FC2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 日記・雑記 > アバター観た

アバター観た  2010.02.14 Sun

avatara213.jpgアバター(AVATAR)を観てきました。

自然保護、反戦、愛、人の成長といったありふれた主題を、パンドラ、ナヴィという架空の存在を通して描く、まさにハリウッドの王道をいくSF大作ですね。

先の展開が読めるきらいはあるけど、とてもシンプルでわかりやすいストーリー、後半の息をもつかせぬドンパチのスリル、感情移入しやすい主人公の心の動きと活躍、それによる痛快さ、勇気と感動。

こうして並べるといささか陳腐に聞こえますが、そこはさすがジェームズ・キャメロン映画、豊富な資金力とたしかな技術による映像の美しさとその見せ方のおかげで、これだけの非現実的な舞台設定でありながら実在感を持って感じられます。
実際とても楽しむことができました。


ゲームでさえ酔ってしまう僕は、3D映画ということに期待4割不安6割でしたけど、最初の15分ほどは「ん?もしかしてやばい・・?」と少し思ったものの、話がすすむと引き込まれていき、3Dは気にならなくなりました。

小難しい映画こそエライと思ってる、大学映画部出の監督が作る映画などとは真逆の「エンターテイメント」です。
タイタニックを抜き興業収入歴代1位になったのもうなずけます。
僕とおなじように「映画は楽しむためのもの」と思っているなら観て損なし。

キャメロンの次回作は日本に落とされた原爆がテーマだそうで、どんな描き方をするのか楽しみですね。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可