fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > 日記・雑記 > 嬉しくも悲しい同窓会

嬉しくも悲しい同窓会  2008.01.05 Sat

dousou7102.jpg僕も幹事の1人として準備した、小学校のときのクラス同窓会を2日に行うことができました。

メンバーもさることながら良き先生にめぐまれたこの6年2組は、非常にまとまりが良く僕にとっても思い出深いクラスで、中学校、高校のそれよりも回数は多いくらいなのですが、それでも今回は10年ぶりとなる同窓会。
今回は先生のあるお祝いにかこつけた集まりです。

仕事や家庭の関係で1次会しか参加できなかった人、途中から参加してくれた人をあわせると40名中25名がかけつけてくれました。

いつまでも若々しい先生、トシとってもぜんぜん変わらない友達、すっかり丸くなった人、好きだったあの子。どれだけいても話は尽きません。
このクラスはやっぱり最高です。T先生最高です。子供の頃の友達は最高です。

残念なのは同窓生2人がすでにいない事です。彼らにもう会えないのが辛い。
10年前、彼らもまさか次の同窓会に行く事ができないなどとは思ってなかったことでしょう。
ほんとに明日をも知れぬ我が身です。「今」やりたいこと、やるべきことをするべきなんだと思います。

ふと気づくと、いつの間にか僕らは当時の先生の年齢を越えてしまっていました。

Comments

name
comment
nakimushi : URL

#clzEvu9Y Edit  2008.01.07 Mon 06:10

敬愛するT先生をはじめ、みんな素敵な大人、イイ笑顔でしたね。
大切な心友(ともだち)だと再認識できたひとときでした。
幹事 ほんとうにおつかれさまでした。
幹事の気持ちが伝わったからこそ イイ集まりになったと感謝しています。
この繋がりは いつまでも大切にしていきたいですね。


comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可