fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > Search > バイウィングス

体育館にて  2006.06.05 Mon

aero-gym1.jpg最近この話題ばっかりでアレですが、またまたエアロウィングス(AeroWings)の話。
今日は小学校の体育館を1時間ほど借りることができたので、ペガサスウィングも含めて3機持って行きました。E氏も一緒です。

やっぱりこういう所が最高ですね。広いし風がない。
こういう場所で飛ばすと、それぞれの性格の違いがはっきり見えてきました。
バイウィングスは遅いけど無難でとても操縦しやすい。
スワローウィングスも無風では素直ですが、やはり「どんどん上昇していく」のはかわらず、高度を下げようとすると例の大波に乗ったような上下(失速・上昇の繰り返し)の動きになりやすいです。しかしながら、無風のところならスロットルを頻繁に上下させる事でなんとか回避できるようです。
そして新型のペガサスウィングですが、先日の印象とはだいぶ違いました。どんなスロットル状況でも細かい上下動(スワローウィングスのそれよりも振幅が小さい)を伴います。また僕の個体は左右のモーターに出力差があるのは以前書きましたが、トリムによって調整はできたものの、「右旋回はスムーズだが左旋回は不安定」という状況になっています。

aero-gym2b.jpg

そんなわけで、とりあえず僕のおすすめはやっぱり青いバイウィングスという事にしておきます。

それにしても体育館では飛んでるラジコン飛行機の写真やビデオを撮るのが困難でした。コンパクトデジカメしか持っていっておらず、それ1台で静止画も動画も撮ったんですが、静止画でシャッター速度が遅くなるのはまぁ予想通りでしたが、飛行機の位置によりカメラからは逆光になったり暗くなったりで動画中に露出がえらく変化していて見にくい。望遠側にズームするとフレームに収めきれないので広角側で撮るしかないんですが、デジカメの液晶上では機体がゴマ粒のように小さいこともあって逆光時にはどこ飛んでるのかよくわかりません。
飛んでるエアロウィングスを撮るなら、静止画ならできれば明るいレンズ付けた一眼レフ、動画はビデオカメラで撮るのがよさそうです。どちらもファインダーを覗きながら片目で実像も見ることのできるタイプがいいと思いますので。
でも一応動画を載せときますね。

▼エアロウィングスat某体育館 QuickTimeムービー(約40MB)

関連記事(つづき)
ハニービーとジャイロフォース
GYRO FORCEが届く
ジャイロフォース動画を撮ってみた
ジャイロフォース動画2
お店でジャイロフォース

以前の関連記事
飛べ飛べヒコーキ
エアロウィングス
エアロウィングスに新型「ペガサスウィング」がっ
ペガサスウィング買った

  

ペガサスウィング買った  2006.06.03 Sat

aeropegasus1.jpgこのブログで何度も書いている3000円のラジコン飛行機エアロウィングスの新型「ペガサスウィング」を手に入れました。
胴体後半部にパイプを使ってあったこれまでの2機種と違い、全体がEPP(発泡 ポリプロピレン)でできてます。
どうなっているのかわからなかったモーターですが、想像どおり2つだけ。つまり機首の大きなプロペラはダミーで、空転するだけでした。写真は風が吹いたときに撮ったのですが、このダミープロペラだけ回転してますねw。

aeropegasus2s.jpgバイウィングスと並べてみました。
いかにも「飛ぶだけのラジコン」という形のバイウィングスに比べ、カーブを描く上反角をもつ主翼、その形状、胴体、ステッカー、そしてダミーのプロペラなどによって、少しだけ本物っぽい形になってます。垂直・水平尾翼もペラペラの薄いものから厚みのあるものにかわりました。ちょっと「紅の豚」っぽいかもw。
またこの写真ではわかりずらいのですが、下から見たときは上側の主翼だけが白、下側の主翼も含めほかの部分はすべて赤というカラーリングになっていて、飛んでるときの見栄えも悪くないと思います。全体的に少しだけお金がかかってるというか、コストに余裕がでてきたのかなと感じますね。

aerospecss.gif横型から縦型にデザイン変更された箱をよく見てみると、これまで全然気づかなかったのですがその機種の性格を表すグラフが書いてありました。他の2機種にも載ってたので、3機種ぶんをかさねてみるとこうなります。
オレンジ色の面で示したペガサスウィングは、この図によればバイウィングス(青)とスワローウィングス(赤)の中間的性格に見えます。
ただ上昇能力が小さい。でも「上がりすぎ」とさえ感じてましたので、もしかしたら逆に良いかもしれません。


で、早速外に出て近くで飛ばそうとしたのですが、運悪く風が強い・・。
それでもとりあえずやってみると、手を離した瞬間から右に大きく旋回しすぐ墜落してしまいます。これはE氏のスワローウィングスに発生したモーターの許容範囲外の左右差か! と思いましたが、ぎりぎりトリムでの調整範囲内でした。ほっ。。ちなみにペガサスウィングは尾翼が厚くなったのでそれを曲げて調整することはできません。
この後そこで数分間、それからちょっと広い室内(小さなホールです)でも数分間飛ばしただけですが、上の性格グラフは結構アテになるようです。
これまでの2機種はとにかく機首を上げようという姿勢になるため失速して墜落しかけても持ち直せる事が多かったのですが、このペガサスウィングは上昇力というか機体(翼)の揚力が小さいせいで、落下寸前の地上付近でねばりませんw。でもこれは同時に「高度を維持しやすい」ことにもなるようです。旧2機種はその性格から、大波に乗っているような「上がったり下がったり」を繰り返すような事が多いのですが、ペガサスウイングにはそれが少ない。言い換えるとフワフワ感が小さいという印象です。そのためスロットルを開けてる時間が長いような気もしますから、もしかしたら実質的な飛行可能時間は短めになるかもしれないですね。

旧2機に慣れてると浮く感じが小さいために最初はすぐ落ちるように思えてちょっとだけ戸惑いますが、すぐ慣れます。すると「より飛行機らしい」気がしてきました。
速度は速いといっても例によってたいした事はなくw、バイウィングスよりは速いと思いますが、まあスワローウィングス程度でしょうか。あ、これも性格グラフどおりですね。
旋回に関しては、グラフではバイウィングスと同等になってますが、個人的には比較すれば小回りは若干効きにくいように感じました。旋回=片方のモーター出力を下げる=高度が下がりやすいということもあると思います。

まだ結論出すには早すぎますけど、広い場所だと3つのうちで一番楽しいかもしれません。わずかですが、他の2機より風にも強そうな感じがします。
ちなみに台所のデジタルはかりで重さを量ってみると、
 バイウィングス・・・・20g
 スワローウィングス・・17g
 ペガサスウィング・・・22g
でした。この重さも動きに影響してるはずです。
今日は1人だったので無理でしたけど、近々また動画も撮ってこのブログにアップするつもりです。

ひとつすごく残念だったのが周波数。
バイウィングスが「A」チャンネル、スワローウィングスが「B」チャンネル。ペガサスウィングは当然Cを期待していたんですが、実際には「B」でした。
つまり、バイウィングスとは同時に飛ばせますが、スワローウィングスとは飛ばせません。機種によってチャンネルが決まっているので、もちろん同じ機種2機を同時に遊ぶことも不可能です。
あと500円高くてもいいから、これを何とかしてくれませんかねぇ・・・。

関連記事(つづき)
体育館にて
ハニービーとジャイロフォース
GYRO FORCEが届く
ジャイロフォース動画を撮ってみた
ジャイロフォース動画2
お店でジャイロフォース

以前の関連記事
飛べ飛べヒコーキ
エアロウィングス
エアロウィングスに新型「ペガサスウィング」がっ
エアロウィングス4機

  

エアロウィングス4機  2006.05.31 Wed

4aw1.jpg知人のE氏とエアロウィングスを飛ばしてきました。青(バイウィングス)と赤(スワローウィングス)が2機ずつで計4機。

今日はこれ飛ばすには少々風が強かったみたいで、「そっちじゃないってー」と叫びながらもどんどん流され最初からいきなりヤブの中に墜落。取りに向かうと予想以上の深いヤブで身動き取れず「あきらめた」ところに地元民のE氏が反対側からあっさり救助。そっちから行けるって教えてくれればいいのに・・・。

まあ、そんなで始まったわけですが、やっぱりこれ著しく風に弱いですわ。特にスワローウィングのほうは上昇力が強いために、「風上に向ける→上昇する→降ろすためにスロットルオフ→風に流され風下へ」の繰り返し。高度を上げるとさらに流されちゃうので低く飛ばしたいんだけど、それがなかなかに難しい。バイウィングスのほうが安定します。
もっとも、どちらにしても風があるときは「操縦してる」ベクトルよりも「風にとばされてる」ベクトルのほうがずっと大きいなw。まー、それはそれで楽しいんだけどw。
言うまでもなくその後も何度かヤブ行きになりました。

4aw2.jpgでも風さえなければすごく楽しい。E氏などはかなり高いところから垂直に落とす耐久試験(?)を何度もやってましたが、頭の塗装がはげた程度でまったく壊れないほど丈夫。
そしてまたE氏は、僕の身体を使った耐クラッシュ性も実験してました。もちろん僕という人間が特別丈夫なわけではありません。どっちかと言えばか壊れやすいほうでしょう、たぶん。でも顔以外なら全速力で当たっても全然平気です。
なんて安全なラジコン飛行機でしょう。今日一番危険だったのは、いかにもマムシが出てきそうなヤブ探検だった事は間違いありません。
次は、都合がつけば体育館で飛ばしてみようと思ってます。

▼エアロウィングス バイウィングスのQuickTimeムービー 大(20MB)
▼エアロウィングス バイウィングスのQuickTimeムービー 小(10MB)

関連記事(つづき)
ペガサスウィング買った
体育館にて
ハニービーとジャイロフォース
GYRO FORCEが届く
ジャイロフォース動画を撮ってみた
ジャイロフォース動画2
お店でジャイロフォース

以前の関連記事
飛べ飛べヒコーキ
エアロウィングス
エアロウィングスに新型「ペガサスウィング」がっ

TB→E氏のブログ記事「エアロウィングス動画だと虫みたいだ(笑)

  


▼Panasonic LUMIX DMC-TZ1を楽天でさがす
▼Panasonic LUMIX DMC-TZ1をAmazonでさがす


▼楽天でおすすめSDカードをさがす
(2GB:6300円~)
▼AmazonでおすすめSDカードをさがす

FC2 Management