ノットオンリー D バット A

Home > 日記・雑記 > iMacのスタンド故障とアップルの対応

iMacのスタンド故障とアップルの対応  2014.09.12 Fri

先日、1時間ほど部屋から出て戻ってみると、iMacの画面が下を向いてました。
直感的に、猫が触ったのかなと思いましたが、そのとき部屋に猫はいません。
ま、いいやと画面を元の角度に戻そうとしたのですが、手を離すとまたショボーンと下を向いてしまいます。

機構的な故障なんてめずらしい・・と思いながらも、このままでは使いにくいことこの上ないので、Appleのサポートに電話してみました。
保証期間は切れてますから当然のことながら修理代がかかると言われ、その値段を聞いてみたところ、ほんの少し待たされたあと、電話口の担当者がかわりました。
「スペシャリスト」という役職のその方は、この症状が僕のiMacだけではないと教えてくれました。保証期間外であっても無償修理の対象となるようです。
ピックアップ&デリバリー(集荷の際Mac本体だけ用意しておけば、箱は宅配便の方が持ってきてくれます)で修理してくれるようなのですけど、iMacは僕のメインのパソコンです。すぐに出すわけにはいきませんから、2週間後の日時を指定しました。

iMace912.jpgとはいえ画面が下を向いたままでは非常に見にくいので、この写真のとおり、応急手当でしのいでます。
アルミのMacに木の質感がとってもマッチ。

あ、いや、そんな事より、Appleの「スペシャリスト」の方の対応は本当に素晴らしい。
実は数ヶ月前、Safari上でATOKの動作がおかしい事があり(検索窓などで、文字決定のリターンキーを押すと、そのまま検索が始まってしまうという症状)、万策尽き果てたのでAppleサポートに電話しました。
このときはすぐには解決しなかったのですが、状態の確認や対応策のために何度も電話をいただき、最終手段としてAppleのサーバのOSからこのiMacを起動して、Safariのバージョンを戻すという方法まで伝授していただきました。

結局、その作業を行う直前にタイミング良くSafariのアップデータが出て事なきを得たのですが、それまで電話で話した時間は3時間近かったのではないかと思います。
そしてその知識、言葉遣い、辛抱強さ、まさに「サポートとはこうあるべき」という姿でした。
もし問題が解決しなかったとしても、気分的に十分満足できたと思います。

Apple製品の故障やトラブルで本当に困ってる方がいたら(ただの知識不足というのではアレですが)、サポートに電話してみると良いかもしれません。

→続き「オドロキのAppleサポート」を読む

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可