta113a.jpgサンワサプライのBluetoothヘッドセットを購入しました。

どうも最近不安なことや辛いこと、イライラすることなどが重なって、そのストレスから一時的に逃げようとチマチマ買い物してます(+_+)。

とそんな話はさておき、これは同社のWeb限定商品ってことになってるのですが、届いてみると「MobiFren」というメーカー製らしく、英語版そのままの箱の裏面にサンワサプライの品番シールが貼ってあるという商品でした。
MobiFrenの商品番号は「GBH-M100」、サンワサプライとしての品番は「400-HS013」です。


ssbta113b.jpgBluetoothヘッドセットは、機能性能的には最高なプラントロニクスDiscovery925とか、価格のわりに見栄えのいいJabra SBS-BT2050とかたくさん持ってるのに、またどうして買ったかといえば、その形状です。

この手の製品は、構造上耳に入れる部分が本体から飛び出す形にならざるを得ないのですが、これが意外に嵩張るんですよね。小さいくせにカバンの中で意外に場所を取る。
そのくせ適当に放り込んどくのはなんとなく強度的に不安があります。


ssbta113c.jpgその点、このサンワサプライの商品は折り曲げ式になっていて、使わないときはとてもスリムになります。

さらにストラップ付きのキャップがついてるので、強度も安心なうえ携帯にぶら下げておくこともできる。
キャップは45度ほど回転させて(きつめです)取り外すタイプなので、知らないうちに落ちてしまうことはまずないでしょう。


ssbta113d.jpg充電はUSBから。
ACアダプタがないので、これまたとてもコンパクトです。

なおこれまで僕が買ってきたヘッドセットとは異なり、イヤホン部分は耳の穴にぎゅっと差し込むインイヤータイプ。おかげで耳かけがなくても落ちる心配がないだけでなく、相手の声もよく聞こえます。
イヤーキャップは大中小3サイズが同梱されています。僕は最初からついてる「M」でちょうどでした。



ssbta113e.jpgiPhone、ドコモM702iSとの大きさ比較。
質感とデザインは値段なりだと思いますけど、やっぱりこの小ささはいいですね。

実用第一に考えるなら、かなりサイコーなヘッドセットかもしれません。
ちなみにOEM商品と言っても、もちろんマニュアル(リンク先はPDF)はサンワサプライのきちんとした日本語のものが入っています。

便利だと思ったのが、ストレート状態かつ省電力モードで待ち受けしておき、電話がかかってきたら折り曲げ状態にすることで通話開始できること。

ヘッドセットは、それほど電話しない人でも常にスタンバイさせておかないとかかってきた電話に即座に対応できず意味がないのですが、普通の人はいつも耳に付けてるわけにもいきません。といって電話が鳴ってからカバンの中から探すなんて時間かかって仕方ないですしね。

その点この省電力モードでは「約60日間」の待ち受けが可能らしいので(カタログ値。話半分としても1ヶ月ですよね)、「たまにしか使わない」としても普段からキャップをつけて携帯にぶら下げておいて着信があればヘッドセットで通話するという実用的な使い方ができます。

値段も安いし、Bluetooth機能付きの携帯使ってる人はひとつ試してみてはいかがでしょう。iPhone3GS、ドコモM702iSの両方で使えることは確認しましたが、相性の関係で万が一使えなくても、きっとまわりに誰かしら使える人はいるはず。
これまで買った5個の中で、誰にでもすすめられるという意味ではこれが一番です。

あ、A2DPには対応してないので音楽は聴けません。通話専用です。


▼サンワサプライ 400-HS013 Bluetoothヘッドセットを楽天でさがす

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可