ノットオンリー D バット A

Home > デジカメ・写真 > FInePix X100。これは・・

FInePix X100。これは・・  2010.09.20 Mon

fpx100a920.jpgフジフィルムが新型のデジカメを海外で発表したようです。

「FinePix X100」というそのカメラ、写真を見てわかるようにとてもクラシカルな外観。
グリップ部が少し膨らんでいるとはいえ昔のカメラそのままのような基本デザインはもちろんのこと、上面に配置されたシャッター速度と露出補正のアナログダイヤルといい、レリーズボタンの形といい、その横のフィルムカウンタのような小窓(?)といい、背面さえ見なければフィルムのレンジファインダーカメラと間違えそうです。

このボディにAPS-Cサイズの撮像素子、35mm相当F2の固定焦点フジノンレンズ。
記事によれば周辺光量不足を補うためにセンサー周囲のマイクロレンズをこの単焦点レンズにあわせてオフセットしてあるというこだわりよう。

また、光学ファインダー内のいわゆる「枠」であるブライトフレームは、その代わりとして「144万ドットの液晶パネルを配し、液晶パネルからの映像をプリズムを介してファインダー内に取り込み、接眼レンズに導く仕組み」という、よくわからないけど、なんだかえらく凝ってそうな仕組みを採用しているそうです。

こまかいところでは、おそらく三角カンを介してストラップを付けるだろう両端の金具も良いです。平板のストラップ取り付け金具って外観も機能的にも個人的にはイマイチだと思ってますので。

高級指向のコンパクトデジカメはいくつかありますが、それらとも一線を画す製品であることは間違いないところでしょう。
フィルムカメラ、フジノンレンズともに昔から定評があり今でもKLASSEを作り続けているフジの製品ということもあって、これは非常に楽しみですね。
結構お値段張りそうですが。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可