ノットオンリー D バット A

デジカメとかMacとかiPhoneとかクルマとか人とか日用品とか日記とか。極私的ブログ。

iMac Proが出たわけだが  2017.12.15 Fri

imacprohc15.jpgついにiMac Proが発売されましたね。

最小構成で558800円(税別)。
うーん、かなり立派なお値段です。

「カスタマイズ」ボタンを押して、本機の売りである18コアプロセッサや128GBメモリ、4TB SSDなど最高の組合せにしてみると、150万円(もちろん税別)を少し切るくらい。
それにかかる消費税だけでMacBook Airが買えてしまいます。

SSDの換装はもちろん、通常の27インチiMacと違ってあとからメモリを追加する事ができない仕様のため、たとえばこれを最大の128GBにしたとすれば、あとは最小限に抑えたとしても、税込みで100万円近くは必要ということのようです。

予想はしていましたし、登場当時の現行Mac Pro(ゴミ箱型)はカスタマイズすると200万を超えていたので(今はずっと安いです)、まあ妥当なのかもしれませんが、いや一般ピーポーとしてパソコン1台に使う金額としては、改めて言うまでもなく非常に高いですね。

もし僕が買うとしたら、たくさんの写真データのために、せっかくだから高速Thunderbolt3接続の外部HDDが欲しい。
するとハイエンドのものしかなく、それだけで数十万円になります。
iMac Proとセットだと、軽自動車が買えますね(笑)。

今日の写真(落ち葉)  2017.12.07 Thu


hc07400a.jpg
機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

紅葉も終わりです。
以前なら頻繁に写真を上げていた季節ですが、今年はこれを含めて2回だけの紅葉写真となりました。
来年はたくさん撮りたいですね。



hc07400b.jpg
機材:同上



hc07400c.jpg
機材:同上


FZ1000で撮った写真を全部見る
「今日の写真」を全部見る


▼Panasonic LUMIX DMC-FZ1000を楽天でさがす
▼Panasonic LUMIX DMC-FZ1000をAmazonでさがす
dmcfz1000

今日の写真(今年の紅葉)  2017.12.03 Sun


hc03400c.jpg
機材:Nikon D800+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

今年は残念ながら紅葉を撮りに出かける余裕がありませんでした。
せめてと、すぐ近くの某所で撮影。



hc03400b.jpg
機材:同上


hc03400a.jpg
機材:同上

もう12月。毎年言ってるかと思いますが、本当に月日の過ぎるのは早いものです。


「今日の写真」を全部見る


▼Nikon D800/D800Eを楽天でさがす
▼Nikon D800/D800EをAmazonでさがす


▼AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを楽天でさがす
▼AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDをAmazonでさがす

nikond800

今日の写真(空と小川のタイムスタック)  2017.11.16 Thu


hb16400.jpg
機材:FUJIFILM X-T1+SAMYANG 12mm F2.0
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

朝晩は気温がだいぶ下がってきましたが、やはりこの季節は大好きです。
遠くへ写真を撮りに出かける機会はなくなっていますから、このブログもほんとに近所の写真ばかりになりました。
これも何度も何度も登場した仲沖、半蔵川沿いでの1枚。
日没の少し前までのタイムスタック。雲の動きと太陽の光はいつも興味深いのはもちろん、ブログサイズではわかりにくいと思いますが、風に揺れるススキが油絵みたいになるのも面白いです。

タイムスタック写真を全部見る
「今日の写真」を全部見る


▼SAMYANG 12mm F2.0を楽天でさがす
▼SAMYANG 12mm F2.0をAmazonでさがす
fujixt1

今日の写真(諫早の夕焼け)  2017.11.11 Sat


hb11400.jpg 機材:FUJIFILM X-T1+SAMYANG 12mm F2.0
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

このところ、時間がなかったり天気が悪かったり(逆に雲一つなかったり)で、カメラにさわる事がほぼありません。
気付くと今月に入って一度もブログを更新していない。
この写真も1週間ほど前のものです。
この日は夕方、事務作業をしていたのですが、ふと窓のほうに目をやると、レースのカーテンが赤い。
手近にあったカメラを持って急いで表へ出て、すぐ近くの橋の上で撮ったのがこれです。慌てていたのでよく見るとピントさえ合ってません(苦笑)。

こんな日こそ散歩に出ていれば、いやせめてあと5分早く気付いていれば、と後悔しきりでした。

「今日の写真」を全部見る


▼FUJIFILM X-T1を楽天でさがす
▼FUJIFILM X-T1をAmazonでさがす


▼SAMYANG 12mm F2.0を楽天でさがす
▼SAMYANG 12mm F2.0をAmazonでさがす
fujixt1

今日の写真(ある日の仲沖にて)  2017.10.30 Mon


ha30400a.jpg
機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

数日前の仲沖の夕方。



ha30400b.jpg
機材:同上

これはかなりトリミングしています。



ha30400c.jpg
機材:同上

秋の散歩道は本当に気持ちいいですね。
ただこのところ足腰の調子がひどく悪くて、いまひとつ散歩を楽しめません(+_+)。
いやぁ僕は長生きできそうにないな(笑)。


FZ1000で撮った写真を全部見る
「今日の写真」を全部見る


▼Panasonic LUMIX DMC-FZ1000を楽天でさがす
▼Panasonic LUMIX DMC-FZ1000をAmazonでさがす
dmcfz1000

iPhone X予約できた?  2017.10.28 Sat

ipnxha28.jpg昨日の夕方、iPhone Xの予約が開始されましたね。
発売日到着予定で予約できた人、1〜2週間遅れになった人など、ほんのわずかなタイミングの差で違いが出ているようです。
僕もなんとか予約できました。

さてiPhone X、どうなのでしょう。
6、6s、7とほぼ変更がなかったデザインが画面拡大によって変更され、同時にホームボタンがなくなるという、初代iPhoneから続いたアイデンティティに変更が加えられました。
また裏面はガラス製になり、周辺はアルミからステンレスにかわっています。

目新しさはもちろん感じるものの、個人的にはやや不安を持っていないわけではありません。

一番の懸念はTouch IDを兼ねたホームボタンが無くなったことによる新たな個人認証のFace ID。
Face IDそのものは非常に優れた認識能力だろうとは思っていますが、そもそもこのFace IDを起動させるための動作は何なのかはっきりしていません。
つまりiPhoneを使うとき、まず何をするかです。
どこかのボタン(電源ボタンでしょうね)を押したら顔認証スタートという説もあれば、何も押さずともiPhoneに視線を向ければ作動するという話も。

Face IDで顔認証をすると、いわゆる「待ち受け画面」になるそうです。
そこからホーム画面(実際使える画面)に進むには、画面の下端から上方向にスワイプするとのことです。
ボディいっぱいに画面が広がっているiPhone Xでは、これがやりにくそうな気がしています。
これまでのTouch IDではホームボタンを押すだけだった操作に比べれば確実に面倒ではないでしょうか。

もし最初に電源ボタンを押す必要があるならなおさらですし、「見るだけ」だったとしたら、それはそれで不要な場面でiPhoneの画面が明るくなる事もありそうな事に加え、常にFace IDがカメラを通してまわりを監視していることになりますから、バッテリー消費の点でもどうなのかなぁと感じます。
「カメラの画像、もしかして勝手にどこかに流され続けてない?」みたいな不安を感じる人もいるでしょう。


Face IDと比べれば小さな心配ですが、周辺部がステンレスに変更されたことで、小傷がたくさんつくのかなぁとも思ってます。
一般的にステンレスはアルミより硬いのですが、アルマイト加工されたアルミの表面硬度はなかなか高そうで、これまでのiPhoneも意外なほど傷付きにくいですし、Apple Watchにしても小傷はほとんど付かないアルミのSPORTモデルと違って、ステンレスモデルは曇るような細かい傷が多く入ると聞きます。


さあ、どうなっているのか。
個人的には、側面の電源ボタンか裏面AppleマークにTouch IDを内蔵してもらったほうがベターでした。
ボディのステンレスについては、少なくとも最初だけはピカピカしている事が「新しいモノ買ったぞ」感を与えてくれそうですが、そもそもおそらくiPhone6〜7とほぼ同じだろう側面のアールを変更してほしかったですね。
画面が広がって、外寸も少し大きくなったとはいえ、もう何年も同じ形ですもん。基本デザインがこれになった「6」のときから、いまひとつ好みではなく、愛着を感じにくくなっていますしね。
画面サイズなど実用的なことを無視すれば、「5」が一番カッコよかったなぁと今も思ってます。
もちろん極々私的な好みの問題なのですけどね。

今日の写真(秋は夕暮れ)  2017.10.24 Tue


ha23400.jpg
機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

しばらく続いていた悪天候を超大型の台風21号が連れて行ってくれ、久しぶりに良い天気となりました。
台風一過の劇的夕焼けを期待して散歩に出かけたのですが、残念ながら。

さて表題は言うまでもなく枕草子です。
秋の一節なのにカラスも雁も写ってなくて恐縮なのですが、現代カメラを持って散歩する者としても、この随筆の最初に書かれた四季の趣はなるほどその通りだよなぁと感じます。
クルマもビルも人工の灯りも騒音もなかった昔はなおのことでしょうね。

・・すみません、最初以外の部分は全然知らない僕が書くのも滑稽でしたね(笑)。

FZ1000で撮った写真を全部見る
「今日の写真」を全部見る


▼Panasonic LUMIX DMC-FZ1000を楽天でさがす
▼Panasonic LUMIX DMC-FZ1000をAmazonでさがす
dmcfz1000

今日の写真(遠方のコスモス)  2017.10.12 Thu


ha12400.jpg
機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

この2、3年、不知火橋の下にコスモス植えられているコスモス。
今日は曇っていましたが、散歩に訪れた最初の数分だけ雲の間から太陽が出て、川面に反射していました。

まさしく散歩のお供となっているパナソニックのFZ1000、散歩してる間に広角で数百枚のインターバル撮影をさせてる事が多いのですが、こうした望遠も撮れて本当に便利です。ボディは大きいものの軽いので持って散歩するのもそれほど気になりませんしね。
これほど使い倒したカメラは無いです。

ただ、そういう使い方なのでそろそろくたびれてきました。
フードはすぐ外れて落ちるし、ファインダーの目当て(何というのでしょう)は半分取れかかってます。それでも撮れるからいいのですけれど、もう16万枚以上シャッターを切っていますから、遠くないうちに中身もどこか問題が出てきそうな気がしています。
でも「インターバル中に万が一盗難に遭ってもそれほど痛くない」ような値段で、こんな万能機ってもう無いのですよね。
壊れたらどうしようかなぁ。

FZ1000で撮った写真を全部見る
「今日の写真」を全部見る


▼Panasonic LUMIX DMC-FZ1000を楽天でさがす
▼Panasonic LUMIX DMC-FZ1000をAmazonでさがす
dmcfz1000

今日の写真(グラスホッパー)  2017.10.07 Sat


ha07400.jpg
機材:iPhone7
※クリックすると少し大きな画像が表示されます

「今年は涼しくなるのが早かったね」と喜んだばかりだというのに、今日は暑かった。。
都合によりいつもの夕方ではなく、午後のまだ日が高い時間帯に散歩したのでなおさらでした。

仲沖の土手には、バッタが大量に発生していました。
それをiPhoneでパチリ。何枚か撮りましたが、これがほぼ最短撮影距離ですね。もうあと2cmくらい寄れたらいいのですが。