fc2ブログ

ノットオンリー D バット A

Home > Search > aerowings

ジャイロフォースが届く  2006.11.26 Sun

gyroforce1.jpg数日前に書いたお手軽ラジコンヘリ、どっちにしようか迷ったのですが、多少は前後左右の操作ができそうなGYRO FORCE(ジャイロフォース)に決めて購入しました。


gyroforce2.jpgパッケージはこれ。
35.5×30.5×12cmくらいで、エアロウィングスよりコンパクトな箱です。ただ、充電器などが台紙に針金でしつこく留められており、僕は破かないと中身を全部出せませんでしたw。


gyroforce3.jpgほぼ全体。ボディ全長は24cmほどです(ローター含まず)。
ボディは発泡素材ですが、テール部分は3mmくらいの角材(樹脂製)に紙を貼り付けてボリューム感を出してます。前部の脚は樹脂、後の脚(棒)はカーボンっぽいんだけど何だろう。
HoneyBeeと比べるとずいぶん重い気がします。


gyroforce4.jpg電池は送信機のほうに9Vの四角い電池(以前は「006P」って言ってたと思うんですけど最近あんまり聞かないなぁ)が1個。この電池は付属しないのでGYROFORCE買う人は一緒に購入しましょう。
ヘリ本体には例によって充電式のリチウムポリマー電池が内蔵されています。


gyroforce5.jpgヘリへの充電は、専用の充電器を使います。
エアロウィングスハニービーも送信機に繋いで充電するタイプでしたが、このジャイロフォースではもっと電力が必要なのか、AC電源からの充電になっています。
ここに写ってる充電器からさらにACアダプタ(よくあるゴロンとしたやつ)を繋いでコンセントに差し込みます。
荷物が増えて面倒っていえばそのとおりなんですが、小型ラジコンヘリという性格上、室内で遊ぶことがほとんどでしょうからそれほど問題ないかもしれないですね。充電時間は40分、飛行時間は7分と書いてあります。


ほんの少しだけ部屋で飛ばしてみたんですが、HoneyBeeと比べれば水平移動量が大きいぶん難しいと言えるかもしれませんけれど、ラジコンヘリとして見たらもうめちゃめちゃ簡単です。以前浮かすことさえできなかった(本格)ラジコンヘリとは比較になりません。って当たり前ですけど。
2つしかないチャンネルですから操作はシンプル。左スティックの上下で「上昇・下降」は当然として、右スティックは、左に倒すと左回りに「その場旋回」、右に倒すと右回りで「大まわり」になります。
思い通りには飛ばせないけれど、エアロウィングスみたいな飛行機よりずっと狭い場所で遊べるし、何しろ誰でもRCヘリを飛ばせるというのは素晴らしい。まだちょっとだけしかやってませんが、これかなり面白そうですよ。
あとは耐久性がどのくらいあるかですね。おそらく微妙なバランスで成り立ってると思うので、もしかしたらちょっとした事で全然ダメになるという可能性もなくはないですもん。

近々、動画も撮ってアップしてみるつもりです。

関連記事(つづき)
ジャイロフォースの動画を撮ってみた
ジャイロフォース動画2
お店でジャイロフォース


▼GYRO FORCEを楽天でさがす
▼GYRO FORCEをAmazonでさがす


▼HoneyBeeを楽天でさがす
▼HoneyBeeをAmazonでさがす


▼AeroWingsを楽天でさがす
▼AeroWingsをAmazonでさがす

体育館にて  2006.06.05 Mon

aero-gym1.jpg最近この話題ばっかりでアレですが、またまたエアロウィングス(AeroWings)の話。
今日は小学校の体育館を1時間ほど借りることができたので、ペガサスウィングも含めて3機持って行きました。E氏も一緒です。

やっぱりこういう所が最高ですね。広いし風がない。
こういう場所で飛ばすと、それぞれの性格の違いがはっきり見えてきました。
バイウィングスは遅いけど無難でとても操縦しやすい。
スワローウィングスも無風では素直ですが、やはり「どんどん上昇していく」のはかわらず、高度を下げようとすると例の大波に乗ったような上下(失速・上昇の繰り返し)の動きになりやすいです。しかしながら、無風のところならスロットルを頻繁に上下させる事でなんとか回避できるようです。
そして新型のペガサスウィングですが、先日の印象とはだいぶ違いました。どんなスロットル状況でも細かい上下動(スワローウィングスのそれよりも振幅が小さい)を伴います。また僕の個体は左右のモーターに出力差があるのは以前書きましたが、トリムによって調整はできたものの、「右旋回はスムーズだが左旋回は不安定」という状況になっています。

aero-gym2b.jpg

そんなわけで、とりあえず僕のおすすめはやっぱり青いバイウィングスという事にしておきます。

それにしても体育館では飛んでるラジコン飛行機の写真やビデオを撮るのが困難でした。コンパクトデジカメしか持っていっておらず、それ1台で静止画も動画も撮ったんですが、静止画でシャッター速度が遅くなるのはまぁ予想通りでしたが、飛行機の位置によりカメラからは逆光になったり暗くなったりで動画中に露出がえらく変化していて見にくい。望遠側にズームするとフレームに収めきれないので広角側で撮るしかないんですが、デジカメの液晶上では機体がゴマ粒のように小さいこともあって逆光時にはどこ飛んでるのかよくわかりません。
飛んでるエアロウィングスを撮るなら、静止画ならできれば明るいレンズ付けた一眼レフ、動画はビデオカメラで撮るのがよさそうです。どちらもファインダーを覗きながら片目で実像も見ることのできるタイプがいいと思いますので。
でも一応動画を載せときますね。

▼エアロウィングスat某体育館 QuickTimeムービー(約40MB)

関連記事(つづき)
ハニービーとジャイロフォース
GYRO FORCEが届く
ジャイロフォース動画を撮ってみた
ジャイロフォース動画2
お店でジャイロフォース

以前の関連記事
飛べ飛べヒコーキ
エアロウィングス
エアロウィングスに新型「ペガサスウィング」がっ
ペガサスウィング買った

  

エアロウィングスに新型「ペガサスウィング」がっ  2006.05.26 Fri

pegasusw.jpgここここで書いた安価なお手軽ラジコン飛行機「エアロウィングス」ですが、いつのまにか新型が出てます!

「ペガサスウィング」という名前のそれは、プロペラが3つあるように見えます。でも価格は同じ。それに主翼につけられた2個のモーターの回転差で左右に旋回させる仕組みなんで頭に大きいプロペラがあると曲がりにくいような気がするから、モーターが3つついてるって事は考えにくいかなぁ。位置的に翼と胴体に守られてる2個のプロペラと違って 墜落 着地したときに壊れやすそうだし。
そして、機体の後ろの部分もこれまでの2機種みたいなパイプじゃなくて前方部分からつながるEPP(発泡ポリプロピレン)でできてそうだし、このCGがどれだけあてになるかわかりませんけど尾翼も肉厚な感じ。全体的に重そうに見えますよね。まさかサイズが全然違うってことはないと思いますが。。

なんだかこれまでのとはあれこれ違ってるみたいなんですが、メーカーのAeroWings製品ページにも載ってないのでどうなってるんだと興味津々なんですが、5/21という発売日の発見が遅れたためか「通常1~2週間以内に発送します」という寂しいことが書いてあります。。

とりあえず注文したので、到着を待ちましょう。早く来い来いペガサスウィング。

→つづき「エアロウィングス4機」を読む
→さらにつづき「ペガサスウィング買った」を読む
→もっとつづき「体育館にて」を読む

これ書くのE氏に先越されてしまった。。→E氏ブログへ

  

ところで今日は自分の誕生日。この歳になると嬉しくも感慨もありませぬ。この24時間も「いつもと同じ1日」として普通にすぎていくにちがいないな。
っていうか、もうずっとそんな気がする(笑)。自分の誕生日がほんとに嬉しかったのっていつごろまでだったんでしょう。

しょっちゅう利用してるAmazonから誕生日ギフト券プレゼントくらいあってもいいのになぁw。

エアロウィングス  2006.05.19 Fri

aerowings1.jpg前回書いたラジコン飛行機のAeroWings、すごく楽しかったんで赤も買ってしまいました。
届いた時からモーターが片方とれてましたが、両面テープがはがれただけなのでそのまま押しつけてOK(笑)。3000円しないその値段がなにしろ嬉しいです。落ちても簡単には壊れませんし。

aerowings2.jpg小雨がぱらつく中、ブログネタにとカメラ持参で飛ばしに出ましたが、何が難しいって飛んでる写真撮るのがひじょーに難しい。誰かに飛ばしてもらえばいいんですが、とりあえず誰もいません・・。というわけで飛ばしながら片手をプロポから離し急いでカメラに持ち替えて撮りました。この状態ではスロットルしか動かせませんし安定飛行にはほど遠く、また首に下げてる間にカメラのズームは自重で伸びてくるし・・。ピントなんか知ったこっちゃないです。というか半分くらいはフレームに入ってませんでした。
赤を飛ばし始めて少しすると雨が強くなってきたので写真は青がほとんどです。そんなわけですのでこの程度の写真で我慢してください。。


同じ「エアロウィングス」シリーズとはいえ、赤と青を比べると動きにかなり違いがあります。赤のほうが上昇力がより強く(というか一定の高度に維持するのは旋回中以外ほぼ不可能です。尾翼のエレベータ下げても大差なし)、複葉の青より翼の抵抗が小さいのかパワー感もあります。ただ、そのせいで狭い場所や天上の低い場所ではかなり飛ばしにくい。舵も残りやすい傾向にあるようですので、旋回のあと逆方向に舵を切ってやる必要性は青より高いかもしれません。
逆に青のほうは前回書いたとおりホンワカのんびりなんですけど、そのぶん低空飛行を持続させるのは比較的たやすいです。
どちらも一長一短なのでどっちがオススメとも言えませんが、あえて書くなら完全に初心者は青、ちゃんとしたラジコンをやった事のある人なら赤かな。
どちらも風にはすごく弱いです。無風か微風程度じゃないとどこ行くかわかりませんw。
体育館とかで遊べたら最高なんですけどねー。

ちなみにバンドは青がAバンド、赤がBバンドの固定ですから、青と赤の同時飛行はできますが、青同士とか赤同士は一緒には飛ばせないのが残念。
機体の軽さと速度の遅さゆえ、危険度はすごく低いです。目にでも当たらないかぎり、直撃しても子供でもケガなんてしません。RC飛行機もライトになったもんです。
休日の公園なんかでいかがですか?(笑)

aerowings3.jpg

→つづき(?)「エアロウィングスに新型がっ!」を読む
→さらにつづき「エアロウィングス4機」を読む
→もっとつづき「ペガサスウィング買った」を読む
→とにかくつづき「体育館にて」を読む
ハニービーとジャイロフォース
GYRO FORCEが届く


 
FC2 Management