fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > Search > ジャイロフォース

お店でジャイロフォース  2006.12.12 Tue

gyrotorga1.jpgお手軽ラジコンヘリ「GYRO FORCE(ジャイロフォース)」。
前回・前々回と固定カメラでの動画でしたが、今回は友達のM氏に頼んで手持ちで動画を撮ってもらいました(カメラはエアロウイングスの動画撮りなどでも使ったいつものLUMIX DMC-TZ1)。
場所も変えてます。このあたりではなかなかに人気のある喫茶店「トルガカフェ」(0957-21-5650)。地図でいうとこのへんです。

gyrotorga2.jpgこのトルガカフェ、食べ物・飲み物も美味しいんですが、僕は店の雰囲気が結構好きなんですよね。川に面した4階建てビルの一番上にあり、この動画や写真を撮ったのはもう暗い時間だったので見えませんけど奥のガラス扉のそとはちょっとしたテラスになってます。うちのチビは川面を一望できるその場所がお気に入りです。

一緒に写ってるのは店長所有のハニービー
他のお客さんがいないときにちょっとだけスペースをお借りして飛ばしました。

今回の動画は音楽と合わせてみると尺が短かったので静止画なんかも加えてます。これまでの2つよりずっと「それなり」に見えると思うので、最後までちゃんと見て下さいな(笑)

▼ジャイロフォース QuickTimeムービーその3(約13MB)2分09秒
▼ジャイロフォース QuickTimeムービーその3(小)
 ※サイズが少し違いますが、内容は2つとも同じです。
 ※回線速度が遅い方やPCが古めの方は下のほう(小)を見てくださいね。

FC2 Blog Rankingに参加してます。良かったら押して頂けると嬉しいです→

関連記事
ジャイロフォースが届く
ジャイロフォース動画を撮ってみた
ジャイロフォース動画2


▼GYRO FORCEを楽天でさがす
▼GYRO FORCEをAmazonでさがす


▼ハニービー(HoneyBee)を楽天でさがす
▼ハニービー(HoneyBee)をAmazonでさがす


▼Panasonic LUMIX DMC-TZ1を楽天でさがす
▼Panasonic LUMIX DMC-TZ1をAmazonでさがす


▼エアロウィングスを楽天でさがす
▼エアロウィングスをAmazonでさがす

ジャイロフォース動画2  2006.12.06 Wed

gyrotop.jpg前回はジャイロフォース(GYRO FORCE)の動きが比較的大きいシーンでしたが、今回はちょっとおとなしい動きのテイクです。ノーカットです。

完全静止も含め、ゆっくり動かすのは結構難しいです。
しかも地面に近づくと気流が荒れるのか安定しないのに、上げすぎるとカメラに入らない。カメラのすぐ前でホバリング(に近い状態に)しようと思ってましたが、直進ができない事もあって今の僕にはできませんでした(笑)。
2チャンネルのお手軽ラジコンヘリとはいえ、練習は必要のようです。
けど楽しい・・w。

▼ジャイロフォース QuickTimeムービーその2(約2MB)1分36秒

関連記事
ジャイロフォースが届く
ジャイロフォース動画を撮ってみた
お店でジャイロフォース


▼GYRO FORCEを楽天でさがす
▼GYRO FORCEをAmazonでさがす


▼ハニービー(HoneyBee)を楽天でさがす
▼ハニービー(HoneyBee)をAmazonでさがす

ジャイロフォースの動画を撮ってみた  2006.12.01 Fri

gyro6.jpgお手軽ラジコンヘリコプター「GYRO FORCE(ジャイロフォース)」を買ったのは以前書きましたが、今日某所にて動画を撮ってきました。

一応もう一度説明しておくと、操作は2チャンネル。左のスティック上下がスロットルで、これによって上昇と下降を行います。右スティックの左右はちょっと特殊です。左に倒すと反時計回りにその場旋回し、右に倒せば大回りするようになってます。
基本的に「直進」というのがないので思った位置に動かすのはなかなか難しいです。この動画を撮るときにもカメラの三脚や天上に何度かぶつけました(^_^;)。ローターなどはヤワなように見えて意外に丈夫なようです。

僕しかいないのでカメラは固定です。そのせいで迫力のない映像になってしまってますが、実際に遊ぶともっと面白いです。メインローターの上の小さいローター(名前知りません)が実機より大きいのがビジュアル的に気になってましたが、飛ばしてみればそんなのはどうでもいい事だと感じましたw。

▼ジャイロフォース QuickTimeムービー(約4MB)2分18秒

gyrosf.jpg送信機の電源スイッチにはOFF以外に「S」と「F」があります。Sはスローモード、Fはファストモードの略だと思います。その名のとおりFのほうがパワーを出せますが、何しろまだ4充電ぶんくらいしか飛ばしてない初心者なもので、この動画はすべて「S」モードです。

gyronose.jpgなお、ボディ先端にかぶせる透明のカバーが付属しており、説明書には「より速く前進させるためにはノーズカバーを両面テープ等で取り付けてください」と書いてあるのですが、おそらくこれを付けることで重量バランスが微妙に変わり直進できるようになるのかもしれません。逆にホバリング(静止状態)に近い事はできなくなりそうですが、今度試してみます。


今日は結構広いところで飛ばしてますが、物さえ多くなければ8畳間程度でも遊べそうな感じです。屋外でも少しだけ試してみところ、これは少々きびしいことが判明。わずかな風にもあおられます。ヘリだけあってエアロウィングスなどの飛行機よりもさらに風には弱いようですね。屋外で完全な無風という日は多くないと思うので、室内専用と考えたほうがいいかもしれません。

それにしても、単純ではあるものの6000円かそこらでラジコンのヘリが買えること、誰でもすぐ飛ばせるように出来上がっていることにあらためて驚かされます。大人のちょっとしたオモチャとして上出来で品不足気味なのもうなずけます。

FC2 Blog Rankingに参加してます。良かったら押して頂けると嬉しいです→

関連記事
ジャイロフォースが届く
ジャイロフォース動画2
お店でジャイロフォース(おすすめ)


▼GYRO FORCEを楽天でさがす
▼GYRO FORCEをAmazonでさがす

ジャイロフォースが届く  2006.11.26 Sun

gyroforce1.jpg数日前に書いたお手軽ラジコンヘリ、どっちにしようか迷ったのですが、多少は前後左右の操作ができそうなGYRO FORCE(ジャイロフォース)に決めて購入しました。


gyroforce2.jpgパッケージはこれ。
35.5×30.5×12cmくらいで、エアロウィングスよりコンパクトな箱です。ただ、充電器などが台紙に針金でしつこく留められており、僕は破かないと中身を全部出せませんでしたw。


gyroforce3.jpgほぼ全体。ボディ全長は24cmほどです(ローター含まず)。
ボディは発泡素材ですが、テール部分は3mmくらいの角材(樹脂製)に紙を貼り付けてボリューム感を出してます。前部の脚は樹脂、後の脚(棒)はカーボンっぽいんだけど何だろう。
HoneyBeeと比べるとずいぶん重い気がします。


gyroforce4.jpg電池は送信機のほうに9Vの四角い電池(以前は「006P」って言ってたと思うんですけど最近あんまり聞かないなぁ)が1個。この電池は付属しないのでGYROFORCE買う人は一緒に購入しましょう。
ヘリ本体には例によって充電式のリチウムポリマー電池が内蔵されています。


gyroforce5.jpgヘリへの充電は、専用の充電器を使います。
エアロウィングスハニービーも送信機に繋いで充電するタイプでしたが、このジャイロフォースではもっと電力が必要なのか、AC電源からの充電になっています。
ここに写ってる充電器からさらにACアダプタ(よくあるゴロンとしたやつ)を繋いでコンセントに差し込みます。
荷物が増えて面倒っていえばそのとおりなんですが、小型ラジコンヘリという性格上、室内で遊ぶことがほとんどでしょうからそれほど問題ないかもしれないですね。充電時間は40分、飛行時間は7分と書いてあります。


ほんの少しだけ部屋で飛ばしてみたんですが、HoneyBeeと比べれば水平移動量が大きいぶん難しいと言えるかもしれませんけれど、ラジコンヘリとして見たらもうめちゃめちゃ簡単です。以前浮かすことさえできなかった(本格)ラジコンヘリとは比較になりません。って当たり前ですけど。
2つしかないチャンネルですから操作はシンプル。左スティックの上下で「上昇・下降」は当然として、右スティックは、左に倒すと左回りに「その場旋回」、右に倒すと右回りで「大まわり」になります。
思い通りには飛ばせないけれど、エアロウィングスみたいな飛行機よりずっと狭い場所で遊べるし、何しろ誰でもRCヘリを飛ばせるというのは素晴らしい。まだちょっとだけしかやってませんが、これかなり面白そうですよ。
あとは耐久性がどのくらいあるかですね。おそらく微妙なバランスで成り立ってると思うので、もしかしたらちょっとした事で全然ダメになるという可能性もなくはないですもん。

近々、動画も撮ってアップしてみるつもりです。

関連記事(つづき)
ジャイロフォースの動画を撮ってみた
ジャイロフォース動画2
お店でジャイロフォース


▼GYRO FORCEを楽天でさがす
▼GYRO FORCEをAmazonでさがす


▼HoneyBeeを楽天でさがす
▼HoneyBeeをAmazonでさがす


▼AeroWingsを楽天でさがす
▼AeroWingsをAmazonでさがす

ハニービーとジャイロフォース  2006.11.22 Wed

honeybee.jpg今日M氏に誘われ行った喫茶店で面白いオモチャを見つけました。
小さいヘリコプターのラジコンで、お店の人が買ってきたそうです。

手のひらに載るサイズ。赤外線による操作になっているようです。「落ちても壊れませんよ」という店員さんの声を信じて試させてもらったんですが、実に簡単に飛びます。2チャンネルで、一応向きを変える操作ができ、自由自在に・・・・・・・・・飛ばすことはできませんが、ホバリング(に近い状態)なら誰でも数分でできるようになるでしょう。そしてほんとに落ちても壊れません。
たとえばパイロンを回ったりとかいう事はおそらく無理だと思います。事実上、上下動と多少の水平方向移動しかできないんですが、これが楽しい楽しい。

帰ってから商品名「HoneyBee」を検索すると、ありましたありました。なんと、このブログで何度も書いた超お手軽飛行機ラジコン「エアロウィングス」と同じメーカーじゃありませんか。この会社、なかなか面白いのを出してくれるようです。HoneyBeeの動画もあります。ちょうどこんなふうに飛びます。

このシーシーピーってメーカーのHPを見てみると、HoneyBee以外に「GYRO FORCE」っていうのも出てるみたいですね。こちらは少し大きいかわりに、うまく操作すれば左右の思う方向に進むらしい。

うーん、これはどっちか買わねばならぬかも・・。

→つづき「GYRO FORCEが届く」を読む
→さらにつづき「GYRO FORCE動画を撮ってみた」を読む


▼HoneyBeeを楽天でさがす
▼HoneyBeeをAmazonでさがす


▼GYRO FORCEを楽天でさがす
▼GYRO FORCEをAmazonでさがす

ペガサスウィング交換  2006.07.13 Thu

pegasuspack.jpg3機目のエアロウィングス「ペガサスウィング」ですが、左右モーターの出力差がやはり気になってました。
最近は雨ばっかりだしあんまり時間もなくて全然飛ばせないこともあって、ダメ元でメーカーのシー・シー・ピーにメールで問い合わせてみると、「不良」とのことで快く交換に応じてくれることに。

むこうから指示されたとはいえ3000円もしない物を送料着払いで送ることは少々気が引けましたが(軽いけど結構大きな箱だし)、せっかくなのでお願いしましたw。

送られてきたペガサスウィングは送信機から箱まで当然新品。
まだ試しにほんのちょっとだけ飛ばしてみただけですが、以前のような左右差はありません。全体的に少しパワフルな感じさえしました。
やはり、おそらく右のモーターの出力が弱かったんだと思います。この手のモーターは携帯電話のバイブレーター用を流用しているそうなのですが(だからこそ大量生産の汎用を使え、小型&安価でできるのでしょう)、その本来の用途の性格上、出力の管理が甘いというか厳密に一定に作る必要がないからこうした事が起こるのかもしれません。


梅雨が明けて捻挫も治ったらちゃんと飛ばしてみましょう。

以前の関連記事(書いた順)
飛べ飛べヒコーキ
エアロウィングス
エアロウィングスに新型「ペガサスウィング」がっ
エアロウィングス4機
ペガサスウィング買った(一番最初のリンクと同じです)
体育館にて(二番目のリンクと同じです)
ハニービーとジャイロフォース
GYRO FORCEが届く
ジャイロフォース動画を撮ってみた
ジャイロフォース動画2
お店でジャイロフォース



  

体育館にて  2006.06.05 Mon

aero-gym1.jpg最近この話題ばっかりでアレですが、またまたエアロウィングス(AeroWings)の話。
今日は小学校の体育館を1時間ほど借りることができたので、ペガサスウィングも含めて3機持って行きました。E氏も一緒です。

やっぱりこういう所が最高ですね。広いし風がない。
こういう場所で飛ばすと、それぞれの性格の違いがはっきり見えてきました。
バイウィングスは遅いけど無難でとても操縦しやすい。
スワローウィングスも無風では素直ですが、やはり「どんどん上昇していく」のはかわらず、高度を下げようとすると例の大波に乗ったような上下(失速・上昇の繰り返し)の動きになりやすいです。しかしながら、無風のところならスロットルを頻繁に上下させる事でなんとか回避できるようです。
そして新型のペガサスウィングですが、先日の印象とはだいぶ違いました。どんなスロットル状況でも細かい上下動(スワローウィングスのそれよりも振幅が小さい)を伴います。また僕の個体は左右のモーターに出力差があるのは以前書きましたが、トリムによって調整はできたものの、「右旋回はスムーズだが左旋回は不安定」という状況になっています。

aero-gym2b.jpg

そんなわけで、とりあえず僕のおすすめはやっぱり青いバイウィングスという事にしておきます。

それにしても体育館では飛んでるラジコン飛行機の写真やビデオを撮るのが困難でした。コンパクトデジカメしか持っていっておらず、それ1台で静止画も動画も撮ったんですが、静止画でシャッター速度が遅くなるのはまぁ予想通りでしたが、飛行機の位置によりカメラからは逆光になったり暗くなったりで動画中に露出がえらく変化していて見にくい。望遠側にズームするとフレームに収めきれないので広角側で撮るしかないんですが、デジカメの液晶上では機体がゴマ粒のように小さいこともあって逆光時にはどこ飛んでるのかよくわかりません。
飛んでるエアロウィングスを撮るなら、静止画ならできれば明るいレンズ付けた一眼レフ、動画はビデオカメラで撮るのがよさそうです。どちらもファインダーを覗きながら片目で実像も見ることのできるタイプがいいと思いますので。
でも一応動画を載せときますね。

▼エアロウィングスat某体育館 QuickTimeムービー(約40MB)

関連記事(つづき)
ハニービーとジャイロフォース
GYRO FORCEが届く
ジャイロフォース動画を撮ってみた
ジャイロフォース動画2
お店でジャイロフォース

以前の関連記事
飛べ飛べヒコーキ
エアロウィングス
エアロウィングスに新型「ペガサスウィング」がっ
ペガサスウィング買った

  

ペガサスウィング買った  2006.06.03 Sat

aeropegasus1.jpgこのブログで何度も書いている3000円のラジコン飛行機エアロウィングスの新型「ペガサスウィング」を手に入れました。
胴体後半部にパイプを使ってあったこれまでの2機種と違い、全体がEPP(発泡 ポリプロピレン)でできてます。
どうなっているのかわからなかったモーターですが、想像どおり2つだけ。つまり機首の大きなプロペラはダミーで、空転するだけでした。写真は風が吹いたときに撮ったのですが、このダミープロペラだけ回転してますねw。

aeropegasus2s.jpgバイウィングスと並べてみました。
いかにも「飛ぶだけのラジコン」という形のバイウィングスに比べ、カーブを描く上反角をもつ主翼、その形状、胴体、ステッカー、そしてダミーのプロペラなどによって、少しだけ本物っぽい形になってます。垂直・水平尾翼もペラペラの薄いものから厚みのあるものにかわりました。ちょっと「紅の豚」っぽいかもw。
またこの写真ではわかりずらいのですが、下から見たときは上側の主翼だけが白、下側の主翼も含めほかの部分はすべて赤というカラーリングになっていて、飛んでるときの見栄えも悪くないと思います。全体的に少しだけお金がかかってるというか、コストに余裕がでてきたのかなと感じますね。

aerospecss.gif横型から縦型にデザイン変更された箱をよく見てみると、これまで全然気づかなかったのですがその機種の性格を表すグラフが書いてありました。他の2機種にも載ってたので、3機種ぶんをかさねてみるとこうなります。
オレンジ色の面で示したペガサスウィングは、この図によればバイウィングス(青)とスワローウィングス(赤)の中間的性格に見えます。
ただ上昇能力が小さい。でも「上がりすぎ」とさえ感じてましたので、もしかしたら逆に良いかもしれません。


で、早速外に出て近くで飛ばそうとしたのですが、運悪く風が強い・・。
それでもとりあえずやってみると、手を離した瞬間から右に大きく旋回しすぐ墜落してしまいます。これはE氏のスワローウィングスに発生したモーターの許容範囲外の左右差か! と思いましたが、ぎりぎりトリムでの調整範囲内でした。ほっ。。ちなみにペガサスウィングは尾翼が厚くなったのでそれを曲げて調整することはできません。
この後そこで数分間、それからちょっと広い室内(小さなホールです)でも数分間飛ばしただけですが、上の性格グラフは結構アテになるようです。
これまでの2機種はとにかく機首を上げようという姿勢になるため失速して墜落しかけても持ち直せる事が多かったのですが、このペガサスウィングは上昇力というか機体(翼)の揚力が小さいせいで、落下寸前の地上付近でねばりませんw。でもこれは同時に「高度を維持しやすい」ことにもなるようです。旧2機種はその性格から、大波に乗っているような「上がったり下がったり」を繰り返すような事が多いのですが、ペガサスウイングにはそれが少ない。言い換えるとフワフワ感が小さいという印象です。そのためスロットルを開けてる時間が長いような気もしますから、もしかしたら実質的な飛行可能時間は短めになるかもしれないですね。

旧2機に慣れてると浮く感じが小さいために最初はすぐ落ちるように思えてちょっとだけ戸惑いますが、すぐ慣れます。すると「より飛行機らしい」気がしてきました。
速度は速いといっても例によってたいした事はなくw、バイウィングスよりは速いと思いますが、まあスワローウィングス程度でしょうか。あ、これも性格グラフどおりですね。
旋回に関しては、グラフではバイウィングスと同等になってますが、個人的には比較すれば小回りは若干効きにくいように感じました。旋回=片方のモーター出力を下げる=高度が下がりやすいということもあると思います。

まだ結論出すには早すぎますけど、広い場所だと3つのうちで一番楽しいかもしれません。わずかですが、他の2機より風にも強そうな感じがします。
ちなみに台所のデジタルはかりで重さを量ってみると、
 バイウィングス・・・・20g
 スワローウィングス・・17g
 ペガサスウィング・・・22g
でした。この重さも動きに影響してるはずです。
今日は1人だったので無理でしたけど、近々また動画も撮ってこのブログにアップするつもりです。

ひとつすごく残念だったのが周波数。
バイウィングスが「A」チャンネル、スワローウィングスが「B」チャンネル。ペガサスウィングは当然Cを期待していたんですが、実際には「B」でした。
つまり、バイウィングスとは同時に飛ばせますが、スワローウィングスとは飛ばせません。機種によってチャンネルが決まっているので、もちろん同じ機種2機を同時に遊ぶことも不可能です。
あと500円高くてもいいから、これを何とかしてくれませんかねぇ・・・。

関連記事(つづき)
体育館にて
ハニービーとジャイロフォース
GYRO FORCEが届く
ジャイロフォース動画を撮ってみた
ジャイロフォース動画2
お店でジャイロフォース

以前の関連記事
飛べ飛べヒコーキ
エアロウィングス
エアロウィングスに新型「ペガサスウィング」がっ
エアロウィングス4機

  

エアロウィングス4機  2006.05.31 Wed

4aw1.jpg知人のE氏とエアロウィングスを飛ばしてきました。青(バイウィングス)と赤(スワローウィングス)が2機ずつで計4機。

今日はこれ飛ばすには少々風が強かったみたいで、「そっちじゃないってー」と叫びながらもどんどん流され最初からいきなりヤブの中に墜落。取りに向かうと予想以上の深いヤブで身動き取れず「あきらめた」ところに地元民のE氏が反対側からあっさり救助。そっちから行けるって教えてくれればいいのに・・・。

まあ、そんなで始まったわけですが、やっぱりこれ著しく風に弱いですわ。特にスワローウィングのほうは上昇力が強いために、「風上に向ける→上昇する→降ろすためにスロットルオフ→風に流され風下へ」の繰り返し。高度を上げるとさらに流されちゃうので低く飛ばしたいんだけど、それがなかなかに難しい。バイウィングスのほうが安定します。
もっとも、どちらにしても風があるときは「操縦してる」ベクトルよりも「風にとばされてる」ベクトルのほうがずっと大きいなw。まー、それはそれで楽しいんだけどw。
言うまでもなくその後も何度かヤブ行きになりました。

4aw2.jpgでも風さえなければすごく楽しい。E氏などはかなり高いところから垂直に落とす耐久試験(?)を何度もやってましたが、頭の塗装がはげた程度でまったく壊れないほど丈夫。
そしてまたE氏は、僕の身体を使った耐クラッシュ性も実験してました。もちろん僕という人間が特別丈夫なわけではありません。どっちかと言えばか壊れやすいほうでしょう、たぶん。でも顔以外なら全速力で当たっても全然平気です。
なんて安全なラジコン飛行機でしょう。今日一番危険だったのは、いかにもマムシが出てきそうなヤブ探検だった事は間違いありません。
次は、都合がつけば体育館で飛ばしてみようと思ってます。

▼エアロウィングス バイウィングスのQuickTimeムービー 大(20MB)
▼エアロウィングス バイウィングスのQuickTimeムービー 小(10MB)

関連記事(つづき)
ペガサスウィング買った
体育館にて
ハニービーとジャイロフォース
GYRO FORCEが届く
ジャイロフォース動画を撮ってみた
ジャイロフォース動画2
お店でジャイロフォース

以前の関連記事
飛べ飛べヒコーキ
エアロウィングス
エアロウィングスに新型「ペガサスウィング」がっ

TB→E氏のブログ記事「エアロウィングス動画だと虫みたいだ(笑)

  


▼Panasonic LUMIX DMC-TZ1を楽天でさがす
▼Panasonic LUMIX DMC-TZ1をAmazonでさがす


▼楽天でおすすめSDカードをさがす
(2GB:6300円~)
▼AmazonでおすすめSDカードをさがす

エアロウィングス  2006.05.19 Fri

aerowings1.jpg前回書いたラジコン飛行機のAeroWings、すごく楽しかったんで赤も買ってしまいました。
届いた時からモーターが片方とれてましたが、両面テープがはがれただけなのでそのまま押しつけてOK(笑)。3000円しないその値段がなにしろ嬉しいです。落ちても簡単には壊れませんし。

aerowings2.jpg小雨がぱらつく中、ブログネタにとカメラ持参で飛ばしに出ましたが、何が難しいって飛んでる写真撮るのがひじょーに難しい。誰かに飛ばしてもらえばいいんですが、とりあえず誰もいません・・。というわけで飛ばしながら片手をプロポから離し急いでカメラに持ち替えて撮りました。この状態ではスロットルしか動かせませんし安定飛行にはほど遠く、また首に下げてる間にカメラのズームは自重で伸びてくるし・・。ピントなんか知ったこっちゃないです。というか半分くらいはフレームに入ってませんでした。
赤を飛ばし始めて少しすると雨が強くなってきたので写真は青がほとんどです。そんなわけですのでこの程度の写真で我慢してください。。


同じ「エアロウィングス」シリーズとはいえ、赤と青を比べると動きにかなり違いがあります。赤のほうが上昇力がより強く(というか一定の高度に維持するのは旋回中以外ほぼ不可能です。尾翼のエレベータ下げても大差なし)、複葉の青より翼の抵抗が小さいのかパワー感もあります。ただ、そのせいで狭い場所や天上の低い場所ではかなり飛ばしにくい。舵も残りやすい傾向にあるようですので、旋回のあと逆方向に舵を切ってやる必要性は青より高いかもしれません。
逆に青のほうは前回書いたとおりホンワカのんびりなんですけど、そのぶん低空飛行を持続させるのは比較的たやすいです。
どちらも一長一短なのでどっちがオススメとも言えませんが、あえて書くなら完全に初心者は青、ちゃんとしたラジコンをやった事のある人なら赤かな。
どちらも風にはすごく弱いです。無風か微風程度じゃないとどこ行くかわかりませんw。
体育館とかで遊べたら最高なんですけどねー。

ちなみにバンドは青がAバンド、赤がBバンドの固定ですから、青と赤の同時飛行はできますが、青同士とか赤同士は一緒には飛ばせないのが残念。
機体の軽さと速度の遅さゆえ、危険度はすごく低いです。目にでも当たらないかぎり、直撃しても子供でもケガなんてしません。RC飛行機もライトになったもんです。
休日の公園なんかでいかがですか?(笑)

aerowings3.jpg

→つづき(?)「エアロウィングスに新型がっ!」を読む
→さらにつづき「エアロウィングス4機」を読む
→もっとつづき「ペガサスウィング買った」を読む
→とにかくつづき「体育館にて」を読む
ハニービーとジャイロフォース
GYRO FORCEが届く


 
FC2 Management