ノットオンリー D バット A

Home > デジタルなモノ > AdobeのソフトがCCに

AdobeのソフトがCCに  2013.06.18 Tue

adccd618.jpgAdobeの最新アプリケーション群の提供が始まりました。

これまでのCS(Creative Suite)から、CC(Creative Cloud)へ。

Creative Cloudというのは、昨年CS6のときに始まった「アドビの全てのアプリケーションを使える月額制契約」の総称でもあるんですが、今回からアプリのバージョン名にもなったわけです。

以降はこの月額制のCCのみになり、パッケージ製品はなくなるようです。

何度か書いたように、常に最新版の全アプリが使えるかわりに、「今回のバージョンアップは見送って費用を抑えよう」といった選択はできなくなり、ずっと月額5,000円を支払い続けることになります。
携帯とか光回線の契約とか、毎月徴収される金額がどんどん増える傾向になる昨今、この手のものは極力増やしたくないと思ってるのですが、もう仕方がないです。
とはいえ最初ほど抵抗は感じなくなってきました。慣れってちょっとこわいけど。

まぁ、僕にとって本当に必要と思うアプリは2つ3つなので、釈然としない部分はあるものの、Windows/Macを問わずパソコン2台までインストールできるし(同時起動は不可)、いざって時に他のアプリも使える安心感があるのも事実ではあります。

ちなみに最新のCCバージョンアプリをダウンロードしても、これまでのCS6も削除されることはなく、そのまま併用できます(同時起動もOK)。
また、これから
あらたにCS6をダウンロードする事も可能。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可