FC2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 日記・雑記 > ラピュタの背景

ラピュタの背景  2013.05.05 Sun

チビ達と一緒に、nizoud504.jpg長崎県美術館で開催されている「山本二三展」に行ってきました。

山本二三(にぞう)さんは、ジブリ映画をはじめ、さまざまなアニメの背景画を描かれている方です。
氏が描いた雲は「二三雲」と呼ばれていて、日本ならず海外でも高い評価を得ているそうです。

何気なく見ていたアニメの背景ですが、こうしてオリジナルを「絵」としてじっくり見ると、その力強さと繊細さに圧倒されます。
僕などが評論するのもおこがましいですけれど、こんな素人が見ても、その光と影の表現、生命力を感じる草木、生活感が伝わってくる街や家など、本当に素晴らしいものでした。

「天空の城ラピュタ」「時をかける少女」「もののけ姫」「未来少年コナン」などのアニメが好きな人はもちろん、絵に興味のある人や美しい風景が見たいだけの人でも、行って損はない展示かと思います。

上の写真は、買って来た画集とクリアファイル、それから新聞、iPadのアプリです。
画集は何冊もありパラパラめくってみて、一番面白そうだった1冊を購入しました。絵を並べただけの画集ではなく、それぞれの絵のコメント、インタビュー、さらにちょっとした描き方などのページもあります。

クリアファイルや絵葉書もたくさんありました。
絵を見て気に入っていた「春夏秋冬」のものを1枚購入。
この絵は、iPhone/iPad用のアプリ「春夏秋冬」で鑑賞することもできます。
山本二三さんが関わったiOS用アプリは、他に「歩き屋フリルとチョコレートきしだん」という絵本アプリもあります。


とても素晴らしい展示でしたが、GW中ということで人が多く、多少後ろを気にしながらの鑑賞でした。
6月23日までやってるそうなので、行ってみたい方はなるべくすいてそうな曜日と時間帯を選ぶと、よりじっくり楽しめるかと思います。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可