ノットオンリー D バット A

Home > デジタルなモノ > 最強マウス交替

最強マウス交替  2011.05.24 Tue

g700b523a.jpgここ5年以上使ってきた僕的最強マウス、ロジクールMX-1000を引退させました。

内蔵バッテリーの充電時の替えとして常に2台以上使用し、計4台購入したMX-1000でしたが、クリックがおかしくなったりして現在動くのは2台。
しかしそれらもバッテリーの寿命が近づいてきたための乗り換えです。

新しく導入したのは、同じくロジクールのG700

これまでも何度か他マウスへの乗り換えを試したのですけれど、内部USBコマンドの問題(だそうです)で、ボタンのカスタマイズができなかったり、そもそも多ボタンを認識してくれなかったりで、ろくに使えませんでした。
でもこのG700は違います。


g700b523c.jpgG700には12個のボタン(HPでは13個となってますがどう数えるんだろう)があります。
それらのボタンにアプリごとに機能を割り当てることが可能。

ロジクール純正のソフトはWindows用のみですが、シェウエアのSteerMouseを使う事でMacOS Xでもボタン割り当てができるようになります(以前はそれでも一旦Windowsに繋ぎマウスを初期化しないといけなかったようですが、SteerMouseのアップデートにより不要になりました)。

「デフォルト」はFinder操作を割り当てるべきかな。
その後、各アプリケーションでのボタン割り当てを設定していきます。



g700b523b.jpg実際にカスタマイズするのはこの8個のボタンでしょう。
ここで示した番号は、G700に刻印されたボタン番号であり、またSteerMouse上での設定ボタン番号でもあります。

たとえば僕の場合、ボタン4・5は「戻る(アンドゥ)・進む(リドゥ)」なのはほぼ全アプリ共通、Photoshopではボタン9・10を「拡大表示・縮小表示」に設定したり、Webブラウザではボタン8に「再読込」、11に「ブックマークに追加」を割り当てたりしています。
もちろん全てを使い切らないといけないというわけではありません。

ちなみにボタン11の上にあるのは、スクロールホイールの物理的な動きを変更するボタンで、ソフト的にカスタマイズはできません。
通常のカリカリ感のある動きと、ツルツルーーっと回転し続ける動きを切り替えます。
これはあんまり重視してはいなかったのですけれど、「高速スクロール」と呼ばれる後者のモードは、長大なテキストファイルやエクセルの表だけでなく、縦に長いWebページや、Lightroomの写真一覧などをすばやくスクロールさせる事ができ、実際使ってみると意外に便利なことがわかりました。


g700b523d.jpgPCのUSBに挿すレシーバーはこれ。
非常に小さいです。
マウスの中に収納するスペースも設けてあります。



g700b523e.jpgマウスの先端部分にはコネクタ(miniUSB?)があります。

G700マウスの電源は単三形エネループ1本(同梱されてます)であり、付属のケーブルをここに挿してPCのUSB端子に接続することで充電が可能です。
またこの時はワイヤードマウスとして機能するため、使用途中で電池が切れても安心。

もちろん予備のエネループ(と充電器)を用意しておけば、電池交換によりワイヤレスで使い続けられます。

実はこの点は非常に重要で、先述したとおりMX-1000を使えなくなった原因のひとつは内蔵バッテリーの劣化でした。
また、有線では使うことのできなかったMX-1000は電池切れになった時のことを考えマウス本体を2台用意していないといけなかったのに対し、このG700は実際の使用に即した仕様になってると思います。


なおG700のサイズや重量はMX-1000とほぼ同程度。
全体の質感は非常に凝った作りと表面仕上げのMX-1000に軍配があがるものの、機能的には劣る部分は何一つありません。

ボタンの位置が異なるためまだ戸惑ってますけど、これは慣れが解決してくれるでしょう。
市場から消えて久しいMX-1000のカンペキな代替マウスが見つかってほんとに良かった。

一度馴染んだマウスを変更するのはなかなかたいへんですから、これまた生産が終了する前に予備を買っとかなきゃかな。


→6/1追記:
電池のもちは決して良いとは言えないみたいです。
僕はかなり長時間使うほうだと思いますが、2日ほどでバッテリー切れになります。
仕事でヘビーに使う人なら、毎日エネループの充電が必要かもしれません。
ワイヤードでは使いたくないので、上に書いたようにエネループをもう1本用意して常にスタンバイさせてます。


▼Logicool G700マウスを楽天でさがす
▼Logicool G700マウスをAmazonでさがす

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可