FC2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > デジカメ・写真 > Nikon Digital Live 2007行ってみた

Nikon Digital Live 2007行ってみた  2007.10.22 Mon

nikondlive1.jpg福岡に用事があったのでついでにスカラエスパシオで開催されていた「Nikon Digital Live 2007」に行ってきました。
内容はもちろんD3とD300の説明や展示、体験会です。

これは河田一規さんがD300についてお話しされているところ。
非常にわかりやすい説明でした。



nikondlive2.jpg決して広い会場というわけではなかったのですが、こうして試写できるスペースが用意してあります。
また少なくはないものの人数的にはちょうど良いくらいの密度になっていて、わずかな待ち時間でこうしてD3・D300でハープ実演を撮影したり、実機に触れて説明を聞いたりできていました。
ただし撮影データを持ち帰ることは不可。


nikondlive3.jpgこれがD300の実機。
いやー、実際さわるとやっぱいいです。
モノとしての質感、シャッター切った時の感触などはやはりニコンが断然一番ですね。
D3にも触れましたが、ミラーサイズのせいかシャッター音はD300より大きめでした。連写速度はまさに驚くべきスピード。僕には必要ありませんけどw。
また、D3のISO6400の画像がB0サイズくらいのポスターにして貼ってあったのですけれど、PCで画像データを見るよりノイズの類はさらに気にならず、十分実用になりそうだと感じました。すごいです。
ライブビュー2種も試させてもらったところ、じっくり撮るときに「三脚モード」はかなり使えそうな感じでした。


nikondlive4.jpgカメラ本体以外で興味深かったのが、このレンズコートの展示です。
薄いガラス板を14枚重ね、その下にCCDを置いてある筒が3つ並んでます。
左側はコートが一切ない単なるガラス板、中央はカメラレンズに多用してある多層膜コート、そして右側は最近の上級ニコンレンズに採用してあるナノクリスタルコートを施してあります。
まさに一目瞭然。コート無しは表面同士の反射によって下のCCDがほとんど見えません。しかしナノクリスタルコートではガラスが1枚しかないかのようにクリアです。これは僕の写真の撮り方でたまたまそう見えるのでなく、肉眼で見るとさらに一見して違いが確認できるものでした。
こんなに違うとは。

このコート、すでに発売されているVR Micro Nikkor105mmをはじめ、D3・D300と同時に発表された新レンズすべてに採用されています。
プロの方々も絶賛のレンズコーティングですが、残念ながらコストが相当かかるようで、いまのところ高級レンズにしか使われてないのが残念。


1時間ほどで腰痛が悪化してきたためひどくなる前に会場をあとにしたのですけれど、D300に対する物欲が大きくなってしまいました。

PS.休憩のためにその直後に入った、同ビル内のパスタ店で食べたミックスピザが絶品でした。
これ食べにまた行きたいくらい(^_^)。


▼NIKON D300を楽天でさがす
▼NIKON D300をAmazonでさがす


▼NIKON D3を楽天でさがす
▼NIKON D3をAmazonでさがす

FC2 Blog Rankingに参加してます。良かったら押して頂けると嬉しいです→

Comments

name
comment
tender-surrender : URL

#- 2007.10.22 Mon 02:47

おおぉぉぉ~~~
D3&D300の実機に触られたのですねぇ~www
我慢は身体に毒です。是非とも逝っちゃってください!!!
購入後のレビューを楽しみにしておりますw

BONZO : URL

#- 2007.10.22 Mon 15:40

我慢は身体に毒なんですが、我慢しないのもサイフに毒なんですよね(+_+)。
それにしても、いくら高い機材買ってもいい写真撮れるわけじゃないのはわかってるんですが、欲しくなっちゃいますねぇ。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可